ここから本文です
ある日の出来事
のんびり行きましょう。

書庫全体表示


県営光岳小屋で一晩を過ごしたmizuo隊
この小屋、色々と制限事項が多い小屋ですが、小屋番はとてもいい人!
小屋はログハウス風でとっても綺麗!
そしてスゴイのがトイレ!
洋式のバイオトイレでまったく無臭!
トイレットペーパーは備え付けの物があり助かりました。
(紙は流さず箱に入れます。)

小屋の寝具はシェラフです。
嫌な臭いとかなく、とっても快適でした。
ちなみに、銀マットと枕があり、シェラフ持ち込みの方でもマット・枕を利用できます。

2日目
天気は曇り・霧の予報でしたが、迎えた早朝はこの御来光!
イメージ 1









































 
 
めっちゃ良い天気の予感ですが、この日は聖平小屋までの移動日
8〜9時間のロング縦走なので、天候の変化に注意しつつ、今日もゆっくり
安全に行きましょう!

ルートはこのとおり
途中に喜望峰、茶臼岳、上河内岳、南岳があり、累計標高差も1000m以上という、中々しぶといルートっす。
イメージ 2















 
 
午前4時40分
光岳小屋スタート!
気温6℃でした。
イメージ 3



















 
 
早朝の凛とした空気が心地よい
イメージ 4



















 
 
だがしかし、まもなくゴーロの激下りへ
イメージ 5



















 
 
そして、昨日あれだけ下った三吉平〜易老岳への登りへ
周囲はいつのまにかガスに包まれ始め、なんとなく今日は予報どおりとなる予感
イメージ 6



















 
 
2人揃って懸念していた易老岳への登りでしたが、意外とあっけなく終了(笑)
イメージ 7









































 
 
易老岳で軽く朝食を取り、いざ茶臼岳方面へ!
ガスに包まれた森に、陽の光が差し込み、なんとも幻想的な雰囲気に!
イメージ 8



















 
 
さて、易老岳からの稜線は今まで経験した事がない雰囲気でした。
というのも、樹林と岩稜が入り乱れており、特に前半は「樹林の中の稜線歩き」となり登って下ってを繰り返します。
序盤は2500m以下の稜線ですので、森林限界以下のようです。
イメージ 9



















 
 
ちなみに、意外と急登の部分もあって、ジワジワと苦しくなってきます。(汗)
イメージ 10



















 
 
そして無事「喜望峰」に到着!
イメージ 11



















 
 
この喜望峰から先は、天気が良ければ大展望の稜線歩きとなります!
喜望峰の頂上そのものは樹林の中ですが、木々の向こうに綺麗な聖岳を発見!
イメージ 12



















 
 
頂上から数分でこの景色に!
右手は茶臼岳、左手は上河内岳
いずれも今から乗り越えていく山々です(大汗)
イメージ 13



















 
 
右手は上河内岳、左手は聖岳
と、遠いわ・・・。
イメージ 14



















 
 
聖岳拡大!
写真下部に見える横に走る稜線から直登となります。
イメージ 15



















 
 
さあ、気持ちいい稜線歩きにスタート!
イメージ 17



















 
 
だがしかし、景色が良すぎて中々進みませ〜ん。(笑)
富士山デカ〜イ!
イメージ 16



















 
 
茶臼岳が近づいてきました。
なんか、凄く綺麗な景色でしょう!?

この時点で既に行動開始から4時間経過
天気は晴れ、しかもめちゃ暑いっす。
実際にここに立つと茶臼岳がめっちゃ高く、正直めげます・・・。
イメージ 18



















 
 
おっと、yamao君
ぼーっと歩いていると頭ぶつけるよ(笑)
イメージ 19



















 
 
仁田池に到着
ここから急登となります。
イメージ 20



















 
 
標高が上がり、ガレ場歩きとなりました。
mizuoはこういうジグザグ登りが大好物
イメージ 21



















 
 
茶臼岳への最後の急登
うっひょ〜!
景色最高〜!
イメージ 22



















 
 
茶臼岳登頂!
快晴です!
イメージ 23



















 
 
この茶臼岳から東側の谷間をのぞいてみると、なんと畑薙ダムが!
お〜、あそこは2年前の悪沢・赤石縦走の時、mizuoが車を停めたとこだよ!
イメージ 25



















 
 
さあ、次は本日の最高峰・上河内岳(右手)です。
今立っている茶臼岳から実に2時間の道のり
やっぱこのルート・・・タフですな。
イメージ 24



















 
 
茶臼岳を出発し、下り始めると前方にガスが掛かり始めました。
ちょっと残念な気持ちと、このカンカン照り照り灼熱地獄から解放される期待とが半々。
でも、もう十分絶景は楽しんだので、ガス突入でいいっす!
イメージ 26



















 
 
鞍部を通過した後、再び樹林に
標高が下がれば樹林、上がれば岩稜。
このルートは中々面白い!
でも、無風となる樹林は、勾配うんぬんではなく、めっちゃシンドイ!
正直、mizuoは急登となる岩稜のほうが楽だったっす。
イメージ 27



















 
 
上河内岳
た、高いっす。

そしてお気づきでしょうか?
あのガス、いなくなっちゃいました。
この日、何故かmizuo隊がいるところはガスが切れ、通過した後ろは再びガスに包まれるという不思議な現象が繰り返されました。
イメージ 28



















 
 
奇岩竹内門を通過!
スミマセン、mizuoこのとき絶好調!
イメージ 29



















 
 
そしてyamaoはご覧のとおり(笑)
がんばれ〜(ぎゃははは)
イメージ 30



















 
 
眼下に本日の最終目的地、聖平小屋を発見!
って、めっちゃ下じゃん!
まじかよ〜
イメージ 31


















 
 
さあ、もうちょっとです!
実は・・・このルート、上河内岳には直登せず、となりの肩部に登るんです。
イメージ 32



















 
 
「上河内岳の肩」に到着!
大休止しようね、yamao君
イメージ 33



















 
 
さて、肩で休憩しながらmizuo隊は作戦タイムに
議題はこの上河内岳(本峰)を登るか否か・・・
だって、肩から見上げる頂上までの斜面、めっちゃ急登なんだもん。
イメージ 34



















 
 
や、やめようか・・・?
うん、そうしよう・・・。

み、み、南岳へ、しゅ、しゅ、しゅっぱ〜つ!(逃)
イメージ 35



















 
 
南岳へ向かう稜線で、雷鳥を発見!
あいにく谷の下にいたので、これ以上近づけなかったのですが、
こんな南にもいましたね〜。
イメージ 36





















 
 
その後、今回のルートで最初で最後の雪渓登場
イメージ 37





















 
 
さらに、登山道はヤセ尾根に
ちょっとyamao君、ここアブナイよ・・・。
イメージ 38





















 
 
そだね・・・。
イメージ 39



















 
 
そんな中、足下にナナツメクサを発見
今回、お花の写真はあまり撮っていませんが、実にたくさんのお花に出逢えましたよ。
イメージ 40



















 
 
本日最後のピーク、南岳登頂!
イメージ 41



















 
 
南岳から先は下り中心
ってか、めっちゃ標高を下げます。
せっかく登ってきたのにな・・・・
イメージ 42



















 
 
ガレ場の下り
イメージ 43



















 
 
ふと振り返ると、先ほどのガレ場はガスの中
不思議です。
イメージ 44



















 
 
岩岩地帯になると元気になるyamao君
そこ飛ぶんか・・・
イメージ 45









































 
 
さて、この先、聖平小屋までの激下りは、すんませんが写真ないっす。
景色が代わり映えしないので撮ってなかったのですが、いや〜しんどかった。
イメージ 46



















 
 
そして無事、聖平小屋との分岐点に到着
イメージ 47



















 
 
この分岐点はドコモの電波が通じるポイント
小屋ではNGなので、小屋のおねえさんもココまできてスマホ弄ってました。
イメージ 48



















 
 
分岐点から小屋までは、ほんの数分の木道歩き
楽ちんです〜。
イメージ 49



















 
 
13時半、聖平小屋に到着
いや〜、今日も長かったな〜。
イメージ 50



















 
 
つづく・・・
 

  • 相変わらず天気に恵まれますねー。しかしキツそうなルートです。
    そのぶん見所も満載ですね。
    聖岳楽しみヽ(・∀・)

    いぬどし

    2017/7/30(日) 午後 11:32

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは
    上河内岳(日本二百名山なんですよ)登ればよかったのに・・・
    7分位です

    [ aka*ake* ]

    2017/7/31(月) 午前 8:31

    返信する
  • 顔アイコン

    小屋前の写真と、山頂の写真とでは
    かなりテンションに差がありますね(笑)

    willie_boo

    2017/7/31(月) 午前 8:36

    返信する
  • このルート、自分も予定していたのでとても参考になります。無謀にも、テント担いで登る予定です。南アの南部はホント玄人好みの山域ですよね〜。

    [ aki ]

    2017/7/31(月) 午後 6:44

    返信する
  • いぬどしさん♪
    目の前のガスが逃げていき、通り過ぎるとまたガスが掛かる…もう持ってるとしか思えませんな。
    なんちって(笑)

    みずお

    2017/8/2(水) 午後 1:00

    返信する
  • akaakeさん♪
    実はイザルも登ってなくて、そっちの方が心残りなんです。(^_^*)

    みずお

    2017/8/2(水) 午後 1:03

    返信する
  • booさん♪
    あたし朝は低血圧なのー( ͡° ͜ʖ ͡°)

    みずお

    2017/8/2(水) 午後 1:05

    返信する
  • akiさん♪
    大丈夫です…akiさんなら(笑)
    お天気に恵まれるといいですねー。
    特に2日目は晴天がオススメっす。

    みずお

    2017/8/2(水) 午後 1:06

    返信する
  • 顔アイコン

    爺は人のレポ見てるだけで満足(^O^)v

    だけどさぁ〜
    これだけ歩けば海から富士山も超らくちんじゃねーですか?

    ひらさん

    2017/8/4(金) 午後 6:37

    返信する
  • ひらさん♪
    富士山登ったら富士山見えないじゃないですか?

    みずお

    2017/8/7(月) 午前 6:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事