宮崎県木材協同組合連合会

宮崎県産材を活用した木造住宅づくりの支援、地産地消を促進する情報発信、普及啓発等を行っていきます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

4月22日(月)に、宮崎市内にある社会福祉法人 光明福祉会 光明保育園にて
第12回目となる木育イベントを開催しました。


イメージ 1
つみきや立体木製パズルに園児さんが興味を示されていました


イメージ 2
少しでもつみきを高く積み上げようと椅子を持って来て積み上げ、倒れそうになるとみんなで支え合いました


イメージ 3
園児さんの提案で、つみきで数字の「8」を作成中


イメージ 4
つみきで家を作ったそうです


イメージ 5
立体木製パズルを上手に使っていました


 光明保育園で実施した「木育イベント」は、年中さんと年長さんの2クラス総勢39名の参加となりましたが、いずれのクラスでもつみきと同じように木製パズルも人気がありました。また、いずれのアイテムでも創造あふれる作品を作りあげている園児さんが多く見られ、改めて子どもさんの発想力には驚かされました。
今回の「木育イベント」を通して、園児さんの発想力や創造力の向上に繋がっていけばと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

木の花ドーム(このはなドーム)は、宮崎県宮崎市の宮崎県総合運動公園内にある木造ドームです。



イメージ 1
木造ドームとしては国内第三位の規模を誇り、天井構造に宮崎県産杉材(約7,400本相当)による集成材を使用し、単層アーチ構造としては世界に類を見ないスパン100メートルを超える大規模木造ドームです。






イメージ 2
名前の「木の花(このはな)ドーム」は、全国に公募して決定したもので、立地場所である木花(きばな)の地区名や日向神話の木花咲耶姫(このはなさくやひめ)をイメージさせるとともに、県産杉材を使った木造建築であることを表現できる宮崎らしい名称として選定されました。






イメージ 3
入り口を入ると天井構造に使われている宮崎県産杉材による集成材が展示してありました。






イメージ 4
屋根膜は、採光性に優れたテフロン膜(特殊ガラス繊維)を使用して、日中は自然採光だけでも十分な明るさが確保できるそうです。






イメージ 5
宮崎県産スギの大断面集成材は150mm×1200mm(一部180mm×1200mm)のダブル使いで格子状になっています。






イメージ 6
アリーナは、天然芝に近い感触のロングパイル人工芝を全面採用しています。





長径122m、短径102.5m、最高高さ38mの楕円形で直径が100mを超える木造ドーム、単層アーチ構造は日本で初めて採用されました。屋根材はテフロン膜で、短辺方向集成材アーチに固定され、構造用スパイラルロープで張力を導入する形式です。屋根を支えるコンクリート構造部分は、楕円形のリング梁と斜め柱で構成され、アーチ両端に生じるスラスト力を処理しています。


利用については、ソフトボール公式試合、少年野球公式試合、硬式野球練習、サッカー練習、フットサル、ゲートボール、グラウンドゴルフ、運動会、雨天時の開会式、各種イベント等に利用できます。ホームベースからセンター壁面までの距離は約85m、両翼は約80mです。




発注者    宮崎県
設計・監理  株式会社 大建設計
施工      戸田建設株式会社 九州支店
建築面積   10,966.32㎡
延べ面積   11,463.19㎡
階数      地上2階、地下なし
構造形式   RC+W造
架構形式   屋根 木造直交格子単層アーチ型ドーム
下部      耐震壁付RCラーメン構造
基礎      鉄筋コンクリート造
杭       場所打ちコンクリート杭(アースドリル工法)

長径122m、短径102.5m、高さ38.0mの楕円形ドーム

コンクリート 躯体 24N/m㎡  杭 27N/m㎡
鉄筋      D16以下(SD295A)、D19〜D29(SD345)
木造      宮崎県産スギを用いた大断面集成材造
                 強度等級はE65-F225
                 断面は150mm×1200mm 2本の組立材
接合部     鉄骨組立十字型断面(SS400、SN490A、SN490C)
膜        四フッ化エチレン樹脂コーティングガラス繊維膜 厚さ0.8mm
完成      2004年



管理     財団法人 宮崎県スポーツ施設協会   URL:http://www.miyazaki-spokyo.jp/
宮崎市大字熊野2206-1(宮崎県武道館内)
TEL : 0985-58-5151  FAX : 0985-58-3213

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4月16日に日南市にある、社会福祉法人 敬慈福祉会 にちなん保育園さんにいってきました。
新園舎の工事は地元日南の業者が行い、材は飫肥杉を使用、子供達は宝。質の高い保育を目指した新舎園が完成しました。

イメージ 1
エントランスでは、太い飫肥杉がお出迎えしてくれます。

イメージ 2
保育園内には丸太のままの柱(16本)をはじめ、飫肥杉がふんだんに使われています。

イメージ 7
トイレ周りも飫肥杉を使って、消臭効果があると言われてます。

イメージ 8
玄関には大きな絵が展示されてあり、天窓から光を取り入れ、照明が必要ないぐらい明るい廊下です。

イメージ 9
0歳から、木のぬくもりのある部屋で過ごし、のびのびしていました。

イメージ 10
広いゆうぎ室。

イメージ 11


イメージ 12
また、机と椅子は地元の工芸店で作ってもらったそうです。

イメージ 13
天井も高く広く感じます。

イメージ 14
保育室のとなりには必ずトイレがある設計になっているそうです。

イメージ 3
50cmの太い飫肥杉があり、天井からの光も取り入れていました。

イメージ 4
ウッドデッキも保育園の要望で、広くとってあり、部屋の一部としても使用できます。

イメージ 5


イメージ 6

事務所も全部スギ材を使っていて、大径材は地元の飫肥杉を直接見に行かれたそうです。


「施主様の感想」

保育園は園児や職員にとって一日の3分の1を過ごす場所なので、ストレスなく過ごせる空間を目指しました。木の温かみ、木の香りを感じられて、ただそこにいるだけで癒される保育園になったと思います。


延べ床面積 約 995.25㎡

設計者:浜田設計
施工者:青山設計有限会社
製材所:山佐木材株式会社 日新木材工業有限会社

社会福祉法人 敬慈福祉会 にちなん保育園
TEL 0987-23-8533

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事