田舎暮らしライター・山本一典の田舎雑記

このブログはFB(実名)にもシェアしています。取材・執筆・講演等のご相談は、PXS02025@nifty.com へ

田舎暮らし

[ リスト | 詳細 ]

<script type="text/javascript"
src="http://www9.nhk.or.jp/gegege/blogparts/blog-parts/blogparts.js";><
/script>
記事検索
検索

全605ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

廃プラ問題が国際化

イメージ 1

 ペットボトル、洗剤、買い物袋など、私たちのまわりにはプラスティック製
品が溢れている。ここ数年、それが環境破壊につながることは盛んに報道され
てきた。どれだけ効果が出ているかは不透明だが、この動きは日本だけに留ま
らない。つい最近、スイスで開かれたバーゼル条約の契約国会議で、汚れた廃
プラスティックの輸出入が国際的に規制されることになったのだ。2121年
以降、輸入国政府の同意がなければ輸出ができなくなる。
 プラスティック自体も魚の胃袋から大量に発見されたりして問題になってい
るが、廃プラは汚染されているものだけに扱いが難しい。洗浄を行うと、かえ
って環境に負荷を与えるケースもある。当然、コスト負担にもつながるので、
問題の解決は簡単ではない。だから関係者は「汚れた」の定義がどうなるかに
注目しているようだ。
 プラスティックはもともと石油が原料。石炭のときは燃料にならないボタが
問題になり、原子力のときは核廃棄物の処理が現在進行形で問題となり、その
中間に位置する石油も後年になって大問題に発展する。こう言っては失礼かも
しれないが、エネルギーの専門家は科学者としてどれだけリスクを想定してき
たのか。甚だ疑問である。どんなエネルギーにもリスクはあるのだろうが、こ
のままだと再生可能エネルギーも問題が出てこないか心配だ。
イメージ 2

開く コメント(0)

葬式参列の範囲

イメージ 1

 自分が年を取ったせいで、儀式で呼ばれるのは葬式が圧倒的に多くなった。
結婚式のほぼ10倍くらいだ。田舎は近所の人に参列をお願いする「キカセ」
という習慣もあるので、余計に数が増えるのだが、いまは夫婦のどちらかが香
典を持参するだけなので楽になった。自宅葬の時代は「同じ葬式班は1家族の
手伝い人2名」という決まりがあり、仕事とどちらを優先するか頭を抱えるこ
ともたびたび。懐かしい思い出ではある。
 でも、本当に大変なのは遠くの葬式。私は北海道生まれだから、叔父さん、
叔母さんの不幸があれば、飛行機に乗って駆けつけた。叔父さんはもう1人し
か残っていないが、時間の問題ではある。そのときは極力、足を運ばねばなる
まい。考えてしまうのは、膨大ないとこたち。実際、亡くなる人もボチボチ現
れているのだが、ここまで範囲を広げると大変な費用負担になる。ここが線の
引きどころかな、と考えてしまう。
 実は先日、野球部の後輩が亡くなった。これが2人目だが、急な知らせで知
人に香典を頼むのが精一杯。でも、野球部の同期、監督、お世話になった先輩
が亡くなったらどうしよう。とくに監督は恩人みたいなものだから、優先度は
高くなる。仕事関係では、過去に恩人と呼べる2人の葬式に参列した。ともに
私の本を出してくれた人なので、当然といえば当然の話。私の近親者、妻の血
縁者にもしものことがあったら、これもスルーできない。この世に生きている
限り、義理張りはついて回るのである。

開く コメント(0)

香典袋の話

イメージ 1

(思い切り朝寝坊)近所で大きな葬式が発生すると、私も帳場を頼まれること
が稀にある。帳場とは、香典を受け取り、中身を確認し、香典帳を作製し、最
終的には香典帳と現金に違いがないことを遺族に告げて渡す役割のこと。震災
後はセンター葬が100%になって農協の職員が手伝ってくれるようになった
が、自宅葬のときは地元の人間だけでやっていた。お金を扱う仕事だけに、葬
式ではもっとも神経を遣う役目である。
 とはいえ、裏の別室でバカ話しながらやる作業なので、さほど苦でもない。
ただ、いちばん面倒なのはお札を数えるとき。いまは香典返しを辞退する新生
活運動も普及したので、金額は3000円と5000円が多いが、その場合は
簡素な香典袋が普通。糊付けを剥がすだけなので、仕事はやりやすい。問題は
高額な香典で、ヒモを解いて内袋を開いてという作業は本当に大変。先日はさ
らに内袋まで糊付けしているものもあって、「こういう人は帳場やったことな
いんだな」と話題になった。
 本当は紐付きも遠慮してもらいたいくらいで、みんなが袋だけだったら帳場
の仕事はどんなに楽だろうと思う。都会の人は近所の葬式の手伝いなんかやっ
たことないだろうから、立派な香典袋を選びがち。現金を抜いた空袋も遺族に
渡すが、金額は気にしても袋なんかいちいちチェックする遺族は稀だろう。
ころで、結婚式の受付はさすがにやったことはないのだが、もし葬式と同じこ
とをやるとすれば本当に大変な作業に違いない。ちょっとした裏話だが、簡素
な袋の方が会計係は助かるのである。

開く コメント(0)

女性天皇と女系天皇

イメージ 1

 最近、産経新聞社とFNNが行った合同調査によると、女系天皇に賛成する
人は64・2%(他の報道でも約7割)。ただ、女性天皇と女系天皇の違いを
理解している人は半分にも満たなかった。皆さんはご存じだろうか。皇室典範
では「皇位は皇族に属する男系の男子が継承する」と定められている。いわゆ
る万世一系だ。この原則に従えば、現在の皇位継承者は秋篠宮さま、その長男
の悠仁さま、皇后さまの弟の常陸宮さまのたった3人である。
 先日、秋篠宮さまの発言が話題になったが、常陸宮さまは年齢的に考えて可
能性はほとんどないので、現実的には悠仁だけとなってしまう。この前の刃物
事件は、現在の天皇制を根幹から壊しかねない事態だったわけだ。ただ、それ
にしても男性の皇位継承者が少なすぎるので、天皇制を維持するためにも女性
・女系天皇がいてもいいじゃないか、という国民が増えた。実際、小泉首相の
ときにその議論になったのだが、悠仁さまの誕生で立ち消えになった経緯があ
る。断固反対したのが安倍さんだったらしい。
 仮に女性天皇を認めれば、愛子さまが皇位継承者になる。奈良時代や江戸時
代にも女性天皇は8人存在しており、歴史が180度変わるわけではない。た
だ、そのときも父親が男性の天皇という条件が付いていたので、女性天皇の子
どもが次の天皇になったわけではないのだ。いま女性の皇族は7人いるが、愛
子さまを除けば成人した未婚女性ばかり。結婚すれば皇室から離れることにな
る(それを止める女性宮家という論議もある)。愛子さまの子どもを皇位継承
者にすれば、当面の危機は回避できそう。ということで女系天皇が一気に注目
を集めているわけだが、まずは女性天皇を認めなければ話は始まらない。女性
天皇と女系天皇の違い、おわかりいただけただろうか。

開く コメント(0)

下水道と浄化槽の違い

イメージ 1

 わが家は少量の水でし尿を流す簡易水洗トイレ。大量の水を使う普通の水洗
トイレが当たり前の生活から離れて、もう18年が過ぎてしまった。簡易水洗
は定期的な汲み取りという面倒はあるものの、清潔感は保てるし、臭いもほと
んど気にならない。でも、田舎の住宅に住む人の多くはトイレの水洗化を望む
もの。公共下水道か農業集落排水が整備されていれば、都会と同じようにリフ
ォームできる。
 しかし、そういうインフラが整った場所は極めて限られているので、合併浄
化槽を設置するのが一般的だ。昔はし尿のみを処理する単独処理浄化槽が使わ
れたが、処理能力が低いため製造停止に。現在はトイレだけでなく台所・風呂
・洗面所の水も同時に処理する合併浄化槽の使用が義務づけられている。定価
は80万円くらいするが、補助金を利用すれば半額くらいで設置可能。スペー
スも小型トラック1台分くらいあれば充分だ。
 浄化槽の水洗トイレでも使い勝手は公共下水道とまったく変わらない。ただ
し、清掃が年に1回以上、装置がきちんと動いているかをチェックする保守点
検が4カ月に1回以上、ほかに法定検査、ブロアーを動かす電気も必要。年に
6〜7万円の費用がかかる。もちろん、公共下水道だって使用料はかかってい
るが、お金を払うだけでメンテナンスはないに等しい。都会人はそういう生活
に慣れているので、自然災害でインフラが使用不能になるとパニックになって
しまうのである。

開く コメント(0)

全605ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事