ここから本文です
team opal eye ボリ兄の釣り日記♪
『team opal eye』 ボリ兄の釣行記( 〃▽〃)日々精進中〜♪
ボリ兄です!
冷たい雨が降り続いた1/5に地磯へガッツリ1日行ってきました!
1/3,4も夜勤明けの短時間釣行しましたが30cmオーバーのグレは無く丸坊主でした。
短時間ではもう釣果が出せない渋々状況。
南紀は黒潮離岸で一気に水温がさがり12度。

15年ブリの黒潮大蛇行とも言われています。


3度目の正直釣行(神頼み)
同行者はアルバイトのよしと!現在高校生ですが釣りのセンスは抜群のイケメン磯師です!
むか〜しに中学校の職場体験時にこの子釣り上手やな〜と目をつけていましたが高校生とは思えないほど上手です!

さて始めはよしとが行きたいという事で樫野の地磯に行ってまいりましたがグレが釣れず全くの気配なし。

昼過ぎによしとの心が折れ(笑)見切りをつけて別の地磯へ。
移動が正解だったようで短時間ではありましたがグレの顔を見る事が出来ました。

イメージ 1


32~35cm 2匹
今年のグレは渋いですね〜〜道糸引っ張るグレはまったくありませんでした・・・・・マーカーが動くのみで離す事も多々有り。
軽い仕掛けでスルスルにしないと喰わない超激シブ状況!

同じ仕掛けを組んであげて、よしともグレの顔を見れました!


竿シマノ1.5-53 道糸東亜1.75 ハリス東亜1.75〜1.5 鈎マルチ4〜5.5 ウキ:0〜マイナス浮力
エサ:生3キロ+V11+TR 生1.5キロパラ撒き
サシエサ:剥き身+生加工4種類
グレ:32〜35cm 2匹 足の裏尾長1匹
お友達:サンノジ・キタマクラ・イズスミなど

この記事に

開くトラックバック(0)

予選を通過し、いよいよブロック大会当日<(_ _)>

地元和歌山ですが、何年ぶりだろう?

以前に八釣会に所属していた時に例会でお邪魔した時以来かな?

かなり昔です(笑)

もちろんプラなんか行く間もなく、ぶっつけ本番(笑)

イメージ 1

イメージ 2


早めに行き車で仮眠<(_ _)>

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


抽選が始まりくじを引き対戦相手が決定((((;゜Д゜)))

まさかの武田の一平さん(泣)

挨拶を交わしエサ混ぜに入ります。

生2枚に集魚材3袋。

チェックを受けてから混ぜ合わせます。

そして船に乗り込み前半は チョウシ へ。

優先権あったので船着と一の島向きのちょぼと選択権があり、後半にいい場所へ入ろうかと船着を洗濯。

仕掛けは予選と同じ仕掛け。

競技開始。

足元から丹念に探り見えグレに狙いを定めて。

しかしキープサイズは少なく武田さんが頻繁にまげて30前後を取り込んでいる。


前半交代間際でまさかの潮変わりで生命反応なくなり後半は釣果なし。

この時点で意気消沈。

後半は湾内へ。

まさかのラクダ。

観光船が目の前で観光。

フグの猛攻にグレは全く見えてこない。

足元に見えていたチヌらしき魚体がもしかするとグレかもという希望にかけてサイトでかけるも45cmほどのチヌ。(笑)


ラクダでも釣果なくすでに負けは決定。

帰りの船に乗り込み帰港。

一応検量に出すも完全に勝浦のグレに完敗。

仲間のへなさんも検量へ。

イメージ 6

イメージ 7



2人とも惨敗でした(泣)


しかし、ブロック大会の緊張を味わう事ができて自分の力量不足も分かり、そして武田さんが1位通過という事で来年は予選から出直しです!

今の釣りに磨きをかけリベンジを果たせるように夢に向かって大好きな釣りを楽しみたいと思います(*•̀ᴗ•́*)👍

イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)

この度は串本で行われているダイワグレマスターズ串本予選に参加してきました。

数ある大会の中でもこのダイワグレマスターズにだけはできる限り毎年参加させてもらっています。

グレシーズンインで忙しい中、まともな休みは取れず前日も夜まで勤務をガッツリして寝ずの出発です。

同じく大会に参戦の店アルバイト高校生の橋本君を乗せて〜〜

寝る間ないので先乗りし、車で仮眠です。

風邪気味だった事もあり体調不良で余り眠れずそのまま受付開始時間に・・・・

受付後くじ引きです。

引いたくじは11番でしょらさん渡船でした。

須江の磯も去年の大会以来1年ぶりですw

大会以外で渡船利用も殆どありません・・・地磯ばかりの自分にとっては年に一度のお祭り気分ですw

橋本君もクジを引き、準備を終えて開会式、乗船順に並んで出船を待ちます。

私の船は一番最後の出船となり、船は須江の湾内へ・・・・・

この時点でお祭り気分は消沈気味?

しかし降り立ったのは過去にも大会で上位組が出ている湾内一級磯!

スベリという磯かな?

テンション上がります!

乗るのは初めてで、見るのも初めて、釣りはした事ありませんが磯を見渡して対戦相手と釣り座決めて、優先権があるので良さそうな奥のポイントへ。

イメージ 2

イメージ 3



さて、磯は実績あり。

仕掛けの、セッティングも念入りにします。

竿は買ってから1度も使っていないこの日デビューを飾る

トーナメントAGS 1.25-53
リール インパルト競技
道糸 信頼の東亜パワーステージ 1.5号
ハリス 東亜アパッチ 1.5号
ウキ 紅水→マスターピース02
鈎 マルチ4、4.5 5 5.5 ローテーション

イメージ 1


さー時間が来て競技開始です!

ここからは写真はありません!

開始後エサトリとしては、際周辺に5000匹のネンブツダイ・・・・・、沖にはアジ、コッパ、フグ・・・・

期待とは裏腹にエサトリが高活性です。
これはあかんパターンか。と意気消沈気つで打ち返していきます。

しかし、マキエさが効くにつれて木っ端グレが見え次第にグレのいいサイズや特大のイスズミがマキエに反応しだしたので軽い仕掛けでサシエサとマキエサの同調を心がけて見えているグレをサイトフィッシングすることに。

ファーストフィッシュは対戦相手がいいのを掛けて少し焦り気味に。
しかし、ここは集中。

見えグレが出てくる棚をしっかり目視し、仕掛けもマスターピースに交換。

ハリスイン仕掛けに替えハリスの長さをマキエ先打ちして出てくるグレに合わせて投げる前に微調整し釣っていきます。
サシエの重みを五種類の生オキアミと鈎の重みで使い分けてより繊細に合わせていきます。

上手く合えばアタリ!

食って来るサイズもよく、30オーバーもポツポツ拾えます。

そして見えてくるグレのサイズも上がってきて60オーバーのイズスミに混じって良型のグレも反応しはじめました。

掛けるグレも40オーバーが混じりだし、45cm級は3匹浮かすまでは行くものの取りにくいオーバーハングでラインブレイク。

これは超悔しい。

仕掛けも普段の仕掛けよりワンランク下でバラシも多かったですが竿が細いハリスを労りいつも以上の釣果を与えてくれました!

何とかキーパー以上を5匹揃えて入れ替えも出来て、釣り座交代し30〜33ほどのはリリースして入れ替えも出来てと贅沢な釣りが出来ました。

釣り座交代してからもマキエをしっかり目視し、40オーバーを船着側で取り込んだ時は喜びのあまり声が漏れてしまうことも。

イメージ 5



対戦相手もじわりじわりと差を詰めてきてこれはあかんぞとハリスを上げたり食わせるために竿を信じてハリスを細くしたり。

終わって見ればリリースした30オーバー含めてトータルで20匹ほどは釣れたかと思います。

イメージ 4



お世話になった磯を洗い、竿を仕舞い。

もしかしてと言う期待を胸に回収の船を待ちます。

イメージ 6

イメージ 7



迎えの船に乗り込んで帰着、検量へ。

自分の番になりキーパーから良く肥えた湾内特有の太いグレを5匹検量へ。




そして、車に戻り全員の検量を見ていきます。


もしかすると。



そして結果発表に。


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


まさかの表彰台の天辺に立つことが。

イメージ 11

イメージ 12



何とか磯のポテンシャルに助けられてダイワグレマスターズ初めての予選突破となりました。

これは予選ですが、本戦への切符の権利がある1つ目の狭き門をまず通過できたという大きな収穫。

大会だからと替えたのは仕掛けの細さだけ。

この細さにこの日初めて使う竿、バランスなど色々試す機会となりましたが結果オーライとなりました。

そして、同じクラブのへなさんも予選を通過。

次回は12月にブロック大会へといけることになりました。

この日はそのまま夜勤という超ハードスケジュールでしたが嬉しさで何とか次の日の朝までハイ状態。



土曜日の忙しい時に休日をくれた職場や、予選突破をおめでとうと激励に来てくださったお客様や釣り仲間のみんな、本当にありがとうございました!

後日届いたトロフィーと、ダイワのサイトの順位表。

イメージ 13

イメージ 14



まじで目標としていた予選突破の夢が叶い、夢も次のステップへ。
更なる高みを目指して釣りも頑張っていきます。

あっ、対戦相手となった尾崎さんも予選通過、そして釣友のムロちゃんのクラブメンバーという事は後で知りました(笑)

尾崎さん当日はお疲れ様でした(笑)

長々と長文失礼しました<(_ _)>

この記事に

開くトラックバック(0)

毎度ボリ兄です!

夜勤明けにグレ釣り行ってきました!

同行はクラブメンバーで見老津の常連せいじくんです。

夜勤中にエサ買いに来たセイジが大崎行こうよと急遽決まっての釣行です。

私自身白浜のジョウモン周辺の磯は好んで行かないのですがまあお付き合いということでw

朝先に行っているせいじを追いかけるように8時前に到着。

まだ釣れていないということで準備にかかります。

大崎の低場にせいじ、わたしは高場向きに釣り座を構えて準備開始です。

生オキアミSサイズのサンプルと集魚材オリジナル2キロと前回の余り物集魚材少しです。

サシエサも3キロから取っています。ボイルも少しありますが殆ど使わずでした。

定番の2ヒロハリスで様子見です。

竿:プロテック1.5-53 リール:デスピナ

道糸:1.75 ハリス1.5号 共に東亜ストリング

鈎は



愛用中のマルチ5.5号

ウキは釣太郎の390円ウキ斬獲0〜00

一投目で釣ったるぞ!とせいじ君に吐いてその一投目・・・

イメージ 1



マジで釣っちゃいましたw

せいじもグレゲット!

イメージ 2

イメージ 3



仕掛けとマキエ超同調させてファーストフィッシュ頂き!その後はサンノジ、アイゴ、グレ追加したところで上りの潮が強烈になり釣りになりませんレベルに。ウロウロして数時間後に沖の本流にウキグレが出てきました!

低場から遠投しますが全く合いません。

って言うかこの浮きグレの釣り方全く分かりません。

いままで浮きグレ釣ったこと無いので・・・・・・

むしろ、サシエがん無視・・・・・

気分を変えるために高場へ移動してコレでもかって言うほど超遠投!

しかしグレの群れに入ってもガン無視・・・・・

湧き上がり、本流筋、鏡、潮目、引かれ、などウキの流れ方、マキエの流れ方、グレのコースを良く観察し一つづつ潰していってようやくグレが口を使う場所を発見!

それからは狙ったコース入ってマキエが届けば喰うという状況でしたがマキエ切れと納竿時間が迫っていたのでせいじ君呼んで最後の1匹釣り上げて納竿としました!



狙う場所さえ見つければ後はマキエとあわせて流していくだけ。

流す際に道糸の管理は怠ってはいけませんね。コースから外れちゃいます。

浮きグレの釣り方少し分かったので良い釣行となりました。

イメージ 4

殆どのグレが35〜38cmと良型揃いでした。


でもやっぱり渋い釣りで磯回りで釣る方が面白いですね。

浮きグレ釣ってもあんまり上達するって感じじゃないので・・・・

この記事に

夜勤前に学校の振り替え休日で休みだった小学校4年の次女うなちゃんを連れ出して近くの磯へフカセ釣り修行へと出かけてきました。

うなちゃんは1年ぶりぐらいの釣りです・・・・たぶん・・・・・

堤防ばっかり嫌やから磯へ行きたいということで子供でもいける天神崎のとなりの元島へ行くことに。

狙いはあわよくばチヌ・グレでフカセ釣りです!

エサの準備も一緒に混ぜ混ぜ、手伝ってもらってフカセ釣り開始です。

うなちゃんタックル:3.6m竿、スピニングリール、道糸2.25号、ハリス1.75号、ウキは自分で選んだBウキ

私:プロテック1.5-53、デスピナ、道糸1.75、ハリス1.5号、ウキはG5

釣りガールうなちゃん釣りスタート!

この日は風もきつく背中に受けれる湾向きでスタートです。



本当に久々のフカセ釣りでしたが、前にチヌ釣り行った時よりうまくなっているw

右利きの右手竿、リール左巻き、マキエサ撒くのは利き手じゃない左手なのにめちゃ上手!w


手前はエサトリのフグが多かったので遠投気味で!と言っても投げてマキエサも近くに投げれるし・・・あれ?いつの間に?(笑)

なんか非常に嬉かったですw

風もあるので投げたら竿を下げて、という指示もこなしてくれます。


エサ付けから投入、マキエ、合わせまできちんとこなしてくれてアタリ!
アカジャコでしたが一人で最初からやって釣り上げれました。

釣りの中でもやることが多く難しいフカセ釣りですがしっかり身についていっています。センスあるな。(笑)

私もま隣で竿を出しますが中々うなちゃんのようにアタリがないw

ようやく出たアタリは重量感がたっぷりでかなり大きい!

足元に寄せてくるとなんとグレ!それもかるく40cmオーバーw

足元の割れ目に一気に突っ込まれた瞬間切れましたがこんな所にいてるんですね〜〜



12時まで残り1時間!うなちゃんは昼から習い事の練習に行かないといけないので12時には切り上げて帰らなければ間に合いませんので・・・・

風が強く少し釣り難いが先端へ移動し最後のチャンスに掛けます。

水深もあり風による潮目もあるので期待大!

私にすぐにアタリがあり35cmほどのヘダイゲット!

その1匹で私は納竿!

うなちゃんに大きな魚釣らせたいのでうなちゃんの竿で私が仕掛を投入。
ラインメンディングは私がやり、マキエサは撒いてもらって怪しい前アタリがあるのでうなちゃんにバトンタッチ!

バトンタッチしてすぐウキが勢いよく消しこみうなちゃんバトル開始!

何度も突っ込まれながら、ドラグがじゃんじゃん出されながらもしっかりと竿を立てて対応。


あがってきたのはパパが釣ったよりも大きい45cmクラスのヘダイでした!

イメージ 1



さっすが年無しチヌ一人で釣れる腕前の持ち主や!w

おめでとう!

ってな事で時間が来たのでこれにて終了!

この魚食べるというのでお持ち帰りすることに!

後片付けと釣り場清掃してキーパーに海水はって重たい荷物をがんばって運びましたとさw

ふた晩寝かせて刺身に!
美味しいと食べてました(*•̀ᴗ•́*)👍

そりゃ、自分で釣った魚は美味いはずよ!

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事