もりつちの徒然なるままに

<禁無断転写> ウォーゲームの話、戦史の話(かなり濃い目)、旅の話などを書いてみました。

全体表示

[ リスト ]

ニューギニア沖海戦。1942年2月20日、日本海軍陸攻隊と米空母機動部隊が初めて対決した戦いである。ラバウル東方約400海里に接近してきた米空母「レキシントン」を中核とする機動部隊に対し、爆装した陸攻17機が反撃のために出撃。米戦闘機の妨害と対空砲火で15機もの損失を出すという大損害を被って攻撃そのものは失敗に終わったが、日本機の攻撃を受けた米機動部隊はラバウル攻撃を諦めて撤退。ラバウルを守るという日本軍の目的は辛うじて達成された。

現在作成中の「海空戦、南太平洋1942」では、練習シナリオとしてこのニューギニア沖海戦を収録している。航空機運用、索敵システム、空対空、空対艦戦闘を学ぶ教材として利用できるようにしている。かつてAH社から発表されていたFlat Topでも、同じ戦いが練習シナリオとして用意されていた。

兵力

日本軍

ラバウル:A5Mx2、A6M2×1、G4Mx2、H6Kx1、E13Ax1
トラック:G4Mx1、E13Ax1

米軍

空母「レキシントン」、重巡4、駆逐艦8
F4Fx3、SBDx3、TBDx1

勝利条件

(1) 空母「レキシントン」に中破以上の損害を与えれば、日本軍の勝利
(2) (1)以外でラバウルの飛行場に4打撃以上与えれば連合軍の勝利
(3) (1)(2)以外の場合、獲得のVPが大きい方が勝利

シナリオ特別ルール

(1) 日本軍陸攻(G4M)は雷撃を実施できない
(2) 零戦(A6M)の航続距離は24,16x2とする。(当時ラバウルには零戦用の増槽が到着していなかった)。

連合軍の作戦

(1) 第1波はラバウルから12ヘクスの距離から放つ。護衛戦闘機の付けれられない裸攻撃だが、止むを得ない。
(2) 第2波はラバウルから9ヘクスの距離から放つ。可能ならば護衛戦闘機1ユニットをつける。
(3) 空母上空に必ずCAPを2ユニットつけて艦隊防空に万全を期す。

日本軍

(1) 索敵は水偵と飛行艇で行う。
(2) 攻撃は陸攻の水平爆撃とするが、可能なら大艇による少数機の薄暮雷撃を試みる。
(3) 戦闘機隊は基地防空を主任務とするが、可能なら陸攻隊の護衛を行う。

ゲーム展開

2:00

まだ未明である。日本軍はラバウル基地で索敵機とCAP機の発進準備を整える。米軍は機動部隊を移動させてラバウルに接近させる。現在の距離は17Hex(510海里)。まだ距離は遠い。

イメージ 1


6:00

イメージ 3夜が明けた。日本軍は零式3座水偵(E13A)1ユニット、97大艇(H6K)1ユニットを索敵に発進させる。米軍はCAPのF4F 2ユニットで艦隊上空を守る。索敵機の1機が米艦隊を捉えた。

「サンタイサベル島北方90海里に敵艦隊発見」

索敵機の報告は正確だったが、まだ敵の概要を捉えたに過ぎない。日本軍は正確を期するために第2報を待つ。一方、米軍はCAP機を増強して日本機の来襲に備える。

「先の報告は誤り。敵はサンタイサベル島北方150海里」

実際には2回目の索敵が位置誤認で、1回目は正確だったが、日本軍プレイヤーは知る由もない。しかし2ヶ所のどちらかが本物だとすれば、両方に接するヘクスに目標地点を設定すれば攻撃は可能だ。本ゲームでは、攻撃目標の隣接ヘクスに敵艦隊が存在すれば、攻撃が実施できるようになっている。

「攻撃隊発進せよ」

イメージ 4爆装した1式陸攻2個編隊計18機がラバウルを飛び立つ。護衛の戦闘機はついていない。通常ならば零戦で援護可能な距離だったが、今回は零戦用の増槽が到着していなかったので、護衛なしだ。唯一の期待は米軍の防空網の隙をついての奇襲だ。奇襲成功の可能性を高めるため、日本側の攻撃隊は中高度と低高度の2編隊に分かれて目標に接近する。どちらかが一方でもCAP網を抜けてくれれば、という苦肉の策だ。

日本軍の思惑通り、陸攻18機からなる攻撃隊は首尾よく米空母部隊を捉えた。ここまでは予定通り。しかし期待していた奇襲は失敗。レーダーによって日本攻撃隊の接近を知っていた米機動部隊は18機の戦闘機でこれを迎え撃つ。

イメージ 2


イメージ 5戦闘は一方的だった。攻撃隊の約3/4が米機動部隊に辿り着く前にCAP機によって撃墜されてしまう。残った4〜5機の陸攻は何とか米機動部隊上空に進入する。激しい対空砲火が陸攻隊を包み、その全てが投弾前に撃墜されてしまう。

陸攻隊全滅。

ニューギニア沖海戦の第1ラウンドは史実通り米軍の一方的な勝利に終わった。

10:00

イメージ 6ラバウルからの距離360海里(12ヘクス)に近づいた米機動部隊は、SBD艦爆3個中隊(27機)からなる攻撃隊を発進させた。目標はラバウル。護衛戦闘機は航続距離の関係からつけていない。艦船攻撃の場合とは異なり、相手が動かない固定目標の場合、航法さえ間違わなければ目標へ到達できるので、比較的長い距離でも攻撃可能だ。
ラバウル上空では、零戦1個中隊、96艦戦2個中隊、計3個中隊がこれを迎え撃つ。

実際に「レキシントン」が搭載している艦爆はもっと多いが、このシナリオでは艦爆のうち半個中隊(9機)は索敵のために出撃していると仮定している。

イメージ 7先程とは逆の戦いが繰り広げられた。SBD艦爆のうち、零戦に狙われた1個中隊は壊滅。96艦戦に狙われた2個中隊も半数が爆弾を投棄して帰路につく。残り1個中隊のSBD艦爆が果敢にもラバウル基地に急降下爆撃を実施する。結果は2Hitで、着陸していた零式3座水偵1ユニットが爆撃の犠牲となった。

かくして米攻撃隊は半数を失うという大損害を被ったが、爆撃によってラバウル基地の機能を一部奪うことに成功した。

14:00

イメージ 8日本側の索敵機が米機動部隊を探すが、まだそれを発見できない。そこの頃、ラバウルから270海里(9ヘクス)まで接近してきた米機動部隊からは第2次攻撃隊が発進していた。F4F 1個中隊に護衛されたSBD1個中隊である。これを零戦1個中隊が迎え撃つ。F4Fの奮戦によってSBD艦爆隊は零戦の攻撃を免れ、ラバウルに対する急降下爆撃を敢行した。艦爆隊は対空砲火で1ステップを失ったが、爆撃でラッキーヒットを出して3Hit。トラック島から応援に駆け付けた1式陸攻を初め、13機程度の日本機が炎上した。

この時点でほぼ決着がついたのでテストプレイは終了とした。プレイに要した時間は約2時間だった。

感想

概ね期待通りの展開であった。ただしSBDの攻撃距離がやや長すぎる(360海里)という気がする。例えば対艦攻撃の攻撃距離の基準値を240海里とし、対地攻撃時を270海里ぐらいにするのが妥当かもしれない。見直してみよう。

イメージ 9

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事