しらやま・さかぐち水辺の日記

水辺と生き物を守る農家と市民の会です。福井県越前市白山・坂口地区の里山を紹介します。

全体表示

[ リスト ]

すすめ!中耕除草機

先日の田んぼファンクラブの草取りからわずか1週間。
田んぼのオーナーの山口さんから電話がありました。
今から「田んぼにチューコーキ入れるでの。」って。
イメージ 1
あの日の苦労は何処に…。コナギのスサマジイ生命力&繁殖力に脱帽です。
前回の努力も空しく田んぼの草の「コナギ」の勢力衰えず、繁茂しています。
イメージ 2
中耕除草機で稲株の間の土を起こし、かき混ぜ草を浮かせます。土の中にも入り込ませます。
イメージ 3
前から見るとこんな感じ。

去年はあまり草が生えていなかったのですが、同じ田んぼなのにどうしてこんなにも違ってしまうのでしょう。

農法部会の恒本会長のお話によると、「タイミングが大事」とのこと。
代かきをしたら3日後に田植えをする。
他にも理由はあるそうですが、タイミングを図って適期を逃さずきちんとすれば草は生えないのだそうです。

「コウノトリ呼び戻す農法部会」は発足してから3年目です。まだ農法が確立していないのが現状です。
田んぼの生き物を生かしながら、またその力を活かしながらの無農薬・無化学肥料の米作りです。
有機栽培は自然が相手なので難しく、同じ事をしても田んぼによって、場所によって、同じ結果にならないこともあります。
誰でも取り組める農法を部会の皆さんは試行錯誤、暗中模索の毎日です。
まだまだ成長途中、可能性を秘めた発展途上の農法なのです。

イメージ 4
暑い中、たんぼの一辺を動かすだけでも汗だくの作業です。
イメージ 5
機械が通過した重みで稲が倒れていますが、チャンと起き上がってきますから心配無用です。

今日は、効果のほどを見る為、田んぼの4分の1くらいだけやっていただきました。手植えのために株間が狭くて、機械がはいらないという理由もあるのですが…。



そして、さらに4日後…
イメージ 6
分かりますか?右半分が機械が入ったところです。
イメージ 7
機械を入れたところはコナギが少なくなっています。それなりの効果はありました。
機械を入れてない部分の草が良く育っています。

まだまだコナギとの戦いは続きます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事