建築士から見たマンションについての本音を公開します

DOM(ドム)一級建築士事務所です。マンションの調査診断、設計監理等コンサルをしています。マンションでのトラブルのご相談受けます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

日本橋の大同生命の左隣にあった建物は、はいばらビルです   

和洋折衷ビルのはしりと言われている建物です

日本家屋では、窓の上に霧除け庇をとりつけますが、このビルの窓には霧除け庇を採り入れ、日本

の伝統的な雰囲気を出しています

霧除けの屋根には和瓦を載せています

壁面には渋い色合いのタイルを貼り、パラペットや窓枠のテラコッタタイルも渋めの色にしていま



和と洋がマッチしたすばらしいファサードであったと思います

しかしながら、和洋折衷様式はどうしても暗い感じが漂ってしまう

これは、建築が昭和の時代の暗さを暗示しているように思われます


設計者  中村 直次郎、矢部 金太郎

竣工年  昭和4年 

施工者  山田工務店

構 造

所在地  中央区日本橋2−7


日本近代建築建築総覧では、設計者は中村直次郎とされていますが、彼一人の設計ではないと考えていま



この建物の設計者とされる建築家中村直次郎は、和洋折衷様式のパイオニアである建築家ですが、

彼の他の建築作品は知られておらず、幻の建築家となっています

はいばらビルの設計は、中村と矢部の共同によるもので、復興建築助成株式会社で建設とされてい

ます(矢部金太郎−ウイッキペデア)

従って、当ブログでは設計者を中村と矢部の共同としました

中村直次郎について調べていますが、ふしぎなことにはいばらビル以外に彼の建築作品は見当たり

ません

私は、中村直次郎は、実は榛原(はいばら)商店の4代目であった榛原直次郎(中村家)ではなか

ったのかと思っています

榛原商店は、創業200年の和紙の超老舗で、日本の紙文化や芸術に貢献してきました

中村直次郎の著作として、

聚玉(しゅうぎょく)紙集/聚玉文庫 1933年(昭和8年)

和紙雑考:見たまま聞いたままの和紙についての記録/榛原商店編−榛原商店 1960年

があります

榛原商店は関東大震災で被災したため、その再建に建築家矢部金太郎と彼が籍をおいていた復興建

築助成株式会社の力を借りたと思われます

建物の基本デザインは、施主の4代目榛原直次郎こと中村直次郎が行い、詳細設計は矢部が担当

したのではないかと思います

中村直次郎の建築作品がはいばらビル以外に見当たらないのは、彼がプロの建築家ではなく

榛原商店の当主であったからだと思います

そうなると、和洋折衷様式ビルのパイオニアは、プロの建築家ではなかったということになります

(これは私の仮説です)

和洋折衷様式の建物について、当ブログでも掲載してきました

金万証券ビルは昭和2年に竣工していますので、はいばらビルより先に出来た和洋折衷様式ビル

で東京市芝区役所庁舎の竣工は昭和4年ですので、はいばらビルと同じ時期となります

東京市芝区役所庁舎は、和洋折衷様式ビルより帝冠様式に近いビルですが


金万証券ビル  http://blogs.yahoo.co.jp/mk26813/36280147.html

東京市芝区役所庁舎 http://blogs.yahoo.co.jp/mk26813/38387215.html


★ネガ有り 9−27B★

開く コメント(0)

懐古写真館

イメージ 1

高知県須崎の海   

懐古写真館では30年前の街なみや明治から昭和初期のなつかしい建物の写真を公開しています。  

すでに取り壊された文化的価値の高い建物も多数あります。  


☆お知らせ☆

最近、掲載した写真を希望される方がいるため、写真の焼き増しサービスを行うことにしました

ネガフィルムは30年以上経過しているため、多少変色しているものもあります

フィルムのメーカーにより色合いが掲載の写真と多少ことなります

Lサイズ(8.9×12.7)    1枚500円

2Lサイズ(12.7×17.8)  1枚600円

4ツ切サイズ(25.4×36.5) 1枚800円

サービスは送料含む

申込はEメールでお願いします

お問合せ先 mk26813@yahoo.co.jp
 

思い出深い建物をこれからも掲載して行きます。  

注 懐古写真館に掲載の写真を無断で使用することはできません。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

撮影は30年くらい前だと思います

下の写真は東京国際フォーラム側のオーダー(柱列)です   
 
中央郵便局側の建物は、昭和12年に増築されています

増築部のデザインは、大正時代に建てられた本館と、違和感のないデザインとなっています

昭和12年頃になると、戦時色が濃くなり、物資不足により大きな建物が造られなくなってきた時

代です

同じ12年に竣工した丸の内の旧国鉄本社ビルは、戦争前に屋上に爆弾に耐える耐弾層を設置しま

したが、この建物の屋根には耐弾層が設置されたのかについての文献は見つかりません


旧館
 
設計者  桜井 小太郎   

竣工年  大正11年

施工者


新館

設計者  藤村 朗(三菱合資会社地所課)

竣工年  昭和12年  

施工者  大林組


桜井小太郎の作品 http://blogs.yahoo.co.jp/mk26813/47666182.html  

         http://blogs.yahoo.co.jp/mk26813/47632075.html   


★ネガ有り 上4−4 下    ★    

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事