愛はさだめ さだめは死

頭の良い人になりたい。
頭の良い人になりたいんだ。
IQテストやってみたら130でした。
え、嘘だろ、メンサ入れんぢゃん、と思って別のIQテストやったらフツーに馬鹿でした。
トミーです。


最近トミーがハマっている遺伝子コード。
謎が謎呼ぶ遺伝子コード。
少し前から赴く先々で大塚愛ちゃんのチューリップの歌流れてて、なんでいつもこの曲ー、と奇々怪界だったのですが、あれはトミーへのメッセージだったみたいです。
遺伝子、おい、お前、遺伝子チェキら、みたいな。
歌詞に、謎、遺伝子、てゆーのがあって、どうやら遺伝子の歌みたいだったのです。


最近のブログ、メンヘラ日記ですね。
しょーがないんですよね、メンヘラなので。
音楽の事とか書けるといんですけどね。
トミー、音楽、よく分からないもので。


遺伝子コード というのはアルファベットと数字の羅列なんですが、最近友人から勧められた本で、遺伝子コードの還元に関して書かれてるものがありまして、一気に興味を持ってしまったんです。

例えば、花粉症のお方。
花粉症の遺伝子である「CD79A」「IL10」というコード。
これを唱えるだけで治っちまうという不思議ティックルネサンス。
何これ、おもしろーい、と思って唱えてみてます。
唱え方はググると出てくるよ。


トミー、ここ最近メンヘラ激しいので何か、何かココロが楽になる呪文はあらぬかのう、と調べていたら、
愛の遺伝子
というのを発見しました。
愛を排除する、というやつです。
この場合の「愛」は悪いヤツです。
愛故の無意識が働き、己が生きにくくなってしまう、というやつです。
愛が悪いやつだったなんて。
信じていたのに。
てな、わけです。
この遺伝子、失感情症だとか、アルコール依存、衝動制御障害てな奴らと関わり深いらしいのです。
「ANKK1」という遺伝子。

例文です。↓
父親が親戚に騙されて闇金に借金させられ会社がどん底になった時に、車で一家心中を図った。
その時に3歳の子供が「お父さん!自殺したら地獄に行っちゃうんだよね!」と言った。
もちろん3歳の子供には「自分と家族を救う」という自覚は全く無かったと思う。
ただ単にふっと頭の中に疑問が湧いてきて、それを口にしてしまっただけ(これもこの子の遺伝的な特徴)。
3歳の子供の無意識さんが家族とその子のバランスを瞬時に取った。


というやつです。
無意識「愛」が働いて自己犠牲を図る。

トミーは、この遺伝子が強いように思います。
なので、この遺伝子を還元しようと、日々唱えています。



それが愛なら、愛など要らぬ。(ex サウザー)

この記事に

開く コメント(0)

イタコセッション

イメージ 1



ハチャッ、とハチャめいて、とある場所に行って来ました。
イタコのイタい子、トミーです。

なまずを食べに行って来た訳ではないのですが、結局なまずは食べました。


イメージ 2



通過地点の栃木県で、なまずの天ぷらやら、開運うどんやら、スイーツやらを喰い散らかしながら向かった地は茨城県。


トミーは、天狗様に会いに行ったのです。
ある晩、トミーの夢枕に天狗様が立っておられたのです(嘘)。
ド嘘ではないのですが、トミーのヤル気の無さを救ってくださるのが天狗様と感じたのです。
その昔、天狗様の夢を見たりだとか、幼き頃、天狗様関連の書物を興味深く読んだりだとか、うる星やつらに出てくるクラマ姫を可愛いなと思ったり、東の方角を向いて歯を39回噛み鳴らし、臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前と、唱えたりしていたのです(これは実話)。
山伏志願者なのです。
一寸 get a note なのです。

天狗様を祀っている神社を調べていて、あ、此処、行きたし…と思う場所を直感でチョイスして赴いてみたのです。


イメージ 3


大杉神社という場所です。
着いてすぐですが、とりま、おトイレを拝借しに行きますと、

イメージ 4


ファッキン綺麗なトイレット。

イメージ 5


なんぢゃ、この美しい個室は。
シャンデリアて。

イメージ 6


オーマイガッシュ。

イメージ 7


つか、中に天狗様おるし。


しかも、たまたま選んだ個室が、天狗様の壁画でした。
他のお部屋は、蝶々だとか、金魚だとか。
たまたまぢゃねえな、これ、やっぱ。
呼ばれてるし。
天狗様に確実呼ばれてるし。

と、勝手に信じ、御参りに向かいました。


イメージ 8


杉の木が、そよそよ。
トミーは、杉の木にハグすると涙が出るほど安心な気持ちになるので、ハグりたかったのですが、囲ってあったので、トミーのような邪念の塊魂は近づく事が出来ません。
だがしかし、杉は語る。
風の音を聞け、山の音を聞け、五感を感じろ、と。
そよそよ。


参拝を終えて御朱印を貰いに行くと、社務所の女性が話しかけてきました。
貴女をお見かけした時に、どうしてもお話しなくてはならない、と思いまして…と、トミーに天狗様の話をされたのです。
この大杉神社が日本で初めて天狗様を祀った場所である事も教えて頂きました。
彼女は、トミーに何か感じたようで、杉の木に天狗様がおられるので、そちらに寄ってみてください、と。

てっ、てっ、てっ、
天狗様が、女性を介してイタコっている。
と、勝手に、また良いように信じだしました。

そうなのです、杉の木の下で、トミーは天狗様の声を聞いたのです。

まぁ、不思議。
今回の旅は、まぁ、不思議。


そして、実際、潮来(いたこ)市という場所にも寄りまして、天皇陛下御在位三十年記念ダムカードというやつを貰いたくてですね、ダム管理出張所に寄ったのです。
霞ヶ浦(北浦)というカードが欲しくてですね、寄ったんです。
そんで、まぁ、フワッとしたおじさんがフワッと対応してくれて、無事ダムカードを貰って帰路についたのです。

その場では確認していなかったのですが、家路につきカードを見てみると、霞ヶ浦(西浦)とあるんですよ…。
あれ、北浦貰いに行ったのに…。
西浦カードは別エリアで既に貰っているのに…。
と、のちにカードを頂いた場所に確認の電話問い合わせを致しましたら…
こちらでお配りしているのは北浦のみで西浦を配布するということはありませんし、昨日は女性の方はみえてません、と言われました。
ちょ。おま。うそ。まぢ。
え…わたし、生きてる?透けてる?大丈夫?
わたし…いったい何処に行っていたというの…。
お稲荷さんも見たから…狐につままれたというの…。
それとも潮来市の磁場だというの…?


そういえば…西…というワード…。



帰りに牛久大仏さんにも寄ったのですが、

イメージ 9


夕陽と大仏さん撮影するのに、とにかく西に行こうぜ、西に行けば良いのが撮れる、と、西を連呼していたのを思い出しました。
ちょ、まてや。
西に沈む夕陽撮るのに、なんで西に行くんや。
あの時は、とにかく西西言っていたのです。
取り憑かれたように西西と。


西

というエネルギーは、過去の傷みを払拭して未来に進め、というもので、どうやら天狗様からのメッセージだったようです。
天狗様からのトミーへのエールです。

嗚呼…天狗様…。



遺伝子コードに興味を持ち始めてから、不思議な事ばかり起こります。
まぁ、生まれた時から不思議な事ばかりですが。
嗚呼、守護愛が止まらない。


わたしはあなた。
あなたはわたし。
分離感は一体感。



さて、次回のライヴは、3月24日 日曜日 前橋ルビーチューズデーにて。
何か再び、不思議が起こるのかしら。
不思議体験、アクセラレイターズ。

この記事に

開く コメント(0)

最近、人工知能の事ばかり考えていて、とうとう母親をアレクサと呼び始めたテクノロジー担当トミーです。
おこんばんは。


今日は天皇陛下御在位三十年記念ダムカードを貰いに、秩父に赴きました。
知人から、そういうダムカード今配ってるんだよー、と情報を聞いた翌日に、姉からタイムリーなお誘いがあったのです。
前日から軽くワクワクしちまって、秩父だ、秩父だ、わーい、と楽しんで来ましたYO!


イメージ 1


あ、しょっぱなから、なんだか不穏。
トミー、昔はダムが怖ぁて、怖ぁて、ダムまで行く道のりも怖いし、ダム湖も怖いし、だがしかし、父親がよく園原ダ厶のある薗原湖で釣りなんかに出かけていたので、幼き頃一緒に付いて行ったりしてたんですの。
出るんですよ、ええ、出るんです、何かが。
そんなんもありながら着いた本日の浦山ダム。
なんかね、石の打出の小槌みたいの像があって、それ握りながら願い事すると叶うんだぜ、みたいなやつが、この穏やかでない看板の並びにあったのですよ。
それなんで、早速にぎにぎして、お願い事してきました、
毎日面白い出来事に遭遇しますように🎶と、日常のオモシロ奇跡を願いました。
したら、今日1日終始なんでも面白くてエラが痛かったです。
やべー、早速叶ってんぢゃんつんで姉に言われました。

見るもの全てが面白い。
私の脳内も面白い。
面白いものがあれば、そこは共和国。

そして、二瀬ダムにも立ち寄り、カード貰いに管理所行ったのですが、お姉さんが神対応で気分清々、スガシカオでした。
だいたい、管理所の塩対応の中、素敵な気分になったので、良い方にフォーカスするわ、と、何時になくポジ脳なトミーの1日でした。

イメージ 2


これが天皇陛下仕様ダムカードだ!
うひうひ、素敵。

すんげえいっぱい、100枚超配布しているとのことで、それはちょっと回れんけど、とりあえずゲットしたのでホクホク。


今日は笑いすぎて息が出来なくてしんどかったのですが、久々にクソワロタ。
なんか、ずっと笑ってるのも、よいぢゃねえな、とも思いました。

帰宅して、断捨離しよー、と思って、色々整理したら昔書いた自分の絵日記が出てきたのですが、辛いに1本棒を足してごらん、と書いてありました。

辛い向こうに幸せがあるのね、と少し賢くなりました。


笑う門にはホスピタル。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1



はい、確定。
こらぁ、多分、インフルエン座って星座ぢゃないかな?
見たことあるし、図鑑とかで。


こんばんは。
先程まで熱に気づかず喫煙して烏龍茶しばいてたトミーです。
熱とかはボンヤリするくらいだけど、骨盤の調子悪くて腰の方が痛いです。
あー、エアウィーヴとか、そういった高級マットレスが欲しいわー。
優しく反発してくれるお布団が欲しーわぁ。


夜間病院とか金高いし、運転出来る気はしないので、とりあえずベッド・インする事にしました。
そんで、暇なのでブログ書きます。

メンタルが病んでたので、罹患するかな?と思ってたら、やはりなりました。
日中はネガティブシンキングしてて、怨みと怒りと呪いと自虐で死にそうな程脳味噌がネガティヴだったのに、熱が出た途端、2歳児くらいの無邪気な脳になりました。
トミー、熱出てる方がメンタルの調子いんすよ。
たまに苦しいとガンジス川見えますけどね。
これが私が天から頂いた本来の脳みそなのじゃないかしら、心地良い、と思います。


精神疾患は常日頃、なのですが、これね、あたしゃ、数年前から脳の病気だろ?
これ、想い癖だろ?
と思い始めました。
そして同時に、トミーはチビッ子の頃から扁桃肥大なので、熱が出る時は高熱出ちゃうなぁ、扁桃腺て何やねん、と思いました。
42度超えして、体温計にエラーって表示された時はまぢかいな、と思いましたが。


常日頃から身体の不調を訴えている臓器を、東洋医学的、スピリチュアル的視点からトミーは見ているのですが、偏っているわけでもなく、勿論西洋医学も必要ですので、併用が好ましいかな、と思います。
で、先程「扁桃」を調べてみたら、
子供の頃にされた事で許せていない事がある
という心の象徴が扁桃の不調という形で出るらしいです。
そして喉は第5チャクラ(声帯)と深く関係しているので、何か発言を我慢していたり、或いは暴言を吐いたり。
そんな時は、この第5チャクラが乱れているようなのです。
そして、また、
自分の能力を制限している
という時にも、その症状は表れるらしいのです。

子供の可能性は無限大。
ですが。
ウチの家訓は、
普通が1番
というやつでした。
若い目は潰す、というのが母のスタンスで、これやりたいよー!という事が母の意にそぐわないと潰される、という典型的な保守システムです。
でも、私のやりたい!と思う事は、母は応援してくれましたし、英語も絵も応援してくれました。
学校も出してくれました。
それは本当に感謝してますし、良い経験をさせてもらったと思っています。
留学もさせてもらったしね。
ただ、1つだけ潰されたのもの、それは…。
音楽。
歌う事です。
まぁ、潰しがきかない、という将来の懸念もあったのでしょうが。
音楽家とか、狭き門やで。
オマイのような奴に音楽は出来ん、と。
まぁ、音楽を仕事にしようとは流石に思いませんでしたが。
趣味のバンド活動も制限されていたので、プチストレスでして。
そして、何よりもまず、発言する事を赦されませんでした。
口答えすんなよ、の独裁政治です。
子供の頃は、語彙も知らず、伝える事、というのがとても困難な事。
母は、それを理解していないので、なんとか言いな!
の圧です。
全国のお母様方、結構やられてしまっているのではないでしょうか?
考えてもごらんさい。
あんたより、どんだけ歳下だと思ってんの?
経験値が、どんだけ少ないと思ってんの?
生まれて直ぐに二足歩行で、天上天下唯我独尊とでも発すると思ってんの?
てな話です。
子供を導くのは先に生まれた者の責任だと、私は思っています。
私の母は、私の目線に降りて話をした事はありません。
仕事を持っていたし、忙しかったし、仕方がありませんが。
特にトミーは、発する、という事が恥ずかしくて、なかなか声に出せない子供でした。
今は、まぁ、よう喋りますがな。
母親も、そういった人で、父親が初めて母に会った時、この女おしか?と思ったそうです。
発話障害の失礼な言い方です。
遺伝もあるのでしょうが、とにかく人見知りだわ、引っ込み思案だわ、のトミーさんで、歌う事は好きだったけど、お絵描きしてる方が良くて、ずーっと静かに絵を描いている子供でした。
そして、今回のこのお熱は、ただただのお熱ではない、意味を解明しなければ勿体ない!と、やっと思えたトミーなのです。
熱に魘されながら、よう文章書いとるな、とナウ思っていますが、もう殆ど、自動書記です。

トミーは言語が好きです。
日本語は苦手ですが、外国語が好きなのです。
最近、英語教室なんか行ったりして、改めて感じています。
楽しいな、と。

そして、先日、

イメージ 2


ダリオ・アルジェントのリメイク映画
サスペリアを観て来ました。
監督がルカ・グァダニーノ、音楽がトム・ヨークという事で、こら観ねばならぬ、と赴きました。
私は、その頃小中学生頃で、お話の内容を殆ど忘れていたし、リメイクと言う事で、見終わった後も珍糞漢糞な部分が多多有りました。
舞台はベルリン。
言語は英語、ドイツ語、フランス語。
舞踏団のお話なのですが、魔女というワードも出てきて、言語もさながら、こら民俗学も知らんとな、宗教的な事も時代背景も知らんとな、と思いました。
そして、原書で読んでみたいなぁ、と思ったのです。


私の聖地、ブックマンズアカデミーに赴き、まず手始めにカフカの変身を購入してみました。
手始めどころぢゃない本を購入してしまいました。
家路につき、翻訳を始めると、あまりの自分の単語力の無さにオッタマゲ。
2ページ読むのに、どれだけ時間がかかったことか。
でも、それが逆に楽しくて、わぁ、勉強してるっぽーい🎶とグーグル翻訳片手に学生時代を思い出しました。
今の学生は便利だなぁ。
グーグル翻訳あって、いいなぁ。
トミー、勉強好きだったんですよ。
ヒャダインみたいでしょう?
ほんで、そんなこんなで、自分のブログ遡って読み返したり、偶然テレビ観てた時の内容だったり、今回観た映画。
そう。
ドイツ
なんです。
キーワードは、ドイツ、なんです。
確かに私は、NHKのドイツ語講座で、ぜってーこれ使わない、というセンテンスでしたが、そのまま丸覚えして発音してました。
歯触りというか発音した時の口の気持ちよさが素敵…うっとり…みたいな感覚がありました。
そこからドイツに行こうとも、ドイツ語を習いたいとも思わずにいましたが、今、遅ばせながら、ドイツの波が、トミーに押し寄せているのです!

以前、秋葉原の市で、綺麗な紫色のランドセルを背負った長身のドイツ人カップルに話しかけられ、会話がとても楽しかったのを覚えています。
言語は英語でした。
伝わるって、こんなに気持ちいい!
トミーが、あまり日本語を好きでない理由は、日本人は、あまり人の話を聞かないからです。
普段発言したい事も発言出来ぬストレスからか、プライベートでは一方的に自分の話したい事だけを話す人が多い印象です。
外国に行っていた時に、尚更感じました。
外国の方は、この人英語喋れないんだな、と感じたら、1つ1つの単語を丁寧に聞き取ってくれる印象。
待っていてくれる。
汲んでくれる。
私は、小さい頃、日本のそれが嫌で、外国語に興味を持ち始めたのだと思います。

ベルリンの壁が崩壊したように、トミーの壁もブチ壊すのさ。
どどいつー。

けっこー長文書いたけど、お熱はまだ続く。
あー、頭いてー。
暇ー。

この記事に

開く コメント(0)

海抜1300メートル

おでんを煮ていたら、蓋がお鍋にスッポリはまって、さぁ、大変。
ヤフー知恵袋のベストアンサーを試しても取れなかった蓋が、天の声が囁いたお告げ通りを実行したら蓋が取れて狂喜乱舞の、奇跡の女トミーです。


トミーは本日で44歳に成りました。
鍋の蓋も取れて、穏やかな気分で誕生日を迎えられた、この幸せを噛み締めています。


トミーの誕生日イヴ、つまりは昨日なんですが、久々のファンタジージャパンでライヴでした。

イメージ 1


ハリ兄、かっちょいー。


いつもよりラウドな感じで、かっちょよかった、とアクセラメイツ様々から、お言葉を頂きました。
トミー本人も、めちゃんこ楽しかったです。
物凄く間違えたんですが、悲しい気持ちにならずに一切を楽しめたのです。
それは、何故かって。
それはさ、
アクセラメイツのミンナが居たからさ。
昨日はマーキーちぃさんも来てくれて、トミーのテンションはマックス。
嬉しい、楽しい、大好き!
てなわけ。

トミーのデビュー戦は、ここファンタジーで。
デビューしてから3年以上経ったわけで。
トミーの初ステージには、みーんなが来てくれて。
アクセラ始まって以来の集客…とハリ兄がMCで言っていたの思い出したよ。
10人くらいは来てくれてたんぢゃないかしら。
ほんとに心強かったんだよー。
それ思い出したら昨日は泣きそうになるエモンだったよー。
そんなアクセラメイツ達の為に、もっと良い演奏をしてゆきたい、とココロに固く誓うトミーだったのです。

ずぅっと、ずぅっと、毎回来てくれるおけいちゃん。
ココ最近では、よっぴーさんや、ねこまさん。
アクセラメイツが増え続けてるやんけっ。
て、思ったら感謝死にしそうになった。
もっともっと楽しんで頂けるアクセラちゃんに成っていきますとも。


イメージ 2


ねこまさんに撮って頂いたイリュージョントミー。
召喚感があって気にいってしまいました。
ねこまさん、ありがとうー。


兄達とベースボーカルについて話していた時、スティング降ろせばいんぢゃね?って話していたけど、スティングまだ死んでないよ、と兄達に言われました。
ポールも死んでないよ、と兄達に言われました。
死んでない人降ろしたら、その時間本人達抜け殻なのかなぁ?
でもでも、とりあえず。
ベースボーカルは難しい。
難しいけど頑張るの。
慣れる程に歌い続けるの。
トミーは天才じゃないから。
うん、でも。
天才でなくて良かった。
天才でない人は苦悩知らず、孤独知らず。
天才って憧れたりしたけど、
まぁ、トミーは幸せな凡人です。
やるっきゃない、に尽きます。
だから、やります。


海の底は意外と明るくて、意外とあたたかい。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事