◆ ◆ ◆ A k i o' s_ b l o g ◆ ◆ ◆

オンブズ栃木代表宮沢昭夫オフィシャルブログ
2017年度議会改革ランキング(栃木県内の市議会)(30,6,10)
早稲田大学マニフェスト研究所調査結果より
栃木県   議会名      全国の    2016
内順位            順位     の順位
1  那須塩原市議会     20     15
2  矢板市議会       117   147
3  栃木市議会       153    87
4  日光市議会       202   139
5  宇都宮市議会      242   300の外
6  佐野市議会       269    同じ
7  鹿沼市議会       285   272
  • 全国300内に入らない議会  さくら市、真岡市、小山市、大田原市,那須烏山市、下野市、6議会

この記事に

開く コメント(0)

平成30年度政務活動費の不正・問題関連記事(30,3,24
視察報告書が同じもの 岡山県議の平成29年度の海外視察の報告書が、同じものがあった。(30,1,31毎日)
広島市議の熊本さんが詐欺罪で在宅起訴、辞職(30,1,31
③ 岡山県議の海外視察報告書使い回し,同じ転換ミス・コピー(30,1,31)
④ 山下直也和歌山県議の政務活動費の会議費が住民監査請求されていたのを訂正して返
還した(30,2,17
⑤ 宮城県議会 宿泊先に領収書の添付義務化、定額支給見直し30.2,16
⑦ 山口県議会27,28年度の政務活動費報告書HPにて公開「岩国を守る会 風」30,
⑧ オンブマンアカデミーにて「岡山・香川県議の政務活動費の使用実政務活動費の使用実態報告(30,2,17
⑨ 島根県議会の細田県議が自宅を事務所として政務活動費から年間36~48万円を事務所費賃借料として自宅建物を所有する親族に支払っていた問題出、3142012~16年度分計228万円を県議会に返還した。(30,3,15
⑩ 宮城県議会政務活動費の運用改定 出張の宿泊費と実費精算、事務所の契約書写し提出、人件費にでは効用状況を確認できる書類提出(30,3,17)
⑪ 広島市議(熊本)政務活動費詐欺での辞職に伴う補欠選挙 その辞職の妻が立候補したが落選(30,3,18
⑫ 岡山市議会は、議会の対しての情報公開請求があった場合、市議で構成する委員会で開示の可否を28年間してきた。(30,3,17)、
⑬ 阪南市議会 政務活動費を虚偽有印文書作成容疑で書類送検された京谷富田林市議、藤本本阿南市議らを不起訴処分にした。(30,3,21
⑭ 千代田区議会 会議費としての1人5千円以内の飲食費を除外(30,3,22)
⑮ 篠山市議会 調査、研究などの使用には、どのような目的、成果を得たかを全員の前で報告し、議員同志の意見交換した。(30,3,9)

この記事に

開く コメント(0)

平成30年度政務活動費住民監査請求・住民訴訟一覧表(30,4,25)
住民監査請求関係
・結果
・勧告
① 富山市議会 30,3,22 市政報告会、広報誌印刷代等578万円は、広報誌発行日の年月日より後に開催され  
  た市政報告会の記事が載っているので、架空請求や、水増し請求したものと考えられる。137万円返還

・棄却
①石川県議会 30,1,17 裏づけ書面にないガソリン代、専従職員の人件費など約1200万円(29,11,13
 
・却下
① 矢板市議会 30,2,22  政務活動費の調査費で視察した報告書に成果がなく「所感」で済ましているのは、公金の使用としては適正でない(30,2,8
 
・請求
① 埼玉県議会 30,3,7 使われていない事務所費、住まいといて利用しているのに事務所費として計上している。
② 岡山県議会 30,4,23 添付資料の不十分、目的が分からない旅費、事務所家賃など1億円以上が違法な支出で監査
 
住民訴訟
提訴
① 香川県議会 30,1,17  海外視察は観光的要素が強いから適正でない事から3406万円返還を
② 奈良県議会 30,3,16 広報印刷部などの発行費や事務所費が後援会事務所費の一緒になっている。高額人件費など違法性がある
③ 富山市議会 30,4,20  監査請求で認められない分290万円を違法として提訴 
判決
)返還
① 岡山市議会 30,1,31 会派が雇用した人件費などが不当として1168万円を返還せよ。
② 鳥取県議会 30,3,16 懇談会や人件費、事務所費などの領収の内容が不明は使途基準に反しているから
③ 尼崎市議会 30,4,11広報紙に「議員個人の情報の掲載は、次回選挙で当選しやすくなるという選挙活動の側面を有し、調査研究活動に当らない。と指摘し、議員個人の周知・宣伝目的とされる紙面の割合などに応じて按分した結240万円返還を(控訴予定)
④ 岡山市議会 30,4,24   海外視察の一部日程は政務活動との関連性がない観光目的だったの60万円を返還せよ。














控訴審判決
① 仙台市議会 30,2,8 人件費や事務所費、不要不急のタクシーなど違法、更の高裁ではつき払いの定額費支出だけを異なる取り扱いとする合理的な理由はない」として153万追加  上告見送り(30,2,22)
③ 兵庫県議会 30,3,22 使用の内容を適切と立証しない限り、不適切と認められる6人分の人件費、切手購入費などの支出とし認定、一審判決を破棄し1240万円を返還(1審1483万円)


上告
① 宮城県議会 30,1,27  2015年5月に議員7人を派遣したベトナム視察に政務活動費で同行したのは適法と高裁で棄却(30,1,14)に対して上告
 
告発
① 元神戸市議橋本健に対する詐欺容疑は在宅起訴(30,2,19
② 元神戸市議会「自民党神戸」会派の幹事長岡島亮介、会計責任者梅田幸広、竹島栄二被告人に対する判決、懲役16ヵ月、執行猶予4年と言い渡された。(30,2,19
③ 元富山県議(矢後肇)政活費詐欺容疑で書類送検(30,3,8

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事