ここから本文です
ある日の出来事
のんびり行きましょう。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 
 
八甲田山
本日はガッスガスのうえ、めっちゃ強風
でも頂上まではあと少し
頑張るぞ〜!
イメージ 1



















 
 
そして主峰・大岳山頂へ
山頂部はめっちゃひろいっす。
イメージ 2



















 
 
とりあえず記念撮影

祝・日本百名山79座
八甲田山ゲットです!
イメージ 3



















 
 
さ、さむいっす。
大ケルンに身を寄せましたが、風よけにはならず・・・
イメージ 4



















 
 
これも風よけにはらなず・・・。
イメージ 5



















 
 
降りるしかないっす。
ガスが晴れる見込みはなさそうですが、計画どおり毛無岱経由で下山へ
イメージ 6



















 
 
大岳避難小屋
立派でした。
イメージ 7



















 
 
ここから樹林の急下り。
雨上がりのせいもあって足下が滑りそう・・・。
慎重に下山しました。

途中で水芭蕉を発見
イメージ 8



















 
 
毛無岱に到着
すこし明るくなってきましたよ。
イメージ 9



















 
 
でも後ろを振り返ると、やっぱ山はガッスガス(涙)
イメージ 10



















 
 
この毛無岱と、下にある下毛無岱はいずれも、大お花畑地帯
お花を観察していたら、なんと、チングルマの綿毛を発見!
もう綿毛なのか〜
イメージ 11



















 
 
毛無岱から下毛無岱へ
その間には恐怖の300階段があります。
下りでよかったけど、つまずいたら下まで転げ落ちそうで怖かったっす。
イメージ 12



















 
 
池糖
イメージ 13



















 
 
そのほとりには
これはミツガシワかな?
イメージ 14



















 
 
ワタスゲの大群生
すごいですよ、これ!
イメージ 15



















 
 
振り返るとさっきの300階段が
怖いわ〜(笑)
イメージ 16



















 
 
イワイチョウ
イメージ 17



















 
 
下毛無岱
白いのはすべてワタスゲさんです〜。
イメージ 18



















 
 
ちょっと雨に濡れたワタスゲさん
イメージ 19



















 
 
ここで振り返ると・・・なんと、青空が!
ひゃ〜やられた〜。
イメージ 20



















 
 
ま、だいたい、いつもこうなんですよね。
降りると晴れるんです・・・。
それにしてもスゴイ景色!
う〜ん、八甲田はまた来ようっと。
イメージ 21



















 
 
これはハイマツの実?花?
イメージ 22



















 
 
ウラシロヨウヤク
イメージ 23



















 
 
そして酸ヶ湯温泉へ下山
イメージ 24



















 
 
今日はガッスガスに強風でしたが、毛無岱では沢山のお花に出逢え、楽しい山歩きができました。

さ、下山後のお楽しみは・・・酸ヶ湯温泉!
イメージ 25



















 
イメージ 26



















 
 
有名な仙人風呂へ!
ここ、混浴ですよ〜。
イメージ 27



















 
 
帰り道、バックミラーにはめっちゃ晴れている八甲田の連山が!
くやしいね・・・。(笑)
イメージ 28



















 
 
ともあれ、青森の名峰・岩木山と八甲田山
残念ながら2座ともお天気はイマイチでしたが、良い思い出になりました〜。

(おしまい)
 

開くトラックバック(0)


岩木山をサクッとクリアし、「道の駅虹の湖」で車中泊しました。
時間はまだ夜8時半
大人が寝るにはずいぶん早いのですが、道の駅の施設はすべて閉まっており、行くところ無し・・・。

でも大丈夫!
そんな事もあろうかと、iPadに映画を1本入れてきました。
コンビニで買ってきた缶ビールを飲みながら車内で2時間半の映画鑑賞。

そして就寝・・・Zzz
この日、この道の駅には車中泊の車はmizuo車を含めて2台
駐車場はめっちゃ広く、もう1台の車は100m以上も先です。

そんな誰もいない駐車場なワケですが、真夜中、mizuo車の斜め後ろに1台の車が停まりました。後で分かったのですが、その車・・・パトカーでした。
お巡りさんが2人降りてきて懐中電灯で車内を照らされ、ようやく起きたmizuo。
人生初の「職務質問」を受けちゃいました。

よくよく考えてみると、他県ナンバーのレンタカーが真夜中に湖の畔に停まっているワケですから・・・悪く考えれば「自殺者」とか思っちゃいますよね。

免許証を見せ、理由を説明したら、お巡りさんから「では明日も頑張ってください」って激励されちゃいました。(笑)


朝6時起床
外は雨でした。
予報では曇りのハズなのですが・・・

とりあえず登山口の酸ヶ湯温泉まで移動。
そして雨が上がるまで車内待機。
レンタカーの返却時刻から、盛岡までの移動時間、温泉タイム、登山行動時間をさっ引くと、安全を考慮すると朝9時には出発したい。

ここでコース紹介
今回は酸ヶ湯温泉を出発し、仙人岱、大岳、毛無岱を経由して酸ヶ湯温泉に戻るルーート
イメージ 1


















 
 
歩行距離は約9.8km
累計標高差は約830mでした。
イメージ 2















 
 
そして9時
雨が上がりました!
さあ出発だ!

ただ・・・車の外はガッスガス(涙)
イメージ 3



















 
 
インフォメーションセンターとトイレの前をとおり登山口へ
イメージ 4



















 
 
登山口
向かって右方向にある鳥居をくぐります。
イメージ 5



















 
イメージ 6



















 
 
さっきまで雨降りだった登山道
めっちゃぬかるんでいます。
ここで転んだら大変だ〜
イメージ 7



















 
 
雨上がりの登山道
mizuo、山で雨に降られたのは記憶がないほど昔の事。
今回もギリギリセーフでした。
ちなみにガッスガス登山は2016年4月以来ですが、実は雨の山も嫌いではないですよ。雨に濡れた木々はとても美しいです。
イメージ 8









































 
 
序盤はクマザサの道
この道を歩いているとき、クマザサのなかからガサガサ音がしたので、かなりびびったmizuo。音の正体は山菜採りのおじさん。
いや、マジで怖かったす。
イメージ 9









































 
 
視界が開けましたが、ガッスガスで何も見えず・・・。
ここ、晴れていればすごい景色なんでしょうね〜。
イメージ 10



















 
 
ここで、登山道整備の作業員さんに出逢いました。
すごい荷物・・・プロはスゴイっす。
イメージ 11









































 
 
登山道は石ゴロの道へ変化
次第に勾配が増していきます。
イメージ 12



















 
 
雪渓も登場
実は雪渓登場は予想外の出来事
雪渓はいくつもありました。
イメージ 13



















 
 
いまの八甲田山は花の時期
ガッスガスですが、お花は楽しめました〜。

チングルマ
イメージ 14



















 
 
木道が登場
本来ならこのへんから主峰・大岳が望めるはずですが本日はガスのカーテンで見えずです。
イメージ 15



















 
 
ショウジョウバカマ
イメージ 16



















 
 
ヒナザクラ
イメージ 17



















 
 
仙人岱ヒュッテへの分岐に到着
せっかくなので、行ってみる事に
イメージ 18



















 
 
分岐から数分でヒュッテ到着
イメージ 19



















 
 
中はめっちゃ広かったです。
イメージ 20



















 
 
分岐まで戻ってみると、仙人岱の看板を発見
イメージ 21



















 
 
有名な仙人岱ですが、今日は残念な景色っす。
イメージ 22



















 
 
再び雪渓登場
この雪渓はトラバースではなく、なんと直登です。
マジか・・・(汗)
イメージ 23



















 
 
雪はカッチカチでめっちゃ滑るうえ、靴のつま先や踵がうまく刺さりません。
大岳からの下り坂でも、こんな雪渓が登場し、悪戦苦闘しました。
登りはなんとかなりましたが、下りではチェーンスパイク持ってくれば良かったと後悔でした・・・。
イメージ 24



















 
 
ツルアジサイ
イメージ 25



















 
 
あいかわらず何も見えないので分からないのですが、頂上が近づいてきたような雰囲気の道になりました。
イメージ 26



















 
 
実はこのあたりから、めっちゃ強風で寒かったです。
遠征登山とはいえ、今回は色々装備が甘かったです。
イメージ 27



















 
 
イワカガミ
イメージ 28



















 
 
鏡沼
オオサンショウウオとか居るらしいのですが、風は強いし、寒いし、ガスで顔は濡れるし・・・スルーさせていただきます。
イメージ 29



















 
 
上から見た鏡沼
イメージ 30



















 
 
さあ、頂上まであと少し!

(その2につづく〜)
 

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事