宮崎県木材協同組合連合会

宮崎県産材を活用した木造住宅づくりの支援、地産地消を促進する情報発信、普及啓発等を行っていきます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

平成25年9月27日(金)、高千穂町三田井の木工職人 甲斐 勝朗さんの甲斐木工所に行ってきました。

1年ほど前に宮崎県知事の河野知事が「スギ材で作った名刺」を使用されていると、facebookで公表され宮崎日日新聞でも紹介されていました。

甲斐木工所さんは、建具や家具製作を本業とされていて、空いた時間を利用し、スギ製の名刺やはがきを製作されています。
電動かんなで約0.1ミリの薄さに削ります。


木目のきれいなスギ2枚の間に、不織布を挟んで手作りのプレスで接着し、厚さ0.3ミリほどに仕上げます。それをカットして名刺やはがきにします。


名刺は100枚 2500円で、箱はサービスで付けてくれています。名刺の印刷は、印刷屋さんに別途お願いする必要があります。

こちらも受注生産のはがきです。


試行錯誤を重ねて作られたスギの名刺は、まず名刺作りに適した材木を入手することから始まるそうです。
建築材の吊り束が一番適しているそうです。
ヒノキなどでも試されたようですが、木が硬くスギのようにはうまくいかなかったそうです。

吊り束とは、桁や梁から吊る場合に使用する束の呼び名で、欄間(らんま)を取り付けた場合の鴨居(かもい)の垂れ下がりを防ぐために、鴨居の中ほどに取り付けられる束のことだそうです。※下図参照


材料を見せて下さいました!


スギの名刺は、木の香りがし、色や木目が材料により異なるため、それぞれの味わいがあり、名刺交換の印象付けにはとても効果的です。


もちろん、ご本人の名刺もこのスギの名刺を使用されています!


本業は、建具や家具製作のため、在庫がない場合にはすぐに対応できない場合もあるそうですが、ご了承ください。
スギの名刺を使われてみたいという方は、甲斐木工所さんまでお問い合わせ下さい。


甲斐木工所
〒882-1101 宮崎県高千穂町三田井766-3
TEL・FAX 0982-72-2336

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 平成25年9月28日(土)に、えびの市にあるプラッセだいわ えびの店さんで第42回目となる「木育イベント」を開催しました。
 今回のイベントは、MRT宮崎放送さんから取材の依頼をいただき、木育イベントの模様を取材していただきました。


イメージ 1
十分なイベントスペースで、参加者を迎えます。

イメージ 2
徐々に参加者も増えてきています。

イメージ 3
その場で友達になった人達と一緒に、作品づくりに夢中になっています!

イメージ 4
端材と立体木製パズルで、個性あふれる作品を作り上げています。

イメージ 5
木の年輪と立体木製パズルを組み合わせて、楽しそうに遊んでいます。

イメージ 6
何を作ってくれるんでしょうか?楽しみですね。

イメージ 7
ホットケーキを見立てて作ったみたいです。

イメージ 8
木育イベントについて説明しております。

イメージ 9
参加したお母さんにもインタビューされていました。


  今回のイベントにご参加いただいた方の中で妊婦さんがおられ、プラスティックなどのおもちゃで遊ぶ際に出る音よりも木でつくられたおもちゃで遊ぶ際に出る音の方が、胎教にいいそうだとおっしゃっていました。
 プラッセだいわ えびの店さんでの木育イベントは、MRT宮崎放送さんから取材をいただき、10月3日(木)の9時55分から始まる「アッパレMiyazaki」で放送していただきました。放送をきっかけに、多くの方々に木育キャラバンの木育活動を知っていただければと思います。
 参加いただいた方々には、木育イベントをきっかけに木や森林に興味・関心を持っていただければと思います。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

平成25年9月26日(木)、宮崎市にある社会福祉法人 平松保育園さんで第41回目の木育イベントを行いました。今年の2月に引き続き、2回目の木育イベントとなりました。今回も約40名の園児さんの参加でした。

イメージ 1
始めに、年長さん年中さんと年少さんに、写真やスギの輪切りなどの実物を使ってスギ材はおもちゃ、オルゴール、橋などの建築物や住宅などに使われることの説明を行いました。皆さん真剣に聞いて頂きました。その後、宮崎県産スギ材つみきやおもちゃで遊んでもらいました。

イメージ 2
今回は何を作るのかな?

イメージ 3
三人で楽しそうですね。

イメージ 4
お友達と協力してどこまで積めるかな?

イメージ 5
チョコレートだそうです。何入りのチョコレートかな?

イメージ 6
イスに乗ってどこまで積めるかな?

イメージ 7
木育キャラバンのスタッフから手伝ってもらっています。

イメージ 8
つみきサークルの完成後は、一人ひとり中に入って記念撮影です。

イメージ 9
今回は始めてのおもちゃですが、人気です。

イメージ 10
平松保育園さんの園庭は、樹齢1,000年を数えるクスノキが群生する八幡神社の境内にあります。この園庭で四季折々の活動をしている園児さん達にとって、「木」は非常に身近なもののようです。

 今回は2回目の木育キャラバンということもあって、約4,000枚の宮崎県産スギ材つみきには驚いた様子はありませんでしたが、目を輝かせて元気に遊ぶ姿がとても印象的で、園児さん達には楽しい時間だったようでした。また、木育キャラバンのスタッフやスギ材つみきも覚えていてくれました。

 暑さも一段落して、外遊びには絶好の季節になりましたが、園庭での遊びと同じように、お部屋の中で、つみき遊びをする園児さんの元気な歓声や、楽しそうな笑顔に元気を頂いた一日でした。

宮崎県産スギ材のつみきやおもちゃ等を通じて、創造力や豊かな感性を持つ子供さんになって頂ければと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

9月19日(木)に木城町にある、井上林産株式会社さんに行ってきました。
主に国有林の杉を製材している工場で、小割や平割を製材しています。







製材された板は選別機によって、分けられています。




出荷される小割材がありました。



工場の近くに木材乾燥場があり、天然乾燥をしています。



主要製品
・小割
・平割


主要機械・設備
・原木選別機 1台
・ツインバンドソー 1台
・乾燥機 1基

井上林産株式会社
〒884-0101 宮崎県児湯郡木城町大字高城2518番地1
TEL 0983-32-2555
FAX 0983-32-3856

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事