ここから本文です
ある日の出来事
のんびり行きましょう。

書庫全体表示


2日目も長かった・・・
だがしかし、今回の山行は3日目が最長行程。
明日に備えて、聖平小屋名物の「ウェルカム・フルーツポンチ」を頂こう!
イメージ 1



















 
 
あ〜ん・・あま〜い♪
おいしい〜♪
イメージ 2



















 
 
さて2泊目の聖平小屋ですが、こちらも光岳小屋同様にログハウス風の綺麗な小屋なのですが、枕が無いのと、マットが個別の銀マットではなく、フロア全体に敷かれた薄い銀マット、さらに寝具はシェラフなのですが、これが臭い・・・。

トイレは30mほど離れているのですが、このトイレ・・・洋式の水洗トイレでした。

小屋で売っているビールは「越冬ビール」との事で、350mlが1本300円。
2本で500円という大セール中!
mizuoはもちろん2本購入っす。
ただ、小屋番は光岳小屋の方のほうが親切でやさしかったな〜。

それと、金曜日となるこの日は、予想以上に混んでいました。
といっても、6人スペースに5人だけど。

それより、オヤジのいびき×3人分がうるさくて眠れないし、朝は隣のオヤジが3時から1時間も荷物を入れたり出したり・・・いい加減にしろ!ってもうちょっとで叫ぶところだったわい。

====================

3日目
あんまり眠れなかったけど、予定どおり4時45分に出発!
周囲はガッスガスでした。
イメージ 3



















 
 
木道を歩いて主登山道との分岐点へ
そしたら・・・もう晴れちゃった。
イメージ 4



















 
 
モルゲンロートに染まる山肌
3日目の朝となると足の疲労が残っていて、登りがツライッス。
イメージ 5



















 
 
約25分ほど登って、「薊畑」に到着。
ここからは本格的な登りの始まり。
さあ、いざ聖岳へ!
イメージ 6



















 
 
序盤の30分は明るい樹林を進みます。
ただ、けっこう下り坂もあって帰りが不安・・・。
下りきったあとは勾配が増し、1カ所だけロープ場があります。
イメージ 7



















 
 
岩稜に出ました!
稜線の風が気持ちいい!
イメージ 8



















 
 
だかしかし、ガレ場の登りはけっこう厳しい・・・。
yamao君、がんばれ〜!
イメージ 9



















 
 
ザレ場を巻きながら登り詰めると、小聖岳に到着!
イメージ 10



















 
 
小聖岳まで登ると一気に展望が開けます。
早朝のガスガスはどこへやら?
今日も良い天気です!

初日に登った光岳
画面中央左側の小ピークは恐らく易老岳?
イメージ 11



















 
 
こちらは昨日登った上河内岳と南岳
南岳からの激下りの様子がよく分かる・・・。
下りで良かったのかもね。
イメージ 12



















 
 
そして富士山!
今日もありがとう!
イメージ 13



















 
 
(聖岳本峰方面はあいにく逆光なので下山時に撮影した写真を利用します。)

小聖岳から聖岳を望む
どう進むのか登山ルートを想像してみましたが、結果は・・・
尾根の終了からまっすぐ直登でした(汗)
イメージ 14



















 
 
小聖岳を出発
アタックの序盤は尾根歩きです。
(↓下山時の写真です・・・写真上部が麓方向)
イメージ 15



















 
 
尾根歩きはたまに痩せた部分がありますが、特に危険箇所はありません。
イメージ 16



















 
 
尾根部が終了するとガレ場&ザレ場のジグザク激登り
イメージ 17



















 
 
このジグザグ登りは、足下が緩く、勾配もキツイのでちょっとキケン。
特に下山時はかなり注意が必要です。
イメージ 18



















 
 
尾根歩きの部分から一気に登ります。
高度もまもなく3000m・・・すんごくシンドイっす(大汗)
イメージ 19



















 
 
もうちょっとだ〜!
イメージ 20



















 
 
聖岳頂上は、ニセピークなし
登りつめたところが頂上なのでご安心を!
頂上部はなかなか広いっす。
イメージ 21



















 
 
祝・聖岳登頂!
百名山ラリーはmizuo81座、yamao97座とあいなりました♪
イメージ 22



















 
 
3013mの頂上からの富士山は格別!
イメージ 23



















 
 
赤石岳
2年前に登った頂上を見るとなんだか「ひさしぶり!」って感じで、懐かしく思えちゃうね。(頂上直下の避難小屋も確認できました。)
イメージ 24



















 
 
こちらは塩見岳(稜線の向こうに頭だけ見えるヤツね)
mizuoは、この塩見が百名山ラリーでは最後の南ア峰です。
いつか登るぞ!
イメージ 25



















 
 
聖岳は光岳と違って展望抜群
ここだけなら、また登ってもいいなと思いました。
(でも、易老渡からは勘弁ね・・・)
イメージ 26



















 
 
さあ下山だ!
今日は下山がメイン
この3013mから880mまで、mizuo隊至上最高落差の激下りのスタートっす!
イメージ 27



















 
 
・・・すんません、下りの写真はあんまりないっす。

と、とにかく聖岳から小聖岳までのガレ場激下りは、この3日間で一番気を遣った部分。なにせ足下はザレ場でグズグズだし、勾配はハンパないので、ゆっくり慎重に下りました。

そして無事、小聖岳に着地
あのピークから50分でここまで降りてきたっす。(汗)
イメージ 28



















 
 
さらに樹林を下りにくだって「薊畑」に到着
もうyamao君は放心状態・・・。
だがしかし、本番はここからなのだった。
イメージ 29



















 
 
薊畑から先は、まったく展望のない超激下り・・・
3時間超の死闘
正に語るも涙
2人とも無言
あ〜
しんどかった・・・。
イメージ 30



















 
 
しかも後半は足下が悪く、めんどくさいったらありゃしない・・・(笑)

ちょっと、yamao君・・・ここアブナイよ。
イメージ 31



















 
 
そだね・・・mizuoも気をつけろよ!
イメージ 32





































 
 
下りに下ると最後に造林小屋跡が現れます。
イメージ 33



















 
 
そして、歓喜の時
激下りの終わりを告げる、西沢渡に到着!
ここには、増水時に利用する人力ロープウェイがあります!

正直言って、mizuoはこれ乗るの楽しみにしていたのですが、いざロープを引いてみると重いのなんのって・・・

yamaoさん、これさ・・・やっぱ、やめよ。
イメージ 34



















 
 
ってことで、ロープウェイを諦め、普通に橋を渡る事に

とその前に、タクシーの予約時間までたっぷりあるので、ここで大休止
水がめっちゃ冷たくて気持ちいいっす!
(実際にはつめたすぎて、1秒漬けるのが限界)
イメージ 35





















 
 
さあ、橋を渡って再出発!
イメージ 36





















 
 
西沢渡から先は穏やかな道
かと思いきや、途中で何カ所も、崖の崩落箇所があり、土砂が道を塞いでいて、なかなか一筋縄には行かなかったです。
イメージ 37



















 
 
トンネルをくぐるとまもなくゴール
イメージ 38



















 
 
にはならず・・・トンネルを抜けた後、この分岐を左前方方向に下ります。
イメージ 39



















 
 
トンネル後の分岐から数分
ついに便ヶ島へ到着!
いや〜、ここまで長かったわ〜
イメージ 40





















 
 
便ヶ島にある聖光小屋は休業中
同じく休業中のキャンプ場の東屋でタクシーの予約時間まで時間調整
この便ヶ島から易老渡までは、本当の林道歩き(舗装路)で約25分でした。
イメージ 41



















 
 
頃合いをみて、少し早めに便ヶ島を出発したら、易老渡にはもうタクシーが到着して待っててくれました。(キャンプ場で時間調整せず、早く降りちゃえばよかったみたい)

タクシーで道の駅遠山郷まで約1時間
道の駅にある温泉「かぐらの湯」で3日間の汗を流し、スッキリした後は食事
同じく道の駅のレストランで・・・

はい、もちろんソースカツ丼です!
いや〜、久しぶりの高カロリー!
うまいっす〜♪
イメージ 42





































 
 
ってことで、念願だった光岳・聖岳の縦走は無事終了!
今回も雨無し、怪我無しで大成功でした。

最後にこの冒険の感想を・・・


すみません
歩行距離も累計標高差も文句なしの縦走だったのですが、
景色も天気も文句なしだったのですが、
苦労も疲労も十分ありなのですが、

mizuoもyamaoも、なんというかね・・・
週間経ってみると、さほどでもなかったかなと(笑)

な〜んてね。
実際にどうかは、皆様の足でご確認を!

(おしまい)
 

  • 聖平小屋のシェラフが気になる、、だから持ち込みは割引なのか、、、
    それにしても下りの高低差が恐ろしい、、ソロだと萎えそうなコースですね。
    でも、絶景っぷりがそそります(*⁰▿⁰*)

    いぬどし

    2017/8/2(水) 午後 7:51

    返信する
  • いぬどしさん♪
    臭うから割引なのではなく、維持管理(干したり畳んだり)の手間分ですよ。
    ちなみに、使った後は袋に入れずそのままにしておくよう言われました。たぶん毎日干しているのだと思います。天気次第でしょうけど…。

    みずお

    2017/8/2(水) 午後 8:06

    返信する
  • 顔アイコン

    連投失礼します!なるほど維持管理費ですねっ(解ってますって(爆))。干したところで毎日使うのですから仕方ないですね。マットが薄いので背中が辛そうな気もします。
    耳栓は必須ですね(常備してます)。やっぱ素泊まりですか?
    やたらに聖平小屋について聞きたがる私でした(ノ゚゚)ノ

    いぬどし

    2017/8/3(木) 午後 10:48

    返信する
  • いぬどしさん♪
    背中痛いですので、マイマットとマイ枕があったほうが良いですね。
    mizuoは最近、イスカの枕を購入したのですが、この山行では持って行かなくて後悔しました。
    聖平小屋は夕食付で泊まりました。夕食は美味しいしボリューム満点です。特に豚汁は、もう無理ってくらい出てくるです。

    みずお

    2017/8/4(金) 午前 11:40

    返信する
  • 顔アイコン

    ただただお疲れ様でしたあるのみです。

    ひらさん

    2017/8/4(金) 午後 6:42

    返信する
  • ひらさん♪
    この二座は思った以上に地味でしたね…。この先、もう面倒なのしか残ってないっす。富士山とか…(^_^*)

    みずお

    2017/8/7(月) 午前 7:03

    返信する
  • 南ア最深部の縦走、お疲れ様でした〜(^_^)
    タフな道が続きましたね〜。
    自分は分けて歩かないとムリそうです(笑)

    [ Tanma ]

    2017/8/7(月) 午前 7:54

    返信する
  • Tanmaさん♪
    初日に茶臼小屋まで行けるのはボクの知っている中ではTanmaさんしかしないかなと・・・。是非とも全行程1泊2日で落としてくださいませ(爆笑)

    みずお

    2017/8/7(月) 午前 11:27

    返信する
  • やっぱり、つらそうだなぁ。
    覚悟しなきゃなぁ.....。

    yamaoさん、お疲れですね〜。

    [ momo ]

    2017/8/16(水) 午後 1:59

    返信する
  • momoさん♪
    やっぱ行くのね…。
    mizuoはいま靴があたってて痛くて辛いのがほとんどでしたが、登りは大した事ないんであまり気張らず大丈夫っすよん♪

    みずお

    2017/8/17(木) 午前 8:11

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事