もりつちの徒然なるままに

<禁無断転写> ウォーゲームの話、戦史の話(かなり濃い目)、旅の話などを書いてみました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 16

このブログで何度か紹介している現在戦車戦ゲームMBT(以下、本作)は、1980年代後半における戦術レベルでの陸上戦闘を再現するシミュレーション・ゲームだ。1Hex=100m、1ユニット=1両、1機、1分隊/班のスケールで1987年西ドイツにおける東西両陣営の通常戦闘を再現する。

この度、本作について複数のプレイヤ―が参加する多人数プレイの機会を得たのでその記録を紹介する。

シナリオ1:First Clash Pt.1

イメージ 11本作のイントロとなるシナリオである。米第1機械化歩兵師団「ザ・ビッグ・レッド・ワン」に所属する戦車中隊とソ連軍第48自動車化歩兵師団に所属する戦車中隊との激突を描いている。米軍にはM60A3スーパーパットンが15両、対するソ連軍はT-72BV計13両が登場する。兵力ではやや米軍が上回っているが、性能面ではソ連軍が優位に立っている。全般的には概ね互角の対決と言えるだろう。
勝利条件は敵ユニットの撃破とマップ中央部の渡河点確保。両方とも盤端から進入するので、早い者勝ちだ。米ソ2名ずつで担当し、下名は米軍を担当する。ルールは上級ルールまでとし、選択ルールは採用しなかった。

結果は悲惨なものであった。隠蔽地形を利用して巧みに接近するソ連軍に対し、平地を無防備な状態で進んでいた我がM60A3は十字砲火に晒されてしまう。これが新型のM1エイブラムスなら装甲の厚さで耐えることもできたかもしれないが、旧式のM60A3では抵抗にムリがあった。敵T-72BVが放つ125mm徹甲弾が、M60A3の脆弱な装甲をまるで紙のように貫いていく。M60A3の高い車高も悲劇に拍車をかけた。

イメージ 2

イメージ 8


僅か2Turnの射撃戦によって7両ものM60A3が撃破されてしまう。反撃によって3両のT-72BVを撃破したが、抵抗もそこまで。

「ま、練習戦はこんなものでしょう」

という一言によって、「ザ・ビッグ・レッド・ワン」を見舞った悲劇はお開きとなった。


シナリオ7:Head-to-Head

イメージ 12今回メインとしていたシナリオである。フルダギャップにおける米第8機械化歩兵師団「パスファインダー」
とソ連軍第57親衛自動車化歩兵師団の遭遇戦を描いたシナリオである。登場兵力は両軍とも戦車1個中隊、機械化歩兵/自動車化歩兵1個中隊、その他支援部隊である。米軍の戦力は、M1エイブラムス主力戦車14両、M113A2兵員輸送車14両(+乗車歩兵)、自走迫撃砲+盤外砲兵1個中隊。ソ連軍は、T-80BV主力戦車14両、BTR-70兵員輸送車16両、盤外砲兵2個中隊。兵力はほぼ互角だが、戦車性能では新型のM1エイブラムスを装備する米軍が勝っている。このM1エイブラムスは、湾岸戦争等で活躍したM1A1のオリジナルとなったモデルである。M1A1が120mm滑腔砲を装備しているのに対し、この無印M1は105mmライフル砲をその主砲としている。これは旧式のM60と同じものだ。従って火力では最新型には敵わない。ただし装甲防御は(M1A1にこそ及ばないものの)かなり強力で、少なくとも今回対峙するソ連軍のT-80BV主力戦車よりは勝っている。

イメージ 1


勝利条件は、敵ユニットの撃破に加えて、マップ中央付近に位置している2つの村落を支配すること。両方とも盤端から進入するので、早い者勝ちだ。米ソ2名ずつで担当し、下名は米軍を担当する。ルールは上級ルールまでとし、選択ルールは採用しなかった。

このシナリオは遭遇戦タイプなので、両軍ともマップ端から進入する。最初は両軍共遭遇がないので、ひたすら勝利条件ヘクスに向けて前進する。

イメージ 5


第4Turn、米重戦車中隊に所属するM1エイブラムス約10両が、距離約2000mでソ連軍戦車中隊を捉えた。遮蔽地形を利用するソ連軍戦車であったが、エイブラムスからの射撃は精確を極め、ソ連戦車4両を撃破、1両の砲塔を損傷せしめた。

イメージ 6


イメージ 14ソ連側は距離2000mで主砲徹甲弾の有効性に自信が持てなかったので、主砲発射型の対戦車ミサイル、9K112コブラ(AT-8ソングスター)を矢継ぎ早に発射した。計4発のコブラミサイルがM1エイブラムスの正面装甲に命中したものの、エイブラムスの複合装甲がそれを悉く跳ね返した。驚愕するソ連軍プレイヤー。

イメージ 3

イメージ 9


イメージ 13その頃、山の裾野付近では、兵員輸送車同士の地味な戦いが始めっていた。ソ連軍のBTR-70と米軍のM113A2が距離200mで激しく打ち合いを始めたのである。双方とも4両。火力は共に機銃装備。しかし装甲厚が段違いであった。米軍のM113A2はBTR-70の放った14.5mm機銃弾を悉く跳ね返していたが、装甲の薄い(ソ連軍IFV/APCは伝統的に装甲が薄い)のBTR-70は米軍の12.7mm機銃弾に耐えられなかった。複数の機銃命中を受けて爆発炎上するBTR-70。この銃撃戦によって4両のBTR-70は悉く擱坐乃至炎上していった。

イメージ 7

イメージ 10


さらにソ連軍にとって災厄は続く。米軍盤外砲兵がソ連軍自動車化歩兵中隊を捉えた。T-80BVの1個小隊とBTR-70の1個小隊が弾幕射撃によって捕捉された。1両のBTR-70が直撃弾を受けて炎上する。重装甲のT-80BVはさすがに撃破こそされなかったものの、1両が履帯を切られて行動不能になり、他の2両は砲撃によるショックによって制圧状態になってしまう。

イメージ 4


この段階で兵力の半数近くを損失し、勝ち目がないと判断したソ連軍プレイヤーは、以下の述懐を発して投了を宣言した。

「主力戦車の性能差がありすぎる・・・・」


イメージ 15

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事