さかみはら色の雑記帳

こちらはHPとは別に設置した、さかみはらの個人的な雑記帳です。アニメ・漫画・ゲームの感想が中心になると思います。(ネタバレ注意)

聖闘士星矢

すべて表示

手代木版「冥王神話〜THE LOST CANVAS」が連載開始〜!

ランダム連載の車田版と同時進行(?)の形で連載開始した「THE LOST CANVAS」ですが、
ページや内容のボリュームから見ても、今後はコッチがメインになるんじゃないでしょうか?
…ということは、車田版を読んでる人は、ちゃんと手代木版も読んでおかないと、内容が把握
できなくなる可能性があるということ?…むぅぅ〜、秋田の策略…まさに恐るべし(笑)!
手代木版は、ストーリーも作画も、「エピG」ほどのクセがなく、読みやすい印象を受けました。
カラーの配色を見る限りでは、アニメ系が好きな作家サンなんでしょうかねェ…?
CG作画じゃないみたいだし、「エピG」に比べて白い原稿なので(笑)、読んでも疲れません。
ただ、同人系の絵なので、むしろ「少年マガジン」とかに載せた方が似合ってるかも…?
(聖衣を装着してないと、「星矢」キャラに見えないヨ〜!)
昔、「星矢」の同人全盛期には、こういう女性作家作品が数多くあったような気がします(笑)。
しかも、この時代の聖闘士達が、みんな星矢とかのソックリさんなので、よけい同人っぽい。
(ソックリさんと言っても、あくまで手代木画風でのソックリさん…というコトですが)
わかりやすくて良いとも言えますが、手抜きっぽい印象も否定できないトコロでありますね。
タイトルからも推測できますが、「キャンバス=絵」が重要なキーワードとなる予感がします。
さて、今回のストーリー、序盤は「星矢」っぽくてイイ感じなのですが、中盤あたりになると別の
漫画になってますね。「フランダースの犬」を思い出した人もいるんじゃないでしょうか(笑)?
冒頭の聖戦勃発シーンでは、原作における一輝&瞬のドラマを、テンマ&アローンでリメイク
したムードを感じさせてくれましたが、物語はいきなり数年前(ハーデス覚醒前)へ…。
どうやら本作の物語は、ハーデス覚醒により対決することになるテンマ&アローンの悲劇を、
キラとアスラン(笑)のごとき、女性ウケしそうな男の友情を散りばめて描かれそうな予感!
なんにせよ、車田版が月イチペースなので、今はコッチから情報を読み取るしかありません。
今しばらく、2本とも見守り続けていこうと思います。車田版がない時は、立ち読みで(笑)…。
ちなみに、手代木版は次週も大増ページ!
コッチも、3回目から毎週連載じゃなくなったりして(笑)…?
              〜手代木版・キャラクター紹介〜
●テンマ…当時の天馬座の青銅聖闘士で、流星拳を使う。「ペガサス」は愛称なのだろう。
●アローン…ハーデスの器。今回は、「フランダースの犬」のネロを思い出してしまった(笑)。
●謎の神父(笑)…サガっぽい容姿だが、オデコマークから推察すると、タナトスの化身?
●パンドラ…ハーデスの侍女は、代々この名前なのだろうか?なぜか、顔もソックリ(笑)。
●童虎&シオン…車田版と同じ設定だが、コッチではワキ役っぽい気がする(笑)。
●青銅&白銀聖闘士…邪武モドキやミスティモドキが登場。名は不明だが、容姿はソックリ。

その他の最新記事

すべて表示

「リリカルなのは」以来、久々に人様にご紹介したくなるような“魔法少女”モノを見てしまいました。 正直言って、タイトルやキャラデザに誰もがだまされるでしょう。もちろん、良い意味で(笑)…。 特に「セラムン」「なのは」といった正統モノの ...すべて表示すべて表示

前回ご紹介した「伝説巨人イデオン」の流用曲に続いて、またまた謎だった流用曲の出典が判明しました。 詳細は前回同様、「劇伴倶楽部」の掲示板にて、奉力萬さんが投稿&発表してらっしゃいますので、 そちらをご参照ください。 新たに判明 ...すべて表示すべて表示

先般、私にとって昔のアニメの流用曲の中でも最も大きな謎の一つだった 「伝説巨人イデオン」の流用曲の出典が判明しました。 詳細は「劇伴倶楽部」の掲示板にて、奉力萬さんが投稿&発表してらっしゃいますので、 そちらをご参照ください。 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事