満理子のリハビリ日記

満理子のリハビリの様子とその成果を少しづつ紹介していきます。旧リハビリ日記(まりこの車椅子)もぜひご覧ください。

あと、もうちょっと

骨折してから3回目のリハビリです。
前回はまったく集中力はなかったのですが、今回はやる気はあります。

イメージ 1

車いすに移る前のストレッチでも痛みの訴えはありませんでした。
先生の指示に動かそうとしています。先週なら少しでも動かすと痛みがありました。
ボールを器に移す意志は十分に感じられました。

痛い??
もうちょっとで器に入れられそうでしたが、最後には痛みが出たようです。
でも、随分良くなっていることは感じられます。
痛みを忘れられるくらいにモチベーションを上げるために、ちょっと工夫をしました。

イメージ 2

また、付箋を剥がすと何かが見える!!! 満理子はこの訓練のパターンをしっかり覚えていました。
今回は何が見えるのか?!

イケメンの写真が見えてきます。
ベッカムのことを認識できました。
腕を動かすことは困難でしたが、付箋を力強く持つことはできています。

イメージ 3
イケメンシリーズはまずまずの反応でしたが、今のイケメンのことを満理子は知りません。 発症前の情報が必要ですね。
最後にボールを器に入れる動作をさせたら、なんと成功しました!!!

イメージ 4


「まりこの車椅子」


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

平成29年音楽療法

 毎年、この時期にセッションの見学と1年間の総括を聞かせてもらいます。
昨年は初めて満理子のソロリサイタルをしました。 満理子の作詞(もちろん先生が手伝って・・・)で先生が曲をつけてくれた曲を3曲歌ったのです。 そのときにびっくりしたのは、声がよく出ていたのと歌詞をしっかり覚えていたことです。
 1年ぶりにセッションを見学して昨年と違ったのは、なんともよく喋る!!  前もよく喋っていましたが、今年は内容のある会話が非常に多くなっています。 歌う際も演奏を聞き、先生から促されなくとも自分がやるべきことはしっかり把握していました。

平成29年音楽療法

 総括では、やはりリサイタルの成果を挙げられました。 満理子が緊張していることを感じたそうです。 それは、今のシチュエーションを理解できるようになったのだと思います。
 僕も、満理子がこの1年間で大きな変化を感じています。  集中力と積極性が随分改善されました。 特に集中の持続時間は格段に上がっています。
 そして、一番期待している自分からの要求が多く出るようになってきました。 音楽は直接脳に刺激を与える効果があり、記憶にも大いに寄与しているのでしょう。 訓練ではなく楽しめているのも音楽療法のいいところです。
 これからも音楽療法の効果を期待します。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

初リハビリ

年度が変わって、担当セラピストさんが代わりました。
K先生の初リハビリです。
まずは先生が自己紹介。

先日の右肘の損傷で今日はベッド上だけの訓練です。
ストレッチを始めたのですが、あまり肘の痛みを訴えません。
イメージ 1

もちろん、意識をして動かしてもらっているのですが、少しでも動かすと悲鳴を上げていた数日前よりはかなり改善しているようです。 ま、負荷をかけるとかなりの痛みはあります。
最近、右膝の痛みの訴えが多く、リハビリやマッサージで柔らかくなることを期待しています。
訓練をしてる間、先生の名前を連呼!  こんなことは初めてです。 何かのインパクトがあるのでしょうか。
前任の先生方から名前をなかなか覚えないという引き継ぎがあったので、先生もびっくり。 僕はもっともっとびっくり!!!
先生は名前を覚えてもらうための、先生の名前に関連する画像をいっぱい持ってきて、意識づけしてくれました。
しかし、なんだか、その必要はなかったようです。
イメージ 2

イメージ 3

訓練終了まで、何度も先生の名前を読んでました!!
来週のリハビリの際に予習なしに先生の名前を言えたら、超ミラクルです。
もし、期待通りになったら、その分析が必要です。楽しみです。


「まりこの車椅子」
イメージ 4





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ラストリハビリ

今日はT先生の最後のリハビリです。
いきなり、T先生の名前を普通に呼び、びっくり!!
今日は何かあるかもしれない。
やたら、先生を褒めちぎっています。 これも初めてのこと! 先生もちょっと調子が狂っています。
イメージ 1

先生の手を見て、きれいな手ですね。女はイチコロよ・・・・
ま、満理子のごっつい手と比べたら先生の手は美しい。
手の動きもやる気もまずまずです。
車いすに移って、今日は満理子の意識レベルの確認です。
記憶力ややる気を質問を通じて点数化します。
イメージ 2


記憶力
質問に答えていますが、それも真偽が入り混じっていて判定は難しいです。
しかし、T先生が初めて満理子とあったときよりは明らかに変化向上があります。
先生も満理子の毒に免疫ができました。
最後に記念写真を撮って、わざわざ印刷機でプリントし、写真フレームまで買ってきてくれました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

最後に先生は餞別に干し芋を買ってきてくれましたが、満理子は干し芋は嫌い!!・・・と、トドメです。
また、会える日を楽しみにして、その時に満理子の変化を見てもらいたいです。

「まりこの車椅子」
イメージ 6


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新たなリハビリ手法

この1年間お世話になったT先生が病院の都合で担当が変わります。
今日は4月から担当してくださるK先生が引き継ぎのために同行されました。
イメージ 2

K先生も若いイケメン先生です。 まだ、満理子の反応はわかりません。
早速、引き継ぎを行いながら、僕からも満理子の特性を伝えました。特に毒への対応です。
そして、満理子に関わってくれる方々には必ずお渡しする「満理子の介護マニュアル」と「満理子の高次脳機能障害」の資料を渡しました。
ケアマネさんも合流し、ギャラリーが多くなって満理子はハイテンションです。
しかし、相変わらずの毒で、先生に土下座させて先生の指示を聞くことを了承しています。
契約解除の対象かも・・・・
イメージ 3

以前ならギャラリーが多いと集中力がなくなるのですが今日は全く違っていました。やる気満々!!
ウォーミングアップのボールを器に入れる動作は間髪をいれずすんなりとできました。 みんなから大きな拍手をもらうと、ますますやる気が出ています。そして饒舌です。(**もおだてりゃ木に登る)

続いてのお箸でビーズを摘んで器に入れる行為も非常に良かったです。
満理子の大きな障害である記憶を向上させる訓練もしてくれています。
今回もアロマを使って匂いに記憶をリンクさせました。 匂いに鈍感なのか違いがあまりわかっていないようです。
イメージ 4

そんな中、またパンツのリハビリの話題になり、これはしっかり記憶に残っています。
それから、シモネタで大騒ぎ!! とても、ここには書けません。
イメージ 5

シモネタは脳への大きな刺激になっています。 手法としてはどうかと思いますが、根っから嫌いな人はいないと思います。 新たな手法をセラピストさんたちは認識されたと思います。 他のクライアントで試されるかはわかりませんが・・・・

「まりこの車椅子」
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

脳への刺激

まず、先週は何をしたか覚えてますか? の質問に「男の人のパンツ!」
メチャ覚えてる!! 先々週だけど・・・・
イメージ 4

今日は匂いで脳への刺激を試しました。
匂いを感じる脳の部位は海馬の隣だそうです。 海馬への刺激になるかもしれない。
先生は8種類のアロマを買ってきました。 まずは、それぞれの匂いを嗅がせて満理子の感想を聞きました。
次に少し刺激の強い匂いを嗅がせて、次に目隠しをして8種類のうちから先程のアロマを探しました。
これは、難しかったようです。 何度も匂いをかいで鈍くなってきたのかもしれません。

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

次はアロマを炊いて脳を刺激しながらいつもの訓練です。
先ずはボールをお椀に入れます。 なかなか、積極的ですぐに反応してうまく入れることができました。
アロマの効果かも・・・
イメージ 6

イメージ 5


アロマ効果

同様にお箸でビーズを摘んでお椀に入れる訓練です。
今度はなかなか集中できません。やはり続けて色々することは困難かもしれません。
でも、何度か指示をすると手が動きました。 いつもよりはいい感じです。

アロマ効果2
ここ、1,2ヶ月で少し反応が良くなっています。 口も非常に滑らかです(毒も強くなってるが)
高次脳機能障害は脳への刺激が効果的です。 最初の入院中(まだ高次脳機能障害の定義がない時)に脳外科の先生が脳へいろんな刺激を与えなさいとの指導があり、ずっとそれを意識していました。例えば辛いものや超酸っぱいものなどの味による刺激、そして大きな効果が有ったのは音楽療法でした。 音楽は直接脳への刺激になります。
効果があると行っても、微妙な変化です。 それが家族にとってとても嬉しいことなんです。 これからも、諦めずの続けていきます。

「まりこの車椅子」
イメージ 7


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

バタバタの1日

今日はちょっとハードな1日でした。
 午前中は牛久でちょっと講演。

イメージ 1

 お昼に次の目的地のつくばに向かいました。 まずは、いつものQ'tにある「ラケル」でランチ。
 そして、筑波大学附属病院に入院している友達のお見舞いに。 彼女は若い頃から難病に冒されて大変な生活をしています。制度での生活支援も満足な状況ではありません。 今回は抗生剤治療で入院していますがなかなか効果が出ないようです。すでに3週間の入院! 早く退院できればいいです。


イメージ 3

イメージ 2

 次は昨年若くして亡くなった高橋有男さんの追悼公演をやっているつくばチャレンジアートの会場のカピオへ。
 友達のりりぃさんが出演して歌われるということで、ぜひ会いたかった・・・が、残念ながら会えず! というのも、筑波大学附属病院の駐車場は有料で駐車場を出る際に精算しようとしたら1万円札しかない! やむを得ずバックで駐車場に戻り、病院内へ両替に行きました、巨大病院ゆえ駐車場を出るのに20分位経過してしまったのです。 なので、ギリギリ到着の予定が大幅に遅刻! りりぃさんの公演を見れなかったのです。 ま、今度、また取手に来てもらおう!!

 「まりこの車椅子」
イメージ 4



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

びっくり、記憶!!

先週のことを覚えてますか? という質問に満理子は即座に「男の人のパンツでしょ?」だって。
先生も僕も「えー!!覚えてる!!!!」  記憶力が殆どない満理子が覚えてたのです!!
インパクトの有る出来事はしっかり覚えることができるということがわかりました。
ただ、エロネタばっかりではどうかということで、今回はごく普通の訓練ということで、どの程度集中できるか!!
まずはお箸でビーズを摘んで運んでみました。
早速、うまくできました。
イメージ 1


成功?
しかし、なかなか目標に目が行かなくなり、集中力は続かず。
次に初めての訓練で小さなビーズの穴に糸を入れるという細かい作業です。
穴が小さくて見えにくいですが、やろうという意欲は見えました。
遂行障害の特徴がはっきり出ていて、目的に向かってどうしていいいかわかりません。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

でも、先生の補助も有ったけど、頑張って3個のビーズに糸を入れることができました。
1月の病気回復後、体調も意識レベルも好調です。 特に意欲は増しているように感じます。
ただ、遂行障害は相変わらずで目的を遂行したい気持ちはあっても、可動域の問題も有るけど体をどう動かしていいかわかっていません。 

「まりこの車椅子」


イメージ 5


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

集中力



満理子のリハビリで重要なのは興味を持って集中を保つことです。
そのことを意識して先生は工夫をしてくれています。
イメージ 1

前回のネタはなかなか良かったのでちょっと手を変えた方法を試しました。
すこぶるご機嫌で口も軽やかです。
先ずはお箸でビーズを摘んで器に入れることをやりましたが、集中できません。
つまらないそうです。
そこで、特別訓練を開始!!
イメージ 2

イメージ 3
写真に貼ってあるラベルを外していくと写真の全貌が見えるのです。
とても嬉しいようで、涙を流して笑ってました。
最初は上の方のラベルから・・・・結果の発言を聞いてください。

モチベーション
結局、会話が弾んで最後までめくったのです。

イメージ 4

イメージ 5
このネタはどうなのかとは思いますが、興味を持たせるのが大事なことです。
高次脳機能障害の治療は脳への刺激が一番です!!

「まりこの車椅子」
イメージ 6



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

モチベーション

リハビリで一番の問題は高次脳機能障害による意欲がないことです。
音楽療法ではスイッチを入れるための定番曲を聞くことで状況を把握させます。
訪問リハビリでも先生が興味を持たせるために色々工夫をしてくれています。
一時は食べ物で興味をそそらせていましたが、先生の負担が大きすぎます。
最近はいろいろな遊びを取り入れた訓練をしています。 その日によって満理子の調子の善し悪しもありますが、良いときも悪い時もあります。
今日は先生の気合を感じるネタを持ってこられました。
イメージ 1

先生の指示に従って動きが成功したら、ご褒美があることです。
そのご褒美が男性ヌードです。 シモネタ大好きな満理子にぴったりかも・・・・
こんなの好きじゃないと言いながらも目がらんらんです。
手の動きも非常に良いです。おしゃべりも最近では一番かも(もっともこの2週間体調が悪かったですが)
o
モチベーション
あと1回で最後の部分が・・・というところで、満理子は見たくない! と・・・・
先生がどんなのが好きですか? って聞いたら
「先生が脱いでよ」だって!!
さすがに先生はそれはできません・・・・と

先生はリハビリでのモチベーションを研究されているので、満理子は最高のサンプルです。
リハビリの効果と先生の研究成果が楽しみです。

「まりこの車椅子」
イメージ 2


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事