始源流原始占い

2011年10月19日ブログ始めましたので2年目が過ぎ3年目へ。訪問者の皆様に感謝します。

全体表示

[ リスト ]

エボラ恐怖にパニクる米保守派の妄言ツイート

'Attack Patients with Napalm to Defeat Virus'
 
「患者を焼き払え」などと触れ回るエボラそのものよりはるかに危険な愚か者
 
2014年10月8日(水)17時20分   newsweekjapan.jp
ルドビカ・ラチノ
 
「エボラに勝つためには患者を焼き払わなければならない」
 
──ツイートでこんな妄言を吐いたのは、サウスカロライナ州の元共和党幹部で保守派のトッド・キンカノンという人物。
 
 当然のことながら、これには怒りのツイートが巻き起こった。西アフリカで拡大するエボラ出血熱の感染は今やアメリカやヨーロッパに飛び火し、世界保健機関(WHO)ではこれまでに少なくとも合わせて7000人が感染したと報告している。
 
 キンカノンは今週、エボラについて許し難いツイートを連投した。
 
──こうなったら感染した村を空からナパームで焼き払うしかない。エボラに他の対策は無い。
 
──誰かがもし病気から回復してもウイルスは持っている。そいつも家も焼き払わなければダメだ。同情は破滅を招く
 
──エイズ、マールブルグ病、エボラ出血熱、西ナイル熱......なんで気持ち悪いウイルスはいつもアフリカから来るんだ?
 
 さらにキンカノンは、西アフリカでエボラに感染した疑いのある人物は、カメラマンだろうと医療関係者だろうと
 
「何のためらいもなく」
 
殺すともつぶやいた。
 
──(『エボラ患者が全員死ぬわけではない。帰国した医療関係者やカメラマンも殺すというのか?』と聞かれて)何の躊躇も無い。
 
 また、医療関係者はエボラ患者の治療を拒否すればいいとも言っている。
 
──自分が病院で働いていたら、エボラ患者の治療はお断りだ。病院関係者も全員、拒否すればいい。
 
──簡単な話だ。一番多くの命を救えることをすればいい。エボラ患者の治療はさらに多くの無関係の人々の命を奪っている。
 
 当然ながら、キンカノンの発言に対しては「暴言だ」という怒りのツイートが多数寄せられた。
 
──キンカノンの愚かさはエボラと同じくらい危険。彼も隔離するべき。
 
──(キンカノンは)何にでもツイートして炎上する有名な人......今度はエボラで炎上してる。
 
 ツイートの反応通り、キンカノンが炎上するのはこれが初めてでは無い。
 
昨年彼は、フロリダ州で自警団の男に射殺された17歳の少年トレイボン・マーティンのことをからかい、批判を浴びた。
 
 この他にも、性転換した人たちは収容キャンプに入れるべきとか、イスラム教徒は「コロンブスの発見以前にアメリカにすみついていた野蛮人」と同じ扱いを受けるべきなどとつぶやいたこともある(このツイートは今月1日に出されたが、その後削除された)。
 
 西アフリカでは、これまでにエボラ出血熱に感染した3400人が死亡している。
 
今月に入ってアメリカのテキサス州でも男性1人の感染が確認され、スペインではアフリカ大陸以外で初めてエボラに感染したとみられる看護師を含む4人が病院に入院した。
 
 エボラへの感染は、患者の体液などに直接接触して起こる。
 
最近では「空気感染」するという憶測も出ているため、WHOは「空気感染しない」ことを周知して、無用なパニックを起こさないよう呼びかけている。
 
 
米エボラ患者死亡、経過観察中の48人症状現れず
 
 
2014年 10月 9日 04:13 JST[ダラス 8日 ロイター]
 
米国内で初めてエボラ出血熱への感染が確認され、テキサス州ダラスで治療を受けていたリベリア人男性患者が8日、入院先の病院で死亡した。
 
テキサス・ヘルス・プレスビテリアン病院の広報担当者は、電子メールで声明を発表し
 
「トーマス・エリック・ダンカン氏が今朝7時51分、永眠されたことをご報告せざるを得ず、深い悲しみと失望にたえない」
 
と述べた。
 
保健当局の発表によると、男性と直接的、間接的に接触した約48人については経過観察が続いているが、これまでのところエボラ熱への感染を示す症状などは見られていない。
 
米ホワイトハウスは同日、エボラ出血熱の感染拡大を防ぐため、国内5つの主要空港で到着客に対し検査を実施すると明らかにした。
 
ただ今回死亡した男性は入国後に発症していることから、空港での検査などの有効性に疑問を呈する声も上がっている。
 
 
エボラ患者の飼い犬を殺処分、助命の願い届かず スペイン
 
CNN.co.jp 10月9日(木)15時31分配信    headlines.yahoo.co.jp
 
(CNN) スペイン・マドリードの保健当局は9日までに、同国でエボラ出血熱に感染した患者の飼い犬を殺処分したことを明らかにした。
 
殺処分されたのは、隔離された看護助手テレサ・ロメロ・ラモスさんの飼い犬「エクスカリバー」。
 
保健当局によると、エボラに感染した疑いがあると判断し、鎮静剤を投与して安楽死させた。死骸は定められた手順に従って火葬される。
 
エクスカリバーを巡ってはインターネットなどで助命嘆願運動が行われ、署名運動サイトには約40万人の署名が寄せられた。嘆願書では
 
「患者の夫と同じように、犬を隔離するのはずっと容易なはず」
 
と訴え、ロメロさん夫妻に家族の一員を亡くすことを強要しないでほしいと呼びかけていた。
 
飼い主のロメロさんはマドリード市内の病院の看護助手で、エボラに感染した患者を看護していて発症し、同病院で隔離された。
 
夫も観察対象となっているが、現時点で症状は出ていない。
 
世界保健機関(WHO)によると、アフリカではチンパンジーやゴリラ、コウモリ、サル、アンテロープ、ヤマアラシを通じてエボラに感染したという記録がある。
 
しかし犬がエボラの感染を媒介するかどうかについて確固とした結論は出ていない。
 
米疾病対策センター(CDC)が2001〜02年にエボラが流行したガボンで行った調査では、集団感染が起きた地域の犬の25%前後にウイルスの兆候が見つかった。しかし調査期間中に発症したり、エボラのために死んだりした犬はいなかった。
 
ただ、犬の排泄物やよだれが感染源となる恐れも指摘され、論文では
 
「感染しながら発症していない犬が人間のエボラ流行を発生させる可能性はある」
 
と記している。
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事