宮崎県木材協同組合連合会

宮崎県産材を活用した木造住宅づくりの支援、地産地消を促進する情報発信、普及啓発等を行っていきます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2回開催しますのでご都合の良い日を選びご参加下さい。



1回目

日時  平成25年5月14日(火)  午後10時30分〜12時00分
場所  日向市中央公民館  日向市中町1−31
TEL:0982-53-6867



2回目

日時  平成25年5月15日(水)  午後10時30分〜12時00分
宮崎市民文化ホール イベントホール  宮崎市花山手東3丁目25−3
TEL:0985-52-7722


内容

① 木材利用ポイント事業の役割等について

② 事業の具体的な進め方について

・住宅施工業者の登録等について
・木材利用ポイント申請等について

③その他


対象
供給業者


申込み  どちらか都合の良い日を選んでお申込下さい

       申込書ダウンロード URL:http://www.miyazaki-mokuzai.or.jp/mokupokyo.doc

  
主 催  「みやざき木づかい県民会議」
事務局  宮崎県木材協同組合連合会  担当 清・野口
電 話  0985-24-3400   FAX   0985-27-3590

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

自然の美しい景観を佇まいに取り入れた借景を用い、飫肥杉を使った「音響熟成木材」のうづくりの床材や、自然の空気清浄機「幻の漆喰」を取り入れ、地熱を冷暖房に活用したエコな事務所兼自宅になっています。



イメージ 1
奥にも駐車場があり、6台は停められます。






イメージ 2
玄関に入ると正面の壁一面が木製で波模様のオブジェになっており、その下から中庭が見えます。靴や上着をかけられる収納も広く取ってありました。





イメージ 14
建物の東側は設計工房イズムさんの事務所になっており、壁一面の書類棚やその上はロフトになっています。





イメージ 15
仕事場からも中庭が見えます。




イメージ 16
リビングは、宙に浮いたように見せているデザイン性優れたオープン階段で、天井は吹き抜けになっていて、部屋の外には空間を広く見せるウッドデッキもあります。また、厚さ38mmの飫肥杉のうづくりの床を全面に使用していて夏は当然ですが、冬でも素足で過ごせそうです。





イメージ 17
猛暑の夏でもエアコン1台で、真冬は家全体を蓄熱暖房機だけで過ごせます。




イメージ 3
広くて使いやすそうな対面式のキッチンでカウンターも付いています。




イメージ 4
来客用のトイレです。





イメージ 5
リビングの階段の裏は長い廊下になっていて右側は全面収納です。





イメージ 6
来客用とは別に家族用のトイレもあります。





イメージ 7
ドアで仕切れるので、来客中でも洗面・脱衣所を使うことが出来ます。





イメージ 8
ウォークインクローゼットです。奥のパイプは空気を循環させるためのパイプです。





イメージ 9
寝室には明かり取りの窓や広い収納もあります。





イメージ 10
2階の子供部屋には作りつけの棚や机があり、広い収納やロフトもあります。





イメージ 11
ロフトの床もスギ板張りです。





イメージ 12
子供部屋の収納の扉は赤と青に塗り分けられていて、床材は全面飫肥杉のうづくりです。






イメージ 13





飫肥杉や塗り壁の効果で、玄関に入った時、空気の優しさと清々しさを感じます。
また、猛暑の夏でも、家全体をエアコン1台のドライ運転で過ごせ、真冬は、家全体を蓄熱暖房機だけで過ごせるそうです。

木と白い壁と天井のバランスや、明るすぎずオシャレで素材の良さを引き立たたせる間接照明、家中随所にある多くの考え込んだ収納など、家造りのためのヒントがふんだんに盛り込まれた家でした。



延べ床面積  54坪
設計・施工   有限会社 設計工房イズム URL:http://ism.blog-page.jp/
電話 0985-63-9575   フリーダイヤル 0120-65-9575   FAX 0985-63-9585

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4月16日に夢見橋に行ってきました。
この橋は接合部に金物を用いていないで造られた屋根付きの木造橋で、2007年(平成19年)の夏に完成し、2008年にはグッドデザイン賞の特別賞に選ばれました。
夢見橋は実用的な目的はあまりなく、観光用として、堀川運河の新たなシンボルとして造られたものです。

イメージ 1
堀川運河に架かっています。


イメージ 2
夢見橋の全景です。


イメージ 3
木廊内部の天井は「曲げ木」で出来ています。


イメージ 4



イメージ 5
橋の中央にくつろぐためのベンチがあり、夏には運河の涼しい風が吹き抜けます。


イメージ 6
ボルトや金物は使わない、伝統工法の「木組み」で造られています。


イメージ 7



イメージ 8
夢ひろばには、木製ベンチや緑地公園が設けられており、堀川運河を眼前に眺めながら、開放感溢れる中でのんびりと散策を楽しむことができます。


みんなの力でできた「夢見橋」
地元のみなさんの意見を聞いてデザインされました。飫肥杉を木組みでつないでいる部材(コミセン、ヤトイホソ)には、地元の子供達をはじめ、4000人分もの「夢」が書き込まれています。


設計者:小野寺都市設計事務所
施工者:熊田原工務店

屋根付き木造橋(ゲルバー橋)
下部工:重力式橋台
基礎:杭基礎
屋根全長:45.60m
橋長:19.90m
支間長:12.0m
幅員:3.6m(最大 4.7m)
主材料:飫肥杉・飫肥石


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事