宮崎県木材協同組合連合会

宮崎県産材を活用した木造住宅づくりの支援、地産地消を促進する情報発信、普及啓発等を行っていきます。

全体表示

[ リスト ]

2012年11月15日  木曜日
 
 宮崎県都城市にある木脇産業株式会社を訪問させて頂きました。木脇産業(株)では、スギの素材生産から加工・販売・運送まで全ての工程を自社で取り組まれているということでした。 
 
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 加工前のスギ原木                      加工済みの柱
 
 木材は天然乾燥と人工乾燥があり、人工乾燥機は現在29基設置され、国産材を生産している製材所の中でも最大規模の施設を所有されています。 
 
イメージ 3
 
木材乾燥機
 
 
イメージ 4
 
仕上げ(モルダー加工)の様子
 
 木屑は、チップとして加工されてパルプの原料として使用されたり、ボイラーで燃やしてバイオマスエネルギーとして木材乾燥にも利用されます。
 また、バーク(樹皮)は畜産敷料として利用されるそうです。
 
イメージ 5
 
木材チップ再利用の様子
 
 プレカット加工とは、工場で切断や接合部の加工を施しておく事で工期が短縮され、施工の作業効率がアップします。
 
イメージ 6
 
プレカット工場の検査の様子
 
 今回は、丸太の選別から加工・出荷までの工程を拝見させていただきました。その中で、木脇産業(株)は木材に関わる業務を一貫して自社で担い、地域社会や業界に大きく貢献されていると感じました。
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事