瑞穂市文化協会洋楽部会〜気分はハミングMBK〜

洋楽部会の今年度の事業は終わりました。来年度の事業は随時お知らせします。

全体表示

[ リスト ]

瑞穂市文化協会洋楽部会主管のメイン事業「ファミリーコンサート」のプログラム表紙が出来た。
今年は、20回目。人間なら成人だ。
出演団体は、洋楽部会7団体(初参加のハーモニカも仲間入り)と最近は常連になっている「大正琴」「サクソフォン」「三味線」の他に今回初めての参加である「鍵盤ハーモニカ」を加えて、全部で14団体が参加される。

小学生から80代まで、市内中学校吹奏楽部など世代を越えて、ジャンルを越えて幅広い出演者による文字通りファミリーな「音楽祭」となっている。

また、市制15周年でもあるので、プログラム最後には「市民の歌」を吹奏楽で演奏してもらい、合わせて歌う、と言う趣向を凝らした企画となっている。
でも、第1回目から変わらないのはこの表紙。
「牛牧閘門」は、遺跡と呼ぶに相応しい佇まいだ。瑞穂市の貴重な遺跡がいつまでも大切に保存されることを願っている。と同時に、この「ファミリーコンサート」もずっと続いて行って欲しいなぁと願っている。
イメージ 1

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事