宮崎県木材協同組合連合会

宮崎県産材を活用した木造住宅づくりの支援、地産地消を促進する情報発信、普及啓発等を行っていきます。

木造建築

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

   延岡市立図書館 北浦分館は、平成24年に県産スギをふんだんに使った木造平屋建てに建て替えられ、それ以前のRC造の2階にあった時と比べて、床面積が約3倍の232平方メートル、蔵書数が約2倍の1万4,000冊になりました。
  また、以前は年間約3,500人だった入館者数も建て替え後には、平成24年度10,177人、平成25年度10,118人と大幅に増加しました。
   外から館内に入るとまずスギの香りが来館者を迎え入れてくれて、天井のトラスが目を惹きます。
   構造材だけではなく、腰壁や一部の天井等の内装にもスギが使用されており、受付カウンターや書架等も木製で大変落ち着く空間になっています。
○新聞・雑誌コーナー
○閲覧席
○キッズルーム
 
   館内には新聞・雑誌コーナー、閲覧席、キッズルームが設けてあり、子供から大人までゆっくりと読書を楽しむことができそうです。
   外装材にも多くの木材が使われ、どっしりとした印象を受けます。
○木材・プラスチック再生複合材のベンチ
○玄関横テラス
   玄関横のテラスや木材・プラスチック再生複合材製のベンチは、地域の方の良い交流の場にもなりそうです
○正面側スロープ
○駐車場側スロープ
   スロープについては、出入口が正面玄関側と裏に位置する屋根付き駐車場側と2ヶ所に設けてあり、全体的には1本の長い形状で、年配の方が散歩がてらにちょっと立ち寄る時には正面側から、車椅子の身障者が雨天時に本を読みに自家用車で来館された場合には駐車場側からなど、利用者の色んな状況や場面に応じて出入り口を変えることができるようになっています。ただ単にスロープを設置するのではなく、使う側の立場に立って良く考えられて造られていると感心させられました。
 
延床面積:232平方メートル
主な使用樹種:スギ
設計者:タス [TAS]建築設計事務所
施行者:株式会社 高建
使用木材:約64㎥
 
延岡市立図書館 北浦分館
宮崎県延岡市北浦町古江1943番地1
TEL:0982-45-2466

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「宮崎大学 創立330記念交流会館」の「創立330(サンサンマル)」とは国立大学法人 宮崎大学が2014年(平成26年)に、教育文化部が創立130周年・農学部が創立90周年・工学部が創立70周年・医学部が創立40周年を迎え、それらの周年を合計した330を冠してのものだそうです。
 
 入口正面外観
 
オープンテラスの屋根にはスギ集成材の平行弦トラス(断面:下弦材120角、斜材・垂直材90角、上弦材120×210)が使われています。
 
建物前面に位置する広場と一体化して大きな空間を演出しています。
 
約300席が設置できるコンベンションホールには、天井に105角のスギ製材が使われ、床下には配線が収納できるようになっており、会議等でのパソコンや、展示会での照明の電源が取れるようになっています。
 
 
エントランスホールや廊下に使われている、木の壁板・建具・カウンターが温かみを感じさせます。
 
 
オープンテラスの両側に位置する学生支援部と売店の梁も現しとなっています。
 
 構     造:木造
延床面積:1,670.25㎡
 設    計:株式会社 長大
 施 行 者:株式会社 桜木組
 
主要施設
・コンベンションホール(300席程度)
・コンベンションホール(50席程度)
・エントランスホール(展示スペース)
・学生支援部
・売店
・オープンテラス(オープンステージ)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

10月2日(水)に、建築中の宮崎北聖書キリスト教会さんに行ってきました。



イメージ 1
手前と奥で屋根の勾配が連続的に変化し、滑らかな造りになっています。



イメージ 2
軒下にも無垢のスギが貼られています。



イメージ 3
入り口を入ると、丸太が良いインパクトになっています。
梁桁は梁成360〜420mmのものが多用されています。



イメージ 4
2階には天窓があり、室内に光を取り入れています。



イメージ 5
屋根勾配などに合わせて斜めに架けられる、登り梁で作られています。



イメージ 6
金物を使った張弦梁を合掌に組んでいます、張弦梁の木材は断面が120mm×300mmで長さは最大6mほどです。
正面の窓にはステンドガラスが納まるのでしょうか?
完成(11月中旬)が楽しみです。




構造:木造2階建て
延べ床面積 112.06坪


木材・建材 株式会社 川上木材  http://www.kawakami-mokuzai.jp/
プレカット加工 ランバー宮崎協同組合  http://www.lumber-miyazaki.jp/

設計・施工 ゆうぼく人  http://www.youbokuzin.com/
構造設計 なな喜建築設計室
宮崎北聖書キリスト教会

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

9月24日(火)に、綾中学校の木造校舎に行ってきました。
建設から40年近く経過し、老朽化が進む綾中学校では同敷地内に校舎の建て替えが始まってました。
新校舎の規模は木造+RC造2階建て延べ3253㎡です。
この新校舎は県内最大の木造校舎で、その木材は可能な限り町産材を使用しています。



イメージ 1
綾町産のスギ材をふんだんに使っています。



イメージ 2
宮崎県木材利用技術センターさんの技術指導を受け、設計・施工された木造校舎



イメージ 3
ウッドエナジー協同組合さんで製造された集成材は、ランバー宮崎協同組合さんでプレカット加工し金物を付けた状態で現地に届き、施工されます。



イメージ 4
仕口加工による接合と、金物による接合の両方をとり入れたハイブリッド工法です。



イメージ 5
2階まで吹き抜けの場所には、スギの丸太が設置されています。



イメージ 6
音漏れの軽減を考えて、防音機能のあるALC(軽量気泡コンクリート)を敷いた教室



イメージ 7
筋交いは、住宅の2倍の太さ90角を使用しています。





工期は平成26年2月28日までの予定です。
前田穣町長は「子供達には木のぬくもりを感じながら勉強に励んでもらえる。自然との共生を目指す綾町らしい施設になるのでは」と話していた。



設計・監理:株式会社 岩切設計 http://www.iwakiri-sekkei.com/
建築主体工事 : 株式会社 鎌田建築
株式会社 増田工務店 http://www.masuda-co.com/
電気設備工事 :株式会社 電工社
給排水衛生設備工事:株式会社 宮栄電設
空調換気設備工事:株式会社 関谷

木材:ウッドエナジー URL:http://www.woodenergy.or.jp/


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 平成25年9月5日(木)に、佐土原にあるひがし保育園さんに行ってきました。
2010年12月に完成し、床や壁を木質化している、社会福祉法人 協愛福祉会 ひがし保育園さんです。木質化にすることで、園児さんに落ち着きの効果があると先生は感じているそうです。

イメージ 1
2階の手すりは、スギ材で出来ています。


イメージ 2
入り口はスギの暖かみがあり、光が木目に反射して、ほどよく明るい玄関となっています。


イメージ 3
腰壁にスギ板があり、調湿効果があります。



イメージ 4
2階にある図書コーナー。
スギの香りは癒し効果もあり、読書も集中できます。


イメージ 5
この日は宮崎県木材協同組合連合会が、2階のホールで木育イベントを行いました。


園長先生が木を使って大きな家のような保育園を造りたいということで、木質化の保育園が出来たそうです。
1日の大半を保育園で過ごす園児さんに「木のぬくもり」を感じ、安らぐことのできる室内環境で過ごすことで、園児さんや、先生・来賓者にも癒しの効果があると思います。




設計:岩切建設
延床面積  875.59㎡


社会福祉法人 協愛福祉会 ひがし保育園 http://www.kosodate-web.com/kyoai/higashi/index.html
TEL  0985−73−3530




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事