ミズックスQ&A

ミズックスの製品について、詳しく知りたい方へ。

まりもQ&A

イメージ 1

まりも Q&A

Q.まりもって何ですか?
A.まりもは、寒い地方のある特定の湖にしかない繊維状の水草が、絡み合って丸まって出来たものです。つまりまりもは、何本もの細い水草が集まってできた植物の集合体です。

Q.エサはいりますか?
A.まりもは植物なので、エサは要りません。その代わり新鮮な水と光が必要です。時々水を換えて、直射日光の当たらない明るい場所に置いて下さい。

Q.置き場所は?
A.まりもは寒さには強いですが、暑さには弱いです。直射日光の当たる場所や、夏の車内など暑くなる場所には置かないでください。
また日が当たりすぎると、まりもなどに別の苔が生えたりもしますので注意してください。

Q.大きくなりますか?
A.徐々に徐々に大きくなりますが、そのスピードはとても遅いです。1年ぐらい経つと一回り大きくなったかなーってぐらいです。
野球ボールぐらいになるのに100年から150年ぐらいかかります。チャレンジしてみますか?

Q.まりもは触っても大丈夫?
A.大丈夫です。形の崩れた時や汚れた時などは、手の平で転がすように洗って下さい。

Q魚と一緒に飼えますか?
A.魚の種類によりますが、基本的には飼えます。金魚などの草食系の魚や、体の大きなエビなどは一緒に飼わないでね。

Q.水換えはどれくらいの頻度ですれば良いですか?
A.1週間に1度が目安ですが、夏の暑い時期はもう少しこまめに、冬の寒い時期はもう少し少なくて良いでしょう。

Q.水換えの水はアルカリイオン水などの方が良いのですか?
A.アルカリイオン水や地下水などは水質に癖があるので、絶対に使ってはいけません。水道水の方が水質は安定して良いです。

Q.どこで取れた物なの?
A.まりもは北海道の阿寒湖の物が有名ですが、天然記念物なので採取してはいけないことになっています。ミズックスで使っているまりもは、北アメリカかヨーロッパで取れた物です。
ただし他社の商品で「まりも」と書いてあるのもでも、ナイロン(?)製のものもあります。ミズックスでは本物のまりもを使用しています。偽物のまりもは、よーく見れば分かりますし、本物のまりもはだんだん水が汚れてきます。


まりもが買える!
ミズックスのホームページはこちら↓
http://mizux.shop-pro.jp/

プレゼントコーナーはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/mizux0716/

ブログはこちら↓
http://blog.fugutarou.com/

開く コメント(30)

開く トラックバック(6)

チョビウオQ&A

イメージ 1

チョビウオ Q&A

Q.どこで生まれたの?
中国の広東省です。中国生まれなので、他の熱帯魚と違い日本の寒さにも比較的強いのです。でも本当の真冬は、さすがに保温をしてあげる必要があります。

Q.寿命は何年ですか?
A.説明書には2〜3年と書いてありますが、実際には5〜6年あります。10年生きたという記録もありますよ。チャレンジしてみてね!

Q.オス・メスの見分け方は?
A.小さいうちは見分けられません。成長(1年位)すると、メスはオスに比べてやや大きくなり、体が丸みをおびてくることで見分けます。

Q.繁殖は可能ですか?
A.水槽などに入れると産む可能性はあります。小さな容器のままでは、残念ながら不可能です。
繁殖をしたいときはまずポットハウス以上の大きさの水槽を用意して、チョビウオを数匹と隠れ家になるような水草を多めに入れます。
あとはいつの間にか自然に繁殖するのを待ちましょう。

Q.生存可能温度は?
A.説明書には10℃〜28℃と書いてありますが、実際にはもう少し低い温度にも耐えます。冬も夏も室温で大丈夫ですが、夏は1階の風当たりの良い場所に、冬は冷蔵庫の上などなるべく温かいところに置くよう心がけて下さいね。

Q.他のビンに移し変えても良いですか?
A.良いですが、石鹸等を使ったものは良く洗ってから使用して下さい。

Q.水槽を持っているのですが、今いる魚と混ぜて飼っても良いですか?
A.基本的に淡水で同じ位の大きさの魚なら問題ありませんが、ふぐの仲間は噛みつかれるので不可能です。ただ魚の種類によってはダメな場合もありますので、分らないときはメールで問い合わせてみて下さいね。

Q.草が伸びてきたら?
A.水草はどんどん伸びていきます。古いほうをちぎって捨てて下さい。

Q.草が枯れてしまったら?
A.いわゆる「金魚藻」と呼ばれるものを入れてください。但し市販されている水草は農薬が付いている場合があるので、よくすすいでから入れてください。                                       

Q.共食いをしますか?
A.生きているうちから襲い掛かって共食いをするようなことはありませんが、死んだ魚を突付く事はあります。

Q.まりもと一緒に飼えますか?
A.飼えます。チョビウオがまりもを突付くようなことはありません。

Q.水換えの水はアルカリイオン水などの方が良いのですか?
A.アルカリイオン水や地下水などは水質に癖があるので、絶対に使ってはいけません。水道水の方が水質は安定して良いですが、「熱帯魚の水」が一番適していますよ。

Q.水換えはどれくらいの頻度ですれば良いですか?
エサの残りかすなどが容器の中にたまり、水質が悪化して急に死んでしまうことがあります。こまめに水を換えてあげましょう。水は一度にたくさん換えるより、こまめに少量だけ換えた方が良いです。
本当は1週間に1度、4分の1を換えてあげるのが一番良いです。

Q.コルク栓がついていますが、コルク栓でないと駄目ですか?ふたは必要ですか?
A.コルク栓の付いている商品について、ふたをしている理由はほこりが入るから、水がこぼれるからといった理由なので必ずしも必要ではありません。ただしふたを開けておくと、蒸発のスピードが早いので、こまめに水を足してください。
コルク栓は空気を通します。空気を通さないような栓だと、魚が酸欠で死んでしまいますよ。

Q.暑さ対策は?
A.ふたを開けておく、ビンに直接扇風機で風を当てる、部屋の1階に置いておく、などがあります。これらの方法で水温が1~2℃程度下がります。

Q.エサはどれくらいあげればいいの?
A.耳かきに5分の1、目安として2〜3分で食べつくすぐらいです。
一回に食べられる量は決まっているので、与えすぎると残ってしまい、水が汚れて死んでしまいます。もし余っていると思ったら、スポイトなどで取り除くか、水換えの回数を増やしてください。

Q.どんな病気にかかるの?
A.一番多いのは「白点病」。文字通り体に白い点々が付く病気です。発見したらすぐに、細く輪切りにした鷹の爪(トウガラシ)を5・6個水に浮かべて下さい。

Q.寝るの?
夜になって暗くなると底に沈んだままじっとして、目を開けたまま寝ます。

Q.お魚いきいきって何ですか?
「お魚いきいき」は、普通の水を自然の川のような水に変える、生きたバクテリアが入っています。水換えをした後に一緒に流れ出たバクテリアを、「お魚いきいき」を2〜3滴入れる事により補充します。「ふぐ太郎元気」もチョビウオに使えますので、一緒に使用しても大丈夫です。

Q.ふぐ太郎元気って何ですか?
「ふぐ太郎元気」はお魚いきいきとは違い、バクテリアが入っているわけではありません。化学薬品的要素が強く、粘膜保護が主な目的です。また、ビタミンなどを補給します。でも入れ過ぎると死んでしまうことがあるので注意してください。


チョビウオが買える!
ミズックスのホームページはこちら↓
http://mizux.shop-pro.jp/

プレゼントコーナーはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/mizux0716/

ブログはこちら↓
http://blog.fugutarou.com/

開く コメント(0)

ふぐ太郎 Q&A

イメージ 1

山田ふぐ太郎 Q&A


Q.寿命は何年ですか?
A.1年ぐらいです。

Q.エサは?
購入当初から「冷凍赤虫」を与えてあげるようにして下さい。冷凍赤虫はホームセンター、熱帯魚ショップ、釣具店などで販売しています。ふぐ太郎は比較的丈夫な熱帯魚ですが、エサの鮮度にはうるさい面があります。乾燥したものや人工飼料なんかは、見向きもしません。
他にも生きている小さな巻き貝や、ブラインシュリンプなんてものも大好物です。
基本的に肉食なので、「水槽内のハンター」のような面もあります。

Q.オス・メスの見分け方は?
A.いろいろありますが、一番分かりやすいのは目の周りにしわがあるのがオス、無いのがメスです。でもその差が出るまでは少し成長してないといけないけどね。

Q.繁殖は可能ですか?
今までに数件、繁殖例があります。繁殖には水槽が必要ですが、チャレンジしてみては?

Q.飼育に適正な温度は?
A.21℃〜27℃ですが、急な温度変化には弱いので気を付けて下さいね。

Q.専用ヒーターは幾らぐらい?どこで買えますか?
A.定価は3,675円(税込)です。インターネットのふぐ太郎ホームページで買えますよ。

Q.ヒーターはいつから必要ですか?
A.地方によってですが、大体10月〜4月下旬くらいです。夜の気温が12〜13℃を切るようになったら、準備してあげて下さいね。

Q.ヒーターの仕組みは?
A.容器をその上に乗せるだけの、薄いシート状の物です。人間のホットカーペットの仕組みです。

Q.他のビンに移し変えても良いですか?
A.良いですが、石鹸等を使ったものは良く洗ってから使用して下さいね。

Q.水槽を持っているのですが、今いる魚と混ぜて飼っても良いですか?
A.ふぐにはくちばしのような歯があって、他の魚に噛みついてしまうので、一緒に飼うことは出来ません。自分より小さな魚はもちろん、大きな魚にでもヒレをかじりに行ってしまうこともあります。可愛い顔して、意外と凶暴ですね。

Q.共食いをしますか?
A.ふぐ太郎同士、襲い掛かって食べるようなことはありませんが、噛みつくことはあります。

Q.水草を入れてもよいのですか?
A.入れても良いですが、農薬が付いている場合があるので、よくよくすすいでください。

Q.まりもと一緒に飼えますか?
A.飼えます。まりもに噛みついたりほぐしたりなど、悪さをすることはありません。(当然まりもは植物なので、ふぐ太郎に噛みついたりなどしませんよ。)

Q.水換えの水はアルカリイオン水などの方が良いのですか?
A.アルカリイオン水や地下水などは水質に癖があるので、絶対に使ってはいけません。水道水の方が水質は安定して良いですが、「熱帯魚の水」が一番適していますよ。

Q.毒はありますか?
A.他のふぐと同じように、内臓に毒があります。絶対に食べないでください。(もちろん可愛いふぐ太郎を食べたりする人は、いないと思いますが・・・)

Q.膨らみますか?
A.怒ったりビックリした時などは、他のふぐと同じように水や空気を吸いこんで膨らむことがありますが、その時は寿命が縮まるほどのストレスを感じている時です。また膨らんだまま元に戻れず死んでしまうケースもありますので、わざと膨らませるようなことは絶対に絶対にしないでください。

Q.ビンは狭くないですか?
A.狭そうに見えますが、ふぐ太郎にとっては充分な広さです。でもポットハウス以上のサイズが、優雅に泳ぐふぐ太郎を見られるのでオススメです。

Q.暑さ対策は?
A.ふたを開けておく、ビンに直接扇風機で風を当てる、部屋の1階に置いておく、などがあります。これらの方法で水温が1〜2℃程度下がります。

Q.ふぐ太郎に、種類はありますか?
A.厳密に言うと、黒の斑点が濃いもの、斑点に緑色が混ざるものなど、数種類がいます。ただし特に区別はしていません。それらを総称して「ふぐ太郎」と呼んでいます。

Q.どこで生まれたの?
A.インドやスリランカなど、東南アジアです。

Q.養殖されているの?
ふぐ太郎は養殖されておらず、全て現地採取です。だから養殖されている他の熱帯魚に比べて、入荷が安定しません。現地が雨季に入り洪水が続く場合は、しばらく入荷しない事もあります。すみません・・・。

Q.寝るの?
ふぐ太郎は夜になって暗くなると、目を開けたまま寝ます。また、明るくても時間がくれば寝てしまうようです。輸送などで箱のふたをしていると、暗いので夜になったと勘違いをして寝てしまうことがあります。
到着直後に箱から出すと、底に沈んで動かない時がありますが、10分程すると目を覚ましてぴこぴこ動き出します。

Q.水換えはどれくらいの頻度ですれば良いですか?
エサの残りかすなどが容器の中にたまり、水質が悪化して急に死んでしまうことがあります。こまめに水を換えてあげましょう。水は一度にたくさん換えるより、こまめに少量だけ換えた方が良いです。
本当は1週間に1度、4分の1を換えてあげるのが一番良いです。

Q.中に入っているものは、何のためにあるの?
中の岩や水草はインテリア性を高めるための他に、ふぐ太郎が落ち着くような環境を作っています。ふぐ太郎に限らず魚の多くは、このようなレイアウト物がある方が、平たんな所よりも落ち着きます。

Q.しっぽを曲げていますが、大丈夫ですか?
ふぐ太郎は時々尻尾を曲げて泳ぎますが、決して異常ではなく、怯えるなど緊張しているだけです。よく観察すると、場合によって右に曲げたり左に曲げたりしています。エサを食べる時にもこのような格好をする時があります。

Q.目をきょろきょろ動かしていますが?
よく見ると、普段は目を左右別々に動かし、エサや敵を見つけやすいようにしています。しかしエサを食べる時などは、両目で標準をしゃきーんと合わせて、1か所を見つめます。そこがまた可愛いところですよね。

Q.お魚いきいきって何ですか?
「お魚いきいき」は、普通の水を自然の川のような水に変える、生きたバクテリアが入っています。水換えをした後に一緒に流れ出たバクテリアを、「お魚いきいき」を2〜3滴入れる事により補充します。「ふぐ太郎元気」と一緒に使用しても大丈夫です。

Q.ふぐ太郎元気って何ですか?
「ふぐ太郎元気」はお魚いきいきとは違い、バクテリアが入っているわけではありません。化学薬品的要素が強く、粘膜保護が主な目的です。ふぐには他の魚と違い鱗(うろこ)がなく、より一層粘膜を保護してあげる必要があります。また、ビタミンなどを補給します。でも入れ過ぎると死んでしまうことがあるので注意してください。


ふぐ太郎が買える!
ミズックスのホームページはこちら↓
http://mizux.shop-pro.jp/

プレゼントコーナーはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/mizux0716/

ブログはこちら↓
http://blog.fugutarou.com/

開く コメント(0)

引っ越しします

ミズックスのブログは、こちらに一本化いたします。

その分 更新頻度を上げていきますので、今度からこちらに遊びに来てね!


http://blog.livedoor.jp/mizux0716/

開く コメント(0)

開く トラックバック(9)

出荷待ちコケモン

イメージ 1

今、大人気なのがコケモン。

母の日バージョンのメッセンジャーにも使われ、職人さんはてんてこ舞いです。

でも忙しいからといって、決して手は抜かないよう、社長命令が下っています。

こちらは何百個と出荷しても、買ってくれる人には大切な大切な1個ですからね。

ミズックスの新しいホームページはこちら↓
http://www.mizux.com/

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事