もりつちの徒然なるままに

<禁無断転写> ウォーゲームの話、戦史の話(かなり濃い目)、旅の話などを書いてみました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

太平洋の試練-真珠湾からミッドウェーまで

イアン・トール 村上和久訳 文芸春秋

太平洋戦争初期、真珠湾攻撃からミッドウェー海戦までの戦いを主に米軍側の視点で描いた作品である。米軍側からとはいっても、今では日本側の事情が米側にもかなり正確に伝わっているので、日本側の事情についてもそれなりに詳しい。日本側のミッドウェー作戦についても構想段階から描かれており、当然ながら日本側の戦略に対しては評価が手厳しい。
日本では余り知られていない事として、例えば珊瑚海海戦での米艦爆の照準器不良問題(急降下すると曇って使い物にならなくなる)や、真珠湾攻撃直後における米国内の混乱状況については、興味深く読めた。また言うまでもないが、特に下巻で触れられている珊瑚海、ミッドウェー海戦の描写については、(他の著作でもそうだが)血沸き肉躍る場面であった。
もう1点、本書の興味深い点として、戦前の日本政治についてかなり詳しい描写がなされており、それに対する筆者の評価が記されている点である。筆者によれば、戦前の日本はテロによって国家の行く末が決められ、もはや議会政治が機能していなかったとのこと。全く以て妥当な評価である。

お奨め度★★★★

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事