始源流原始占い

2011年10月19日ブログ始めましたので2年目が過ぎ3年目へ。訪問者の皆様に感謝します。

全体表示

[ リスト ]

地球の頂点としての日本と世界の雛型としての日本
 
(一)シュタイナーが語る地球上の日本の位置

   blogs.yahoo.co.jp/sakimorikeikan/64639494
 
 シュタイナーは、1924年9月9日から18日までの連続講義の中で、『地球の形と人体』と題して、地球を四面体のピラミッドとして認識した時、その頂点は日本になると語っています。以下に、その講義の一部を抜粋しておきます。
 
「地球は球体であり、球体として形成された、と言われています。しかし、地球が球体であると言うのは正しくありません。地球が実際には本来どのようなものか、説明してみようと思います。地球が球体だというのは、空想にすぎません。地球の形態を正しく描きましょう。四面体と呼ばれている形態です。四面体は、このように見えます。
 
三角形が四つあります。底辺に三角形があり、さらに三つ、三角形があって、ピラミッド形になっています。正三角形が四つ堺を接しているのが正四面体です。底辺の三角形の上に四面体が立っており、三つの三角形はピラミッド型をしています。これが四面体です。
 


 
(ルドルフ・シュタイナー遺された黒板絵 ・
          火山と正四面体の地球 より)  
  
さて、これらの正三角形の平面をいくらか湾曲させると、考えてみてください。そうすると、やや異なってきます。やや丸くなりますが、まだ固定されていません。直線だった正三角形の辺は丸くなります。こうして、丸くなった四面体ができます。
 
このように丸くなった四面体が、私たちの地球なのです。これは、ある程度まで確認できることです。地球四面体の縁を見出すこともできます。地球を平面図で描いてみましょう。
 
イメージ 1

北米・南米があり、その中間に中米があります。そしてアフリカがあり、ヨーロッパがあります。小アジア、ギリシア、イタリア、スペイン、フランス、つまりヨーロッパです。上にはスカンジナビア、イギリスがあります。それから、アジアです。
 
下に南極があります。南極のまわりには、たくさんの火山があります。上に北極があります。私たちは線を引くことができます。メキシコ南西部のコリマ山のあるアメリカ中央部から発して、アンデス山脈を通って、南極にいたる線です。地球の縁は丸くなっています。
 
つぎに、南極からアフリカを通って、コーカサスの火山にいたる線があります。それからスイスを通り、ライン川を越えていく線です。
 
これらの線は三角形に見えます。三角形が、四面体の底面に相当します。
 
 
イメージ 2

 四面体の底面のことを考えてみてください。私たちは、どのようにして頂点にいたるでしょうか。地球の反対側に行かねばなりません。
 
 そうすると、頂点は日本です。四面体の底面の三角形の角に中央アメリカ、南極、コーカサスがあります。そして、頂点に日本があります。
 
このように地球を思い描くと、宇宙のなかの、湾曲したピラミッドのようです。頂点は日本です。底面には、アフリカ、南米、大西洋の南部全体があります。このような湾曲した四面体、一種のピラミッドとして、地球は宇宙の中に存在しています。
 
これが、地球の元々の形です四面体を形成するこれらの線をたどって追っていくと、これらの線に沿って火山があるのが分かります。
 
チリなどにある南米の火山、南極の周囲にある火山について、みんさんは良く聞くことがあるでしょう。コーカサスには巨大な火山があります。
 
『ヨーロッパには火山は多くない。しかし、かつて火山があり、それが死火山になったことを、いたるところで証明できる』
 
と、いうことができます。シュレジエンの北からブレスラウへ向かうと、奇妙な弧峰があります。
 
今日の人々は、この山を恐れています。この山の岩石を調べると、死火山があります。さきほどは底面のみを描きました。いたるところに、日本に向かう線があります。これらの線に沿って、地表に火山があります。
 
重要な火山を描いていくと、地球の形態ができあがる、ということができます。火山が線をなしており、それらの線が地球が四面体であることを示しています。」
                                    



(自然と人間の生活)
 
「地球認識は人間認識と関連しています。人間は自分の形態のなかに、宇宙を模造します。人間は頭に宇宙を模造します。
 
ですから頭の上部は、丸い宇宙に従って、丸くなっています。
しかし下方、顎(あご)のあるところは、注目すべき形態になっています。そこの形態は三角形の地球に由来します。
 
 人間は丸い宇宙を写し取っています。ですから、人間の頭の上部は、多かれ少なかれ丸くなっています。そして下方には、地球の力が及んでいます。人間と動物において、顎の形成に当たっては、三角形が模写されているのが見出されます。顎の形態は地球に由来するからです。
 
地球から上方への作用が、顎に三角形を刻印するのです。宇宙は上方から下方に作用して、丸い形を作ります。これは非常に興味深いことです。」 
                                        (自然と人間の生活)
 



図3〜5(watarium.co.jp/exhibition/9611_schtainer)
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5

図6〜(plaza.rakuten.co.jp/5dolphin/diary/201101210000/)
イメージ 6
 
イメージ 7
 
世界の地震帯(iris.edu/seismon/)
イメージ 8

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事