ここから本文です
心の待合室-花と癒しの時間
エッセイ、WEB小説を書いています。尚、当ブログ内の記事や掲載物の著作権は当方に帰属します。無断転載、転用は固くお断りします。

書庫心の渇き(癒し)を求めて

すべて表示

聖バレンタインデー。 それは キリスト教の元聖名祝日と言われている。現在ではカトリック教会の正式な祭日ではなく、その日だけは世界各地の若い男女が愛の誓いの日に意味を変えて継続して祝われていると言うのだ。 その日に因んで日本でも 女性が大好きな男性へ公にチョコレートを贈れる唯一の日。それは言葉や手紙を通して告白をしなくてもチョコを贈ること自体が告白なのだ。中には女子同志も贈ったりする。それは例え同性であっても嬉しいものなのだ。だが華やかに見えても寂しい人だっている。 四年前の 朝霧結芽 ( ユメ ) もそのひとりだった。何故なら彼女は十六年前のその日の夜に産まれた女の子だった。今は二十歳の大学二年になった。高校時代のように華やぐ事はないが今年もプレゼントをする予定で三人分の材料のチョコをすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 昔は幼馴染み 今は恋人(24)

    2016/7/4(月) 午後 6:26

    翌週の月曜日は朝から社内は2人の話題で賑やかでした。 例年のお盆の連休前は全課が忙しくしていたのに、この日だけは違っていた。 定刻前に衛が営業二部に入ると普段は静かな部屋も賑やかでした。 誰もが 2 人の話題で騒めいていた。 それに加えて幼馴染みと言う事も誰もが初めて知ったからでした。 ...すべて表示すべて表示

  • 昔は幼馴染み 今は恋人(23)

    2016/6/30(木) 午前 0:00

    その日の昼食を食べに『雛菊』に最初に入って来たのが由布子でした。 すると同年代の恋人風の男女も入りテーブルに座った。 彼らを見ていると何処にでもいるカップルでした。 ママの凛子に挨拶を済ませると何時ものテーブル席に座ると寂しそうに窓を眺めていた。 その時に由布子も彼らの視線を感じた。 するとマ ...すべて表示すべて表示

  • 昔は幼馴染み 今は恋人(22)

    2016/6/27(月) 午後 6:57

    2日後の水曜日。 朝から憂鬱な天気でした。 通勤電車に乗っても満員で人々の汗と化粧の混ざった臭いで体の不快指数は 100 %。 解放され外を歩いても紫外線がのしかかる天気でした。 午前 9 時過ぎ、由布子は用務を済ませて1階ホールでエレベーターを待っていた。 すると隣のエレベー ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事