宮崎県木材協同組合連合会

宮崎県産材を活用した木造住宅づくりの支援、地産地消を促進する情報発信、普及啓発等を行っていきます。

全体表示

[ リスト ]

5月23日(木)に日向市のデクスウッド宮崎事業協同組合さんに行ってきました。昭和30年代からスギを中心とした拡大造林がおこなわれ現在に至り、その素材を利用し欧州の集成管柱と対抗できるようにと開発されたのが「双子柱」であり、低コストの加工、工場が求める定時・定量・定質を確立することを目的として、また外材と本格的に競争できるよう設立されたそうです。

イメージ 1
事務所は木工団地の中にあります。


イメージ 2
ここで木材を半分に切断します。



イメージ 3
除湿乾燥機は6基あり、乾燥には1週間ほどかかるそうです。



イメージ 4
乾燥が終わった木材は1週間ほど養生します。


イメージ 5
ここで木材に接着剤を塗布しプレスします。


イメージ 6
双子柱の断面です、2本の木材が接合されているのがわかります。


イメージ 7
出荷前の製品が倉庫にありました。


イメージ 8
JAS認定の構造用集成材



デクスウッド宮崎事業協同組合   URL: http://www.dcswood-miyazaki.com/
宮崎県日向市東郷町山陰己916番地4
TEL 0982−50−7031
FAX 0982−50−7032


主要製品
・双子柱 105角
・間柱
主要設備
・選別カット機
・フィンガージョインター
・高周波プレス機
・高速モルダー
・除湿乾燥機 6基



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事