宮崎県木材協同組合連合会

宮崎県産材を活用した木造住宅づくりの支援、地産地消を促進する情報発信、普及啓発等を行っていきます。

全体表示

[ リスト ]

7月16日(火)に、宮崎住宅建設工業 株式会社 さんの花山手モデルハウス「自然素材の家」見学会に行ってきました。

お仕事も育児もひと段落ついたご夫婦宅がテーマになっており、珪藻土・バナナ繊維和紙・竹・檜(ひのき)・杉・備長炭・OMソーラーなど、自然環境に配慮したものが満載のモデルハウスとなっています。

OMソーラーで集めた温かい空気を床暖房に利用したり、室内換気の役割を行ったりしています。壁の中には新聞紙が原料のデコスドライ断熱材が吹き付けらているため、吸音効果や難燃性も高くなっています。さらに県産材の杉が構造材で使用されているため、調湿などの役割を担っています。



構造材と外構・ウッドデッキには、宮崎県産スギ材が使用されています。




ベンチもある長い土間スペース。




土間からリビングダイニグキッチンに続くスロープ。壁面のデザイン収納もおしゃれで便利です。




台所にも「木」をあしらったオーダーキッチンがあり、1Fのリビング周りの床は杉の浮造り(うづくり)仕上げで心地よい空間です。



木枠の大きなプロファイルウインドーを開けると、ウッドデッキまで完全にリビングと一体化します。一枚の重さ150kgで大工さんが7人掛かりで設置したそうです!



脱衣所の床は竹が使用され、お風呂は浴槽以外すべて宮崎県産の檜(ひのき)材が、使用されています。とてもすがすがしい香りがします。




琉球畳の木織を使用した和室的なスペースが3ヶ所あり、それぞれの壁には、珪藻土やシラス壁や藁(わら)入り壁などの自然素材を使用されています。




2Fへの階段の段差は15cmと登りやすいように配慮され、幅も広く昇降機をつけることができるように設計されていて、ライフスタイルの変化にも対応できるようになっています。




階段を上がると、広く開放的なフリースペースがあり、その壁面は天然素材で造られた調湿効果や有害物質(ホルムアルデヒド)の吸着効果がある壁材(モイス)と杉材で作られたデザイン収納になっています。




壁の後ろは広いウォークインクローゼット、上はロフトになっています。



□常設展示場なのでいつでも見学できます。
(水曜定休 ※水曜に見学希望の方は、事前に要連絡)


延べ床面積:121.00㎡(36.60坪)
設計者・施工者:宮崎住宅建設工業
http://www.miyajyu.co.jp/
宮崎市希望ヶ丘1丁目37-24
TEL 0985-56-8511  
FAX 0985-56-8513

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事