It is for dreams to come true

2017年から高村監督の指導を受けながらラバネロに所属

全体表示

[ リスト ]

・大会名 第40回チャレンジサイクルロードレース 

・日時 2015年4月5日(日)   

・会場 静岡県・日本サイクルスポーツセンター 

・気温 約12度 

・コース状況 霧雨でウエット 

・距離 5km×3 4周回目の秀峰亭ゴール19km 

・リザルト(順位・タイム・タイム差他)
順位17位 
タイムは39分20秒50 
トップ差は4分09秒 35 

・前日の就寝時刻 23:30 

・起床時刻 3:30 

・レーススタート時刻 14:00 

・ウォームアップ開始時刻とその内容 
現地に7:00過ぎに到着し、8:15から試走を1周行う
13:00から30分ほど固定ローラーで行う 
10分ほど軽く回して心拍数を徐々に上げていき、最高165まで上げてダウン 

・レース目標 
順位を一桁狙い 

・レース戦略 
最初の右コーナーを抜けたら惰性を使いながら上る。 
そこで、先頭集団の後方をキープして走る 

・戦略上で注意すべき選手 
集団ができれば、そこの選手全員。 
強い高校生や大学生の走り方が読めない部分もあるため 様子を見ながら走る 

・レース前の食事(内容と戦略) 
菓子パン2個、スポーツドリンク、薬局で購入した安いカロリーゼリー 

・スタート時の覚醒水準(集中力) 
集中はそこそこしていた 

・レースの内容を簡潔に。 
スタートして最初の左カーブのあたり8番で入る。 
集団のスリップストリームと惰性を使って上るつもりだったため、フロントギアはアウターの 
ままで上りに入る。 
ダンシングで勢いをつけたRGJ須藤 むつみが自分の前に入るが、詰まる感じになってしまい 
回転を数秒間緩めてしまい失速。その間に一気に抜かれる。悔しい!アウターのままだし焦らず 
冷静に走りつつも「やばい!勢いがなくなって脚を使ってしまう。」と思っている間に10人くらい? 
に抜かれてしまう。走りながらがっかり・・・マジかぁ・・・ 
先週のレースの反省で、ここの走り方はイメージ出来ていたし、朝の試走でも上手くいったから
なおさら悔しい。
前方が詰まり選手で走路もなくなってしまい、仕方なしに左側にそれるが、惰性もなくなり空気 
抵抗を思い切り受けてしまい、脚が一気に重くなってしまった。 
みるみるうちに集団が離されていってしまう。集団を目視できる間は追いかけてみるが、結局 
追いつかなかった。悔しい! 
しばらくすると、完全にばらけてしまったため、自分のペースで淡々と走る。 
 
イメージ 1
先週の反省点が2周目以降中だるみしてしまったことだったので、きつくてもとにかく諦めずに 
集中して最後まで脚を回した。 
1人の高校生と抜きつ抜かれつつを繰り返していたが、3周目に入ると集団からこぼれた選手が 
数人いたため拾った。 
応援の人が順位を教えてくれた。順位を聞くと悔しくて悔しくて仕方がなかった。
 
イメージ 2
それでも、最後まで走りきらねば!
最終周は右のふくらはぎが攣りそうになったが、最後まで気を抜くことはなく走り終えた。
 
 
昨年のリザルトを見ても分かるように、トップ選手のタイムも上がり、平均スピードも 上がっている。
女子のレベルがここ1年でさらに上がっていることが分かる。
 頼もしいことだ!

・レース後の痛み・違和感・機材などの不具合 
全身の疲労感が半端なかった。 
上りの際に、脚を回すより踏んだしまっているような違和感を感じてしまうので、写真を見てポジション 
を修正する。⇒昨日、修正し終わる 

・今回のレースで準備が足りなかったと思われる点(トレーニング、体調管理、機材、その他)  
集団に着いていけるだけのダッシュ力が足りないのか? 
ロードレースの経験とウェットになると下りの時に恐怖感を感じてしまう。 

・上記の内容から今後のトレーニング内容を簡潔に。 
全日本選手権までに持久力、スピードをつける。 
女子のレベルが上がっていることが実感できたレースだった。したがって、本気で練習しても
上位に入るのは難しいだろう。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事