ここから本文です

書庫全体表示

先日、川越高校に稽古に行った時に、肩車の動画を頼まれた。

既にYouTube上にあるのだが、よくわからないということだそう。

というわけで、解説の日記を書いてみた。

今回は自分が最も得意とする型である、引き手側に入る変形肩車(翔車壱式)の解説を。

この技をやる人はほぼ皆無なので、よくかかります。ではまず動画から。


で、これだけだとわからないという注文ですね。

なので解説を。
イメージ 1




まず組手から。基本的にはいつも持っているところを持ちます。
この技のコンセプトとして「持ち替えない」「自然に入る」ということがあるのでいつもの組手からいきます。


イメージ 2
仕掛けるタイミングとして自分の頭と相手の脇が近い状態(写真のような前かがみ同士の状態)で仕掛けます。
近くない状態で無理やり仕掛けるとしっかり相手を担げず、うまくいきません。組手争いの状態でお互い前かがみの状態とかが大好物ですね(笑)


イメージ 3
足を滑り込ませて相手を担ぎます。
この時滑り込ませた足(写真なら左足)は伸ばしても曲げてもいいです。
この足を引っ掛けて投げるわけではないので。
滑り込ませない足(写真なら右足)はしっかり畳を掴んで踏ん張れる状態でいるようにします。


イメージ 4
別の角度から。しっかりつま先で踏ん張っていますね。


イメージ 5
次に投げる角度。上の写真と連続してみるとわかりやすいと思いますが、滑り込ませた足側の手(写真なら左手)の方向に投げます。
この時前だと相手に耐えられてしまい、後ろだと自滅して押さえ込まれてしまうので注意。


イメージ 6
別の角度から。左手の肘の方向に引き込んでいますね。


イメージ 7
最後に極めの説明を。
投げるとこのようになります。
この技は「うまく転がす」技なので、中々一本になりません。
従ってきっちり寝技に行くことが大切です。
ここからの寝技への行き方は、手を持ち替えず、滑り込ませていない方の足(写真の場合は右足)のつま先を軸にして相手の方にブリッジします。


イメージ 9
上半身は相手に預けてプレッシャーをかけながら、右足で踏ん張り、左足をまたいで・・・


イメージ 8

上半身も相手の体上でひねって・・・


イメージ 10
抑えこみます。

ここまで解説してきましたが、中でも特にポイントを列挙します。
1.さりげなく行く(特殊な組手とかしない)
2.相手の脇が近い時(組手でうまくその姿勢を作りましょう)
3.うまく投げられなくても直ぐ寝技に行く

1、3は心構えですので、特に2が重要でしょう。
無理やりいくと上手くかかりません。

最後に。

この技は自分が投げやすいように改良を重ねた技です。

この解説を読んでいるあなたと私の体型は絶対に違います。

腕の長さとか、力とか・・・だからもっとあなたに適したやり方があると思います。

解説にとらわれずに、試行錯誤を繰り返してみてください。

  • 足取り禁止のルール変更で戸惑っていたところ、この動画を拝見しました!
    是非、見につけたいと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)

    柔道って、タックル、すくい投げなどに対応できるからこそ、柔道だと思うのですが(T_T)反則になるとはーなんだかなー

    [ waki ]

    2018/1/13(土) 午後 4:42

  • 顔アイコン

    > wakiさん
    コメントありがとうございます!
    是非!身に着けていただいて、肩車を広めてください!
    「禁止されたからこそ諦めない」そんな心意気です!

    [ MJD鈴木 ]

    2018/1/15(月) 午後 10:17

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事