みやざき県庁職員日記

知事もすなる日記といふものを、県庁職員もしてみむとするなり
こんにちは!
西臼杵支庁土木課です!
いきなりですが、みなさん、県が取り組んでいる「神代川かわまちづくり事業」をご存じですか!?

神代川とは、高千穂町を流れる一級河川です。神代川流域には、「神代(くましろ)」の名も示すように、日本発祥の地として周辺に「天真名井」、「くしふる峯」「四皇子塚」など、『古事記』『日本書紀』に登場する多くの史跡や観光地があります。

昭和40年代の神代川では、大人達が天真名井で炊事や洗濯をし、子ども達は水遊びをするなど、「人」と「かわ」は、密接な関係でした。
しかし、一方で災害も多い河川であったことから、治水面を最優先した河川改修を実施したことによりコンクリート三面張りとなり、工事の影響で水量も減少し、「かわ」は「人」から遠ざかり、子ども達は遊べず、生物が住めない環境へと変わってしまいました。

そこで、かつての神代川の姿を復活させ、「疎遠になった「ひと」と「かわ」の関係を再生させることで、「地域のにぎわい」を創出させること」を目標とし、今日に至るまで「かわづくり」を実施しているところです。
イメージ 1          【現在の神代川】                    【昭和47年以前の神代川】

「神代川かわまちづくり起工式」の開催

地域の人びとの「神代川かわまちづくり」に対する気運の醸成を図ることを目的に、工事着手に際して、平成28年7月30日に「神代川かわまちづくり起工式」を開催しました。
式典は、高千穂神社の後藤宮司による神事で始まり、高千穂小学校と高千穂中学校の生徒達による高千穂小学校の校歌斉唱など様々な催し物を実施しました。
起工式には約150名もの地域の方々においでいただき大変な盛り上がりを見せ、「神代川かわまちづくり」に対する気運の醸成を図ることができました。
イメージ 2 【高千穂小学校・高千穂中学校による校歌斉唱】       【高千穂神社後藤宮司による神事】

「昔の神代川の姿を知る方々が誇れる川」へ

昭和40年代の環境を鮮明に覚えている地域の人びとから得られる情報は、河川環境再生事業を実施していく上で貴重な資料となります。
そのため、工事着手以前より地域の人びととのワークショップを実施しており、工事着手後は、定期的に施工見学会を開催しています。
定期的に見学会を実施していくことで、「神代川かわまちづくり」が「行政が一方的に実施する事業」ではなく、「地域の方々と行政が一緒に実施する事業」であることをお互いに再認識することができ、最終的には「昔の神代川の環境を知る方々が誇れる川」へと再生することができると期待しています。
イメージ 3          【試験施工の見学】                     【「夜泣き石」の移設】

「子供達が誇れる川」へ

現在、子供達の「川離れ」が深刻化しており、神代川も例外ではありません。
平成29年度から、高千穂小学校4年生の生徒達を対象に、総合学習の一環として神代川を題材に扱ってもらえるよう依頼し、年5回の環境学習を行っています。
当初は興味を示さなかった生徒達が、回数を重ねるに連れて自分達の意見を積極的に発言するようになりました。
今年度も継続して開催し、更に多くの子供達に興味を持ってもらうために、今後も継続して実施していきたいと思っています。
イメージ 4      【子供達が描いたデザインの数々】            【生徒達によるフィールドワーク】

現在も工事が進んでおり、年々かつての環境へと再生しています。
今回の投稿で「神代川かわまちづくり」に興味をお持ちいただいた方には、是非、高千穂町へ足を運び、神代川を実際に見ていただきたいと思っています。
また、「神代川かわまちづくり」では、ホームページも公開しています。
お時間がある際には、見てみて下さい!

神代川かわまちづくり

こんにちは、福岡事務所です。

本格焼酎の出荷量4年連続日本一の宮崎県。
福岡事務所では、福岡エリアの方々に宮崎の本格焼酎をもっと知っていただくため、「みやざき焼酎ノマナイト in 福岡」を初めて開催しました。
イメージ 1

会場は、福岡市内にある「ホテル イル・パラッツォ」で、とってもおしゃれなホテルです。
イメージ 2

イメージ 3

出展蔵元は11蔵元(明石酒造、あくがれ蒸留所、井上酒造、雲海酒造、神楽酒造、京屋酒造、霧島酒造、酒蔵王手門、佐藤焼酎製造場、すき酒造、高千穂酒造)です。
司会は、福岡でCMや情報番組のナレーションを中心に活動しているフラッシュ嶋田さんにお願いしました。
イメージ 4

今回は、協力自治体として日南市にも参加いただきました。
日南市観光協会が物産販売を行い、その隣には鵜戸神宮の運玉投の体験コーナーを設置しました。
イメージ 5

このイベントには宮崎県酒造組合や宮崎のさかなビジネス拡大協議会、宮崎県物産貿易振興センターに後援・協賛いただき、「五ヶ瀬ぶどうカンパチ」や「鶏のささみくんせい」などのおつまみを参加者に振る舞いました。
また、日南市にも協力いただき、「地頭鶏」や完熟きんかん「たまたま」などを提供いただきました。
イメージ 6

イメージ 7

料理は、デザートも含め、22種類を提供し、そのほとんどに宮崎県産の食材を使用しました。
イメージ 8

今回のイベントには、165名の参加者が集まり、ゲストやスタッフを含めると約200人規模となりました。
本格焼酎の振る舞いやPRを行う各蔵元のブースでは、参加者の皆さんが蔵元の方々の説明を聴きながら本格焼酎を楽しむ姿が見られました。
また、本格焼酎や宮崎県、日南市の特産品が当たる抽選会やみやざき犬のダンスパフォーマンスなどを行いイベントは大盛り上がりでした。
イベント後のアンケートでは「食べ物が美味しく、いろいろな焼酎の銘柄を飲めて楽しかった。」、「イベントを通して宮崎のイメージが良くなった。」、「定期的な開催をしてほしい。」などの声をいただき、盛況のうちに幕を閉じることができました。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

今回のイベントは、福岡に拠点を有する蔵元6社と連携し実行委員会を作ることで実現することができました。
次年度以降も同様のイベントを行い、福岡エリアでの宮崎県の本格焼酎の認知度向上、消費拡大を図っていきたいと思います。
福岡事務所では、他にも宮崎県産食材を使ったイベントなどを随時行っています。
開催する際には情報を掲載しますので、興味のある方は福岡事務所のホームページやFacebookをご覧ください。
【ホームページ】 http://f-miyazaki.jp/

以上、福岡事務所(092-724-6234)でした。

災害に備えよう!

こんにちは!
日向保健所のマスコット「青ちゃん」です。
イメージ 1
さて、平成も残すところあとわずかとなりましたが、東日本大震災に熊本地震や九州北部豪雨など、大きな災害が毎年のように発生しています。
皆さんも、南海トラフ巨大地震などの大災害に対する備えについて考えさせられたのではないでしょうか。

似ていませんか

それではまず、日向市、門川町のハザードマップと、宮城県気仙沼市の津波浸水図を比べてみましょう。
イメージ 2
【日向市ハザードマップ(日向市ホームページより)】

イメージ 3
【門川町ハザードマップ(門川町ホームページより)】

イメージ 4
【気仙沼市東北地方太平洋沖地震津波浸水図(気仙沼市ホームページより)】

イメージ 5

津波ハザードマップは、最大の被害を想定して作成されており、避難の目安となるように、浸水の区域や深さなどを表したものです。
最大の被害に備えるため、ハード・ソフト両面で官民一体となった整備が進められています。

南海トラフ巨大地震の災害・被災想定

次に、南海トラフ巨大地震が発生した場合の日向市の被害想定を確認しましょう。(日向市地域防災計画より)
・  最大震度7
・  最大津波高15m
・ 津波到達時間17分 
・  死者15,000人
・ 建物被害13,000棟 

この日向市内で想定される地震の揺れと津波による被害は、私たちの想像をはるかに超えるもので、東日本大震災に匹敵するものとなっています。

重症難病患者さんの災害時支援

そこで、日向保健所では、事前の備えとして、災害時に難病患者さんの安否確認や支援が行えるよう、個人情報に配慮した上で、地区別に管轄内の難病患者さんのリストを作成しました。
また、ご自宅で人工呼吸器を常に使用している医療依存度の高い患者さんには個別支援計画も作成しています。
イメージ 6
【災害時自己マニュアル(一部抜粋)】

昨年8月には、人工呼吸器装着中の患者さんと家族、区長さん、関係機関の皆さんとも一緒に避難訓練を実施し、現状や課題について意見交換を行いました。
イメージ 8

災害対策研修

また、病院・市町村・警察・消防・保健所職員を対象とした研修会を1月18日に開催しました。
平成28年の熊本地震に対応された熊本県菊池保健所の木脇所長を講師に迎え、それぞれの立場で、いざという時にどう動くのか。今、できることは何かについて考えました。
そして改めて、関係機関との普段からの連携が、非常に重要であることを認識することができた貴重な体験でした。
イメージ 7
日向保健所災害対策研修【於:千代田病院】

終わりに

今回は、日向保健所の業務の一部について、青ちゃんと一緒にご紹介させていただきました。
これからも、色々な場面で、関係機関との顔の見える関係を大切にしながら、地域住民の健康保持や増進、疾病予防に努めます。
以上、日向保健所(0982-52-5101)でした。

青ちゃんの紹介はこちら!

皆さんこんにちは。
県立産業技術専門校です。
さて皆さんは、専門校が何を学ぶ学校かご存じですか?

専門校には、
木造建築科(木造住宅の設計、在来軸組施工法)、
構造物鉄工科(設計、金属加工 橋梁から高層ビル、造船、産業機器分野)、
電気設備科(電気設計、電気工事 システム構築 通信工事)、
建築設備科(設備設計、上下水道、給湯、冷凍空調配管などの住宅設備工事)
の4つの訓練科があり、実際の現場で使える設計から施工までの幅広い知識、技能を学ぶ学校です。

技能検定と進級試験・技能照査

専門校の実習では、訓練生が身につけた知識と技能レベルを見る機会があります。
それは、資格試験と2月に校内で行われる進級試験、技能照査試験です。
写真は、2級建築大工技能士という国家資格の技能検定に向けた練習の様子です。
試験時間は5時間30分と長時間の作業となりますので、気力体力が必要です。
イメージ 1

校内で行われる2年生へ進級するための進級試験、2年間の総括となる技能照査試験は各科ごとに違います。
写真の構造物鉄工科ですと、金属加工を行い多彩な技能を要求される課題が設定されます。
イメージ 2

電気設備科は電気機器配線、建築設備科は配管作業など実務レベルの作業を試験します。
進級試験、技能照査試験は高度な技能が必要となりますので、指導員は訓練生1人1人の能力に応じた指導を行いながら、一緒に課題に取り組みサポートします。
イメージ 3

実物大の模擬家屋を建築!

身につけた技能は、模擬家屋建築で発揮されます。
建築現場は、応用実習棟と言われる屋内実習棟内部で建てられ、室内なので、雨の日や強風の時も実習できる非常に恵まれた環境となっています。
我々指導員も訓練生と一緒に作業を行い、汗をかきながら全員の力を合わせて作業します。
イメージ 4
          【鋼構造物建築物(5階建て)】                 【木造住宅(2階建て)】

室内も電気配線、住宅設備取付と全科の力を合わせて実習します。
イメージ 5

あなたも専門校で学んでみませんか?

いかがでしたでしょうか。
専門校では他にも色々な実習や勉強をしています。
少しでも興味を持たれて作ってみたい!と思われたら専門校に入校してみませんか?
色々できるようになると自分のやりたい事が見つかりますよ!

専門校のホームページは http://www.miyazaki-sangi.ac.jp です。
Twitterでも日々の風景を発信していますので興味をもたれたら https://twitter.com/sangi_sen も見てみてくださいね。
以上、県立産業専門校(0983-42-6501)でした!

こんにちは。
小林土木事務所道路建設担当です。
今回は、県道30号えびの高原小田線の整備状況について紹介します。

県道30号えびの高原小田線 

霧島錦江湾国立公園の一部をなす「えびの高原」は、ジオパークのジオサイトの一つとして重要な位置を占めており、宮崎県を代表する観光資源の一つとなっています。
 
また、えびの高原(硫黄山周辺)火口周辺警報が続いており、県道1号小林えびの高原牧園線の一部通行止めの規制が継続中であることから、現在、県道30号えびの高原小田線は宮崎県側から「えびの高原」に誘客する唯一の観光道路です。 
そして、硫黄山を含む霧島山噴火の際の避難路として重要な防災道路でもあります。
イメージ 1

整備状況

しかし、車道が一車線しか無く車両同士の離合が困難で通行に支障を来している箇所があります。
これを解消するため、平成29年度から車道を2車線にする道路拡幅工事を行っています。
イメージ 2

これにより、通行車両の安全性及び利便性の一層の向上が図られ各地からえびの高原までのアクセスの改善及び防災道路としての機能向上が期待できます!

白鳥展望所を設置

また、昨年度、県道30号線えびの高原小田線に新しく「白鳥展望所」を設置しました。
イメージ 3
【白鳥展望所全景】

白鳥展望所からは、えびの市街地や加久藤カルデラが一望できます。
イメージ 4
【夕暮れ前の加久藤カルデラの様子】

これからも、観光需要の高まりや地域のニーズに対応し、道路整備を計画していきます。
以上、小林土木事務所道路建設担当でした。


こんにちは。
都城土木事務所です。
今回は、都城市高崎町と小林市野尻町の境にある岩瀬ダムを御紹介します。

岩瀬ダム見学

宮崎県企業局が主催する「平成30年度 第3回発電所施設見学ツアー」が、平成30年11月16日(金曜)に岩瀬ダムと大淀川河川敷において開催され、都城市内の小学校4校の小学生が約60名参加されました。

都城土木事務所では、岩瀬ダムの紹介を行いました。
子どもたちは4班に分かれ、DVDを視聴したり、ダムの施設を見学したりして、ダムの目的や自然災害の恐ろしさについて学びました。
イメージ 1
        【DVDを視聴している様子】       【ダムの放水量を調節する設備を見学している様子】

 イメージ 2
                                               【ダムを上から見ている様子】

岩瀬ダムについて

岩瀬ダムは、都城市と小林市の境にあります。
流域面積は354平方キロメートルあり、この範囲に降った雨が岩瀬ダムに流れ込んできます。
イメージ 7
  【岩瀬ダムの流域図】

イメージ 3
 岩瀬ダムを上空から見た写真】


岩瀬ダムの大きさは、堤長が155m、高さが55.5mあります。
18階建てのビルと同じ高さです。
イメージ 5
【岩瀬ダムをダム湖から見た写真】

イメージ 8
【ダムの断面図】


ダムには、洪水調節を行う治水ダムや、発電や水道・農業用水・工業用水のための利水ダムがありますが、岩瀬ダムは「洪水調節」と「発電」を目的とした「多目的ダム」となっています。

「洪水調節」とは、ダムの上流から流れ込んでくる水を、下流に被害のない程度に時間をかけて調節しながら放流することです。
これにより、豪雨があった際に、河川の氾濫や家屋への浸水を防いでいます。
イメージ 10
 【洪水調節について】

イメージ 4
 【放流している様子】


また、貯めた水を流す際にタービンを回すことで、水力による「発電」を行っています。
年間に54,858千キロワット時の電力量(年間目標供給発電量)を発電しています(宮崎県企業局HPより)。
イメージ 6
【発電について】


ここで、大雨の後の岩瀬ダムの様子を見てみると、ゴミが漂着しているのがわかります。
河川にゴミをポイ捨てしないよう皆さんのご協力をお願いします。
イメージ 9
【岩瀬ダムの漂着物】

終わりに

昨年は台風による被害が大きい年でした。
台風や大雨の際には、岩瀬ダムでは洪水調節を行い、河川の氾濫等を防止しました。

台風や大雨の時やその次の日は、ダムから放流を行うこともありますので、ダムや河川には近づかないようにお願いします。
また、ゴミは持ち帰って、みんなで楽しめるきれいな川にしていきましょう!

以上、都城土木事務所から岩瀬ダムについて御紹介しました。


こんにちは、日南土木事務所です。

今回は、東九州自動車道(日南北郷IC〜日南東郷IC)の開通に先立ち、昨年1月に全線開通した県道益安平山線・日南高岡線について紹介します。

益安平山線では、バイパスによるルートの整備と拡幅を行い、日南高岡線では歩道整備、益安平山線と日南高岡線の交差点においては、右左折レーンを設置しています。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

これにより、物流の拠点でクルーズ船が寄港する観光の拠点でもある油津港と東九州自動車道日南東郷ICとを結ぶ最短のアクセス道路になっています。

実際に、交通量の少ない時間帯でも、油津港から日南東郷ICまでを市街地を通って運転すると約13分を要します。
これに対して、新たなルートでは、道路延長も短く信号機もわずか4箇所と少ないこともあり、約7分で目的地に到着することができ、快適な運転ができるルートだと実感します。
イメージ 6

約6分の時間短縮を実現した新たなルートの完成と東九州自動車道(日南北郷IC〜日南東郷IC)の開通で、交通の利便性が向上したところです。
また今後、東九州自動車道(清武南IC〜日南北郷IC)が開通すると、日南から宮崎間がさらに近づき、県南地域の経済・産業の発展に大きく寄与するものと期待しているところです。

現在、広島東洋カープと西武ライオンズが日南市でキャンプを行っています。
イメージ 1

また、「港の駅めいつ」をはじめ、市内の飲食店では、鰹炙り重など新鮮な海の幸を味わうことができます。
イメージ 2

これまでよりも近くなった日南市に是非、お越しください!


今回は、ひぃむぅかぁの3匹が「県立こども療育センター」に潜入してきました!

県立こども療育センターは、児童福祉法に基づく障害児療育の拠点施設として入所、通所の支援に取り組むとともに、医療法による小児整形外科病院としての機能を備えた、県内唯一の施設です。
脳性まひなど比較的長期にわたる治療が必要な児童に、整形外科、小児科的治療やリハビリテーション、生活指導を行いながら療育を支援しています。

まず、理学療法室をのぞいてみると、男の子がリハビリをしていました!
理学療法では、基本的な姿勢や動作の獲得、日常生活の向上を目指します。
そのために、お子さんに必要な運動機能への働きかけやアドバイスを行っています。
イメージ 1

隣の作業療法室も楽しそうです!
作業療法では、家庭や学校、社会でのお子さんの生活・環境を考慮し、身の回りの動作練習、学習の準備を行います。
イメージ 3

言語聴覚療法室では、明るいお兄さんの声がするぞ!
言語聴覚療法は、食べることに困っているお子さんに対して、摂食機能の維持・向上のための練習を行い、また、総合的な言語発達も促していきます。
イメージ 2

潜入結果報告!
「県立こども療育センター」は、幅広い年齢の方がみんな楽しそうにリハビリを頑張っている場所でした!

こんにちは。
東京事務所行政担当です。

昨年11月6日(火曜)に、省庁や企業にいらっしゃる宮崎出身・ゆかりの方々にお集まりいただき、「みやざき・霞が関フォーラム」を開催しました。
このフォーラムは2部構成で、第1部では、知事が「みやざきの更なる飛躍と新たな挑戦」と題したプレゼンテーションを行いました。
イメージ 1
【危機事象への対応やスポーツランド・・・など県の取り組み等を紹介しました!】

第2部では、県産食材を使用した料理を囲み、宮崎の話題で盛り上がりました。
参加された皆さんが、宮崎を離れて時が経った今も宮崎を想い、宮崎のためにできることを考えていてくださり、また多方面でご活躍されていることは誇りです。
改めて自分も頑張らなければいけないと気が引き締まる思いのする1日でした。
イメージ 2
 【約160名の参加がありました!】

皆さんこんにちは!
河川課災害担当です。

早速ですが、皆さんは「災害復旧エキスパート」をご存じでしょうか?
台風や豪雨などによって道路や河川が被災した場合に、市町村が行う復旧に向けた仕事をボランティアで支援する県庁土木技術職員OBが災害復旧エキスパートなんです!

なぜ災害復旧エキスパートが必要なの?

災害復旧では、被災した現地状況を確認し、どのような工法で復旧を行うかを考えます。
そして、復旧にかかる費用の算出を行い、国土交通省と財務省の審査を受けることになります。
技術職員が少ない市町村で大規模な災害が起こった場合、このような業務を行うには時間がかかります。
そのため、災害復旧の経験や専門的な知識を持つ“災害復旧エキスパート”がそのお手伝いをし、1日でも早い復旧を目指すのです。

支援の様子を紹介します

本年度は宮崎市高岡支所、高鍋町、川南町、木城町より災害復旧エキスパートの支援要請があり、合計10回の支援活動を行っています。
黄色いベストを着ているのが“災害復旧エキスパート”です。

イメージ 1
              【現地にて被災状況確認】                  【所内での検討会】

これからも大規模災害からの早期復旧に向けて、県と市町村、災害復旧エキスパートが力を合わせ、頑張っていきます。

さいごに

先日、災害復旧エキスパートの仕事について、県政番組UMK「みやざきゲンキTV」のテレビ収録を行いました。
撮影風景を少しだけご紹介します。

イメージ 2
          【高岡支所にて】                       【災害現場にて】

1月20日(日曜)午前9時35分から「おしえてケンチョー」のコーナーで放送されます!
お楽しみに!


[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事