宮崎県木材協同組合連合会

宮崎県産材を活用した木造住宅づくりの支援、地産地消を促進する情報発信、普及啓発等を行っていきます。

全体表示

[ リスト ]

4月28日(日)に宮崎市神宮に完成した有限会社 バリア・フリー工房さんの「ピアノが音色を奏でる自然素材の家」の見学会に行ってきました。
構造は、宮崎県産のスギを使って斜めに木組みされた「どんとパネル」という木造軸組革命工法を使い、耐震・免震性にすぐれた自然素材の住まいに最適な補強材で作られています。

イメージ 1
屋根の上には太陽光発電があります。


イメージ 2
玄関はうづくりの床と壁に塗られた良質な漆喰で空気の違いを感じます。上の壁にはニッチ(飾り棚)があります。



イメージ 5
完全防音のピアノ室です。ロフトも付いています。



イメージ 6
リビングダイニングの床は板の表面に年輪の凹凸を活かした「うづくりの床」で、杉のイイ香りが癒しの効果を与え、1年中裸足で過ごせる優しい床材です。左の和室の下は収納になります。



イメージ 7
1段上がった和室は明るく収納もたっぷりあります。



イメージ 8
広いキッチンは対面式でカウンターもあり、部屋全体が見渡せるようになっています。



イメージ 9
キッチンの横には広い納戸があります。



イメージ 10
洗面所やトイレも宮崎県産のスギ板貼りで気持ちよく使えそうです。



イメージ 11
脱衣所もスギ板貼りです。



イメージ 12
2階のファミリールームです。寝室や子供部屋に面していてトイレもあります。子供部屋の上はロフトになっています。



イメージ 3
寝室はスギの香りに包まれて熟睡できそうです。



イメージ 4

子供部屋は真ん中で2つに仕切ることができ、子供が成長して家を出ると仕切りを取り外し、1つの部屋として使えるようになっています。




構造材はもちろん、床や壁・天井などふんだんに宮崎県産のスギ材を使った家で、空気の洗浄や快適な湿度調整だけでなく、ウイルス対策にもなる幻の漆喰との相乗効果で気持ちのいい家になっています。

この家は、宮崎県木材協同組合連合会が行った「平成24年度日本一みやスギ活用住宅づくり支援事業」でプレゼントされたスギの乾燥柱材を使用しています。



延床面積  138.29㎡ (41.83坪)


設計・施工 有限会社 バリア・フリー工房  URL:http://bfa.co.jp/
TEL 0985-54-6886


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事