ここから本文です
今日は最後の夏休みを利用して、一昨日と同じく、上尾の体育館で行われていた関東近県錬成大会に参加してきました。一昨日挨拶した諸先生方の他に、「大」木川先生や、「コムロック」小室先生にも挨拶が出来ました。

先日は栄の選手相手で数本で息絶えてしまいましたが、今回はそれなりの本数をやることが出来ました。

イメージ 1

イメージ 2

さて、今回は初見の高校生とも何本かできましたが、その中で、私が最近やっている組手は「私が肩車をやる」と分かっている相手にしか通用しないということがわかりました。

一発肩車を見せると効くのだがそれまではまるで無意味。いいように相手に攻められて終わり。なかなか難しいですね。つまり初見の相手には、最初は通常の組手を狙って、そのあとに、肩車用の組手を行くべきということですね。なかなか切り替えも難しいですが、価値はあるので試してみましょう。

稽古の後は先日と同様に桶西の南くんと寝技の乱取り&研究を行いました。数日でいろいろ教えたので・・・頭がパンクするかもしれなけいけど・・・覚えてくれたら嬉しいな。

夏休みも終了し、高校生の稽古もひと段落。この後は新人戦やら冬に向かって頑張って行ってほしいですね。

****

先の日記でも記載しましたが、この日記を最後にアメーバブログに移行します。
移行に際してリンク先でも貼り付けられればいいのですが、どうも順序とシステム上、無理らしく・・・ブログの題名は変わらないっぽいので、そちらで検索して下さい。これからもよろしくお願いいたします。
毎年恒例、上尾の埼玉県立体育館で行われている標記大会に参加させていただきました。本日はホストの小池先生は世界選手権の関係で不在でしたが、多くの先生にお会いすることが出来ました。本当に「野」柔道家の私がこんなに受け入れられているもんで嬉しい限りです。

イメージ 1

イメージ 2

赤黄の畳みは眩しいですね!

埼玉栄の川原先生に目をつけていただいたので、今日の相手は栄の軽量級選手でしたw。強すぎ(笑)。いい稽古になりました。

北先生はずっと赤帯をしてやってましたね。流石です。私も見習わないと・・・

稽古後に、久松先生に話をもらったので、桶西の南くんとじっくり寝技。人に教えると自分の理解も深まっていいですね。自分が下でハーフガードの時に、相手の足を折る(曲げる)技術をなんとなくやっていたのですが、今日改めて左右の足の使い方をじっくり考えて理解できたので良かったです。

いろんなところからいろんな話ももらったし、世界が広がるかな・・・柔道はいいですね!

明日はまじめに仕事をして、明後日また参加したいものです(⌒∇⌒)

さて、9/1でヤフーブログへの新規投稿が出来なくなります。
少し考えましたが、私は知り合いがやっていることもあり、「アメーバブログ」に移行しようと思います。移行しても変わらずよろしくお願いします(`・ω・´)b

宇都宮南高校新チーム

昨日は宇都宮南高校の稽古に参加してきました。3年生が引退してからは初めての参加です。やっぱ3年生は強かったな〜と実感。寝技、立ち技ともに相手をしてみて、1年生は最初に比べると強くなってる。特に鈴木君とは相性が悪いので、立ち技でいつも手こずる・・・2年生はもう少し課題に対して自由度をもって取り組んでみてもいいかな。少し「自由な発想」がないような気がする。柔道には正解はないし、それこそ生徒と先生と私は経験値も、体格も筋力も違うわけだから、もっと自分にあう方法を模索していいと思うんだよね〜

さて。

練習メニューは微妙にバージョンアップされていました。先生もいろいろ考えるな〜3人打ち込みはきつそうなメニューでした。

全体的に皆さんお疲れ気味。夏休みも終盤だし、昨日は練習試合だったそうですし。しっかりケアしてリセットして、秋の大会に向けてほしいですね。

さて。

自分の課題です。

寝技では足をがっぷりクローズガードにしないようにしました(この前の試合でえらい疲れたから)。そうすると案外と自由に動くので、下からの十字やら前三角やらいけそうな機会はあるのですが、ここは練習不足でなかなか決まらず・・・十字の時は距離が遠く、前三角の時は距離が近く・・・決まらなかったですね。練習が必要です。

立ち技では組手がちょっと遅かったですね。この前の試合でもっと自分の組手を作らないといけないという認識はしたのですが、高校生相手に少し遠慮してしまったり。相性もあるけど。初心にかえってもう少し腕全体を使った組手と相撲的体捌きを織り交ぜていくべきですか。明日はそれを心掛けたいですね。


チャレンジ!

本日はMJDのメンバーから聞いた古河市で行われる大会に参加してきました。
イメージ 1

この大会は総和柔道クラブの主催で、大人がもっと気軽に試合を楽しもう!とういう趣旨の大会です。なので、試合はトーナメントではなく、ワンマッチ制で、全柔連登録も必要なく、柔道着も規格がありません(常識の範囲内で!)

HPはこちら!↓

で、私はオトナチャレンジ3試合、ネワザチャレンジ2試合に参加させていただきました。はっきりいって無謀でしたね。オトナチャレンジ2試合、ネワザチャレンジ2試合にしておけばよかったと思います(笑)

試合の結果を先に報告すると、オトナチャレンジは3戦全敗、ネワザチャレンジは2戦全勝でした。極端な結果ですね〜(笑)

オトナチャレンジでは優秀選手に選ばれるような強い選手とあたった不運もありましたが、もう少し何かできたかな・・・と思います。そうそう、この大会では足取りおkなので、肩車に行ったときに足取りに行けばよかったなあ・・・とあとから後悔。普段からやってないと咄嗟に手が出ませんね・・・かといって、普段から高校生相手に足取りやるわけにもいかんし・・・少し難しいですが、七帝出身者とかとやるときにお願いすれば可能かもしれませんね!後輩にも知り合いにもいるし・・・

ネワザチャレンジでは、自分より重い選手と軽い選手と1試合ずつできました。最近、寝技の稽古が出来ていないので、どうかと思いましたが、「寝技に最も必要なのはメンタル」と言い聞かせ、メンタル負けしないように、頑張りました。特に2試合目ではメンタル負けはしなかったと思います。その分足の筋力が持っていかれましたが・・・

そんなわけで久々の試合はまあまあ。の結果でした。大会終了後に大会主催者からも次の大会への参加も打診されたし、そういう意味では上々でしょう。

イメージ 2

一緒に参加した大学の後輩も頑張っていました!

試合に参加して感じたことは、「試合のスタミナ」が足りないということ。体力的にも精神的にも。あとからもっと冷静になればこういう選択肢もあったな・・・と思うことが多い。かといって、自分が参加できる試合が多いわけではないので、そういう稽古を大切にして励んでいきたいですね。

「過去の実績は関係ない。今、稽古をしている奴が強い」
これからもチャレンジしていきたいと思います。
本日は春日部工業の稽古に参加してきました。
卒業生が多数参加していて、和気あいあいとした稽古でした。
暑かったですね。この暑さにはさすがの高校生も参っていたようです。

イメージ 1

稽古内容はいつも通り。昨日、いろいろ自重したおかげで、10本の乱取りフルに立つことが出来ました!

乱取り結果はいい感じのことでしたが・・・夏が明けたらどうかな・・・やられちゃうかもね。本当に高校生は稽古やって、食って、寝た分だけ強くなるからな。とりあえず今回のことを。

10本の乱取りをかなり冷静に裁くことが出来ました。さて、最近、組手が自然と変化しています。それは「両方の肩車に行ける組手」へと。この組手は攻撃力は最高なのですが、防御力に関してはまだ未検証なので、そこが課題ですね。組手の詳細は言葉では説明しづらいので(笑)割愛しますが、標記にあるように、襟ではなく、相手の脇本をもって相手の腕をコントロールする形ですね。春日部工業以外の高校生にどれだけ通用するか楽しみだぜ。

乱取りではレギュラーの山内君、玉沖君、そのほか再重量の山田君に、成長著しい深田君、黒帯になって本領発揮の海老根さんと次々にあたりに来てくれ、良い稽古になりました。

数週間後の埼玉県東部地区の選考会にいい形で臨んでほしいですね!!
昨日は春日部工業の稽古に参加してきました。春日部工業が断水やら停電やらで、地獄の午後からの開催。蒸し暑かった…稽古参加は私の他に日大歯学部の学生さん、中学生、春日部工業OBの島村さんでした。

イメージ 1
イメージ 2

稽古内容はいつもの通り。顧客満足度重視の小池先生が赤帯を下さったので、11本、お腹一杯稽古が出来ました!

今回の稽古では寝技を今までよりしつこくいきました。またすみ返しなども使って、寝技にいく回数も普段より多かったと思います。基本的には取れたので、良かったですが、前三角二回の機会をどちらも極めきれず…最近反復練習をサボってるから、焦っちゃって上手くいきませんでしたね。やっぱり打ち込みって大切。

立ち技では最近調子がイイのが、両方の肩車のフェイント。私が肩車使いということは、方々の高校にはバレバレなので、単発ではかからないこともあるのですが、この左右の肩車のフェイントはいけますね。今までは、かける際に特別組手を作ったりはせず、感覚的入っている部分があったのですが、最近、どういう体勢ならいける。というのが自分のなかで明確になってきた気がします。足技とも合わせていけば、より厄介な技になるでしょう(^-^)

本当に暑かったですが、稽古が終わった後に道着を脱いで扇風機の前にたったときの恍惚感は、二日酔いから快復するときのアレのような感覚でしたね。これから柔道をやるには厳しい季節に入りますが、高校生に負けないように頑張りたいものです…鰻でも食べて。

お疲れ様〜

今日は宇都宮南の稽古に参加してきました。きんしゅうきとインターハイ前最後の顔出し。3年生は本当にお疲れさまでした。しかし本当に蒸し暑かったね。若干記憶飛んだし・・・

稽古内容はいつもの通り。
イメージ 1

イメージ 2

今日のハイライトはもちろんインハイに出場する神谷選手との乱取りでしょう!久しぶりでしたね。最初にじっくり組手やって、「あ〜これ二本持たれたら投げられないわ」と思って、相手の引手を狙う作戦に変更。そして隙を見て引手側の肩車一閃!これまではあんまり引手側行ったことなかったから効いたわ〜。そしてその直後にもう一閃!いや疲れた。

そのほかに秋山君とは2本やりましたけど、1本目は超低空での左右の肩車の切り替えで何とか。2本目?正直あんまり記憶がない(笑)。

あとは、お、こいつ!と思ったのは野口さん。乱取り最初にこの前教えた左右のフェイントを使った肩車を仕掛けたら、俺が(笑)。耐えやがった。昔花咲徳栄高校の埼玉県チャンプをぶっ飛ばした技で、タイミングも悪くなかったのに・・・あいつしばらくやらないうちにしぶとくなったな。

そのほかは1年生に、2年生に、3年生の岩橋と磯田!それぞれ美味しくいただきました(笑)。

3年生は本当にお疲れさまでした。セカンドライフ、頑張ってほしいですね!
「出来るか、出来ないかじゃない。やるか、やらないかなんだよ」
結局は意思、意志、気持ち、気合なんですよね〜


昨日は春日部工業で行われた標記練習会に参加してきました。これは顧問の小池先生がこれまでのOBOG達に連絡して縦横のつながりを強化してもらおうという素晴らしい試みで、私はここ数年、参加させていただいております。

気温はそこそこでしたが、蒸し暑い中、卒業生と在校生、約80人が集まり、汗を流しました。

イメージ 1

引退した3年生も元気そうだったし、卒業生もそれぞれの夢に向かって邁進しているようです。刺激をもらいましたね。

自身の詳しい稽古の内容を。

試してみたかった相手の釣り手をくぐっての寝技への引き込みは不発でした。もう少し低く頭を抜かないと、寝技に引き込めませんね。

それから春日部工業新チームのレギュラー候補の深田君との乱取りはポイントを取られてしまいました・・・新しい組手が功を奏してはいますが、このままではジリ貧で負けてしまうでしょう。新たな何かを考えないと・・・

そのほか、3年生、卒業生がかかってきてくれて、いい稽古になりました。3年生はプレッシャーから解放されて晴れ晴れ稽古してましたね(それでも春日部工業のプレッシャーは他校に比べると逆の意味で、比ではないと思いますが・・・)

稽古後にはお祭りをしている春日部の街に繰り出し、昼から飲みました!普段は小池先生と、MJDの森田さんぐらいで飲むのですが、今回は小池先生の教え子も混ざり、昔の話に花を咲かせ、目利きの銀次→菊盛という黄金コースでお開きとなりました。そのあと、笑笑でも飲みましたが・・・この連休はモンテローザ系に厄介になりっぱなしです(苦笑)

どこのチームもそうですが、3年生が抜け、新人に向け各チーム最初の山である夏休みに突入しますね!高校生にはよく言っているのですが、夏休みに強くなるには、シンプルに稽古をできるだけやればいい話なのです。他人よりより稽古をするには、できるだけ怪我をしないように、しっかり予防とケアをし、そして他人よりも一歩前に立ち、一本でも1秒でも長く稽古をする。それだけですね。

私も高校生に負けないように頑張ります!

肩車4種講習会

今日は振休だったので、宇南の稽古に参加してきました。練習内容はいつも通り。私は理由はわかりませんが、いつも通りにアドレナリンが出なかったので、淡々と冷静にやっていました。その甲斐あってか、寝技も立ち技もそこそこ。ただ、ペースは上がらなかったので、鈴木君に取られたあとは取り返せませんでしたね。

鈴木君もそうですが、1年生はだいぶ寝技が強くなりましたね。まだ自信はないそうですが、怪我無くこのままいけば、ひと夏でだいぶ強くなるでしょう。

稽古の後に肩車の講習をしました。

1年生向けに翔車壱式と弐式を教えて、上級生向けに両袖での入り方と、翔車零式を。

翔車零式↓

翔車壱式↓

翔車弐式↓

翔車零式だけ解説がないのでここで。
まず自分が亀の状態で、相手を視界に置きます。
次に相手が差し出してきた手を取ります(動画の場合は相手の右手を左手で取っています)
手がとれたら膝でいざって相手の脇に頭を入れ、回転します。
この時に、相手の手を取っていない方の手は相手の膝付近を持ちます。
※相手の足の間に手を突っ込むと関節を取られるので、膝の前の道着を持つか、膝の外側を外無双の要領で持ちます。動画では膝の前の道着の弛みを握っています。
回転したら、自分はさらに相手の上で1回転して、相手を抑え込みます。
この時に引き込んだ手を自分の首に巻き付けて、極めます。
※襟を持たれていると、絞まってしまうので、その点だけは注意のこと。

動画ではけっこう頑張って頭を入れていますが、最近はここまで入れなくても、むしろ相手の腕を引き込んだ方が効率的と考えています。動画を撮りなおしますかね・・・

もし、相手が重かったりして、上手くいかないときは、腕を深く差し入れて、逆にねじると関節が極まります。今日、秋山君と水戸部君には教えましたね(`・ω・´)b
行きかたは全然違いますが、極め方はこんな感じ。

さて、何人がものにできるでしょうか。

関東ジュニア大会応援

日曜日に埼玉県の上尾の体育館で行われた標記大会の応援に行ってきました。これまでは私自身になじみのなかった大会ですが、練習に参加させてもらっている宇南の生徒さんたちが4人出場していたので、応援に行ってきました。

イメージ 1

上尾の体育館の畳みが赤黄になってからの訪問は初めてです。まぶしい・・・。

関東ジュニアは各県の選抜で選ばれた選手が出場してきます。また、出場選手は年齢でくくられるため、大学生なども出てきます。栃木県では強豪大学がないので、比較的高校生の天下ですが、例えば茨城では筑波大学、埼玉では埼玉大学、千葉では国際武道大学などの学生が出場してくるので、この大会は出ることすらなかなか大変です。

その中で出場した4選手のうち、二人は初戦を突破しました!素晴らしいですね。大したもんですよ。続く二回戦では敗退となりましたが、本当に格上の相手にがっぷり四つで投げられたような感じでしたから、敢闘でしょう。怪我もしなかったし。

これで宇南の3年生に残る試合は金鷲旗とインターハイだけになりましたね。出場する選手は限られていますが、それを全員でバックアップする。仲の良さが宇南のいいところだと思うので、最後までそのスタイルは変えないでほしいですね。

そして試合が終わった3年生はお疲れ様でした。2年とちょっと、かなりの練習量をこなしてきたと思います。本意な結果で終われなかった子もいたかと思いますが、良くやったと思いますよ。次のステップに進んでほしいですね。柔道をやらずとも、柔道場で学んだことを生かして。

******

大会では普段お世話になっている春日部工業の小池先生も第5試合場で審判をなさっていました。自分の席からは遠かったので、審判をじっくり見ることはできなかったのですが、選手に気持ちよく試合をしてもらうように考慮しながらも、しっかり試合をコントロールする技術の片鱗は見えたような気がします。

試合全般については、実力伯仲の試合がやはり多いので、一本勝ちはあんまり見られませんでしたね〜GSで10分近くやっている選手も・・・過酷ですね。

ルールが改正されてからしばらくたち、大きなルール変更は最近はないのですが、相変わらず、日本の柔道は立ち技偏重ですね。ルール改正でもう少し寝技偏重になるのかと思ったのですが。

柔道は立ちから始まるので、当然立ち技は必要になるかと思われがちですが、実は私はそうは思っていなくて、立ち技よりも組手が重要だと思うのです。まず、組手があって、そのうえで立ち技または寝技で仕留める。もちろん両方できれば一番いいんですけどね〜

さらに勘違いしがちなのが、組手は「目的」ではない。ということ。組手はあくまで組手の後の立ち技、ないし寝技のフィニッシュの「手段」なので、そこにどう繋げるかということではないですかね〜

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事