全体表示

[ リスト ]

小山田城は、秩父氏の庶流小山田氏の居城です。
 
小山田氏は、武蔵守平将常5代の孫秩父重弘の次男有重が小山田荘に
 
住んで小山田氏を名乗ったことに始まります。
 
有重は1171年に小山田城を築いて、同時期に、子の二郎重義を小野路城
 
配しました。
 
1205年に従兄弟である畠山重忠の乱に味方をして衰退した。
 
その後は、高家が新田義貞の鎌倉攻めに参戦します。
 
1476年、長尾春景の乱に対して扇谷上杉氏が小山田城を改修して使用
 
したと記録に残るが、それ以降は不明だそうです。
 
 
場所は大泉寺背後の比高が30m程度の山に築かれています。
 
大泉寺
東京都町田市下小山田町332
 
 
 
大泉寺本堂です。
 
イメージ 1
 
まず目立つのは、本堂の前にいくつもある羅漢像…。
 
イメージ 2
 
いろいろな顔をした羅漢さんたち…。 
 
後に、この羅漢さんたちに、心の中を覗かれることに…。(^^;;
 
 
で、なぜ羅漢さんたちが、沢山あるかというと…。
 
イメージ 11
 
阿羅漢奉納ですって…。^^
 
 
 
小山田城址の石碑です。
 
イメージ 12
 
石碑は本堂左にあります。
 
 
それでは城址へ向かうことに…。
 
イメージ 13
 
本堂右の山道から向かうことが出来ます。
 
ただ、『無断で入山禁止』の看板が…。(汗)
 
なので住職に一声掛けて、入山させていただきました。
 
住職の方は親切で気さくな方で、枯葉などで滑りやすいので気を付けてと
 
声をかけてくださいました。^^
 
 
 
山道に入って直ぐに尾根になり、山道には羅漢像がたくさん並んでいます。
 
イメージ 14
 
山道はでこぼこしていますが、この付近は竹林になっており、恐らく、
 
竹によるものかと思います。
 
 
 
二の丸跡です。
 
イメージ 15
 
広さはありませんが、ここにもたくさんの羅漢像が…。
 
 
 
堀切です。新しい堀切の石碑があります。
 
イメージ 16
 
堀切は二重になっており、どれもかなり浅くなっています。
 
写真でいうと、石碑のある手前の堀と、写真奥のうっすらへこんだ所です。
 
 
 
二重の堀を過ぎると、広めの平坦な場所に出ます。
 
イメージ 17
 
ここにもたくさんの羅漢像が…。
 
 
さらにこの平場を進むと、西側が腰曲輪のように二段になっています。
 
イメージ 18
 
この平場の山道になっている所以外は、竹林になっていて入ることが
 
できないため、遺構などは確認出来ません。
 
ていうか、さっきの平場が二の丸だから、ここは???
 
 
 
堀切と本丸跡です。
 
イメージ 3
 
ここの堀切も浅くなっています。
 
イメージ 5
 
また、南側に虎口の石碑があります。
 
イメージ 6
 
この虎口の南側にも山道がありますが、現在は使えなくなっています。
 
 
 
本丸跡の石碑です。
 
イメージ 4
 
本丸入ってすぐ左に土塁があり、一段高くなっています。
 
イメージ 7
 
この場所に物見台でもあったのでしょうか…。
 
また土塁の上に祠もあり、中にはなんやら石があります。
 
イメージ 8
 
ん・・・、なんだろ・・・、この石は・・・。 住職に聞けばよかったな…。(涙)
 
 
 
本丸の様子です。
 
イメージ 9
 
本丸全体の広さは、フットサルコートぐらいでしょうか…。
 
そこそこ広さがあります。
 
また、本丸にもたくさんの羅漢像が…。 
 
本丸の奥に、丸く羅漢像が並んでいました。なんだろな…。
 
 
 
小山田一族の供養塔です。
 
イメージ 10
 
この供養塔はは裏山中腹の墓地中にあり、小山田有重・行重父子、
 
高家の墓と云われています。
 
 
 
 
都内の古城址の中でも古いものひとつである小山田城。
 
二重の堀切はかなり風化しているが形状は見て取れ、大規模な遺構
 
ではないが状態は悪くないです。
 
登山道から主郭までぐるりと周回するような形で歩くことになりますが、
 
たくさんの羅漢像に見守られながら登るのは何げに楽しかったです。^^
 
ていうか、むしろ心を覗かれている感じがしました…。(笑)
 
 
そうそう、小山田と言えば、武田勝頼を裏切った小山田信茂が、有名
 
ですが、実は、その裏切り者の信茂は、小山田有重の子行重の末裔
 
になり、この町田の小山田氏からの出という事になります。
 
 
こんな感じに羅漢さんに見守れながら城址散策するのも楽しいですよ。^^
 

この記事に

閉じる コメント(2)

城跡には石碑も設置され整備されたのですね。
以前訪れた時は墓地が工事中で登れませんでした。
これは再訪しなきゃ!です☆

2013/2/16(土) 午前 7:42 るな 返信する

るなさん☆ナイスありがとです!^^

今は、整備されて城跡には入りやすくなっています。
ただ、ちゃんと住職の許可を得てくださいね〜。^^

是非、再訪してください。城跡とたくさんの石像は
全国どこ行っても、恐らくここだけじゃないですかね。^^

2013/2/19(火) 午後 5:35 ひろ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事