もりつちの徒然なるままに

<禁無断転写> ウォーゲームの話、戦史の話(かなり濃い目)、旅の話などを書いてみました。

全体表示

[ リスト ]

鋭意作成中の空母戦ゲーム「海空戦、南太平洋1942」(以下、本ゲーム)だが、前回の珊瑚海に引続いて作戦級シナリオのテストである。
今度のシナリオ「空母対空母」は架空戦で、日米の新鋭艦隊空母が2対2で対決するというもの。時期は1942年9月〜10月で、時期的には南太平洋海戦の時期に相当する。登場兵力はお互いに空母機動部隊と僅かな長距離哨戒兵力に絞り込んでいるため、比較的短時間で空母同士の対決を堪能できるようにデザインされている。

前回まで-->こちら

米空母の反撃

イメージ 6その頃、空母「エンタープライズ」を発進した攻撃隊が日本艦隊上空に到達しつつあった。彼らは目標地点に敵空母の姿が見えないことに焦りを感じていたが、彼らは冷静だった。眼下に見える水上部隊と思われる日本艦隊を無視し、その後方約30海里に空母2隻を中心とする日本機動部隊の姿を発見したのである。「ホーネット」の敵討だ。彼らの胸は高まった。

一方の日本軍。攻撃にほぼ全力を投入していたため、艦隊上空を守るのは僅か18機の零戦に過ぎない。日本軍のレーダーがここでは効果的に運用されたため、18機の零戦は米艦爆迎撃に向かった。

イメージ 2


イメージ 7零戦隊は善戦し、米艦爆隊の半数について機動部隊上空突入を阻止した。残り半数の艦爆隊が機動部隊の上空に達して急降下爆撃に入った。彼らの狙いは空母「翔鶴」である。「翔鶴」の左前方1000mには、新鋭の防空駆逐艦「照月」が布陣し、的確な射撃を米艦爆隊に浴びせかけている。
艦爆隊のうち半数は、激しい対空砲火を恐れて爆撃前に爆弾を投棄する。残り半数は果敢に効果を続けたが、対空砲火のために数機が撃墜された。実際「翔鶴」へ爆弾を投下できたのは数機に過ぎなかった。

爆弾3発が「翔鶴」に命中した。「翔鶴」の飛行甲板は大破し、発着艦が不能となったが、艦の運用には支障がなかった(若干の速度低下が認められたが)。それでも既に帰還していた第1次攻撃隊の分も含めて、数個中隊の航空部隊が「翔鶴」の艦内に取り残されたのが痛かった。

戦闘の第1ラウンドが終わった。米軍は空母「ホーネット」を失い、日本軍は空母「翔鶴」が中破した。艦の損害では明らかに日本側に分があったが、航空機の損害は日本軍の方が遥かに大きかった。そしてお互い弱体化した戦力によってさらに戦いを続けることになる。

第2撃

イメージ 8米機動部隊は2個機動部隊が合流した。戦艦中心の機動群と空母中心の機動群に再編成するためである。また「ホーネット」の生存者を救助した駆逐艦2隻は本隊から離れて戦場を離脱していった。
残った空母「エンタープライズ」で使用可能な艦載機は、「ホーネット」からの移送組も含めると、F4F戦闘機5個中隊、SBD艦爆3個中隊、TBF艦攻2個中隊。計10個中隊は維持している。米軍は新たに以下の2個機動部隊を編制。第2群を先頭に立てて日本艦隊を追う。

第1群:空母「エンタープライズ」、重巡1、防空巡3、駆逐艦4
第2群:戦艦「サウスダコタ」、重巡2、駆逐艦6

一方の日本軍は艦隊編制そのものはこれまでの状態を踏襲しつつ、一旦北上して距離の離隔を図った。使用可能機は、零戦4個中隊、艦爆2個中隊の計6個中隊のみ。その他に中破した「翔鶴」艦上には、零戦、艦爆、艦攻各1個中隊の計3個中隊が残っているが、元より発艦できないので戦力外である。

イメージ 9午後になって再び両軍の索敵機が敵を捕らえた。先に敵を捕らえたのは米軍だ。

「北方210海里に敵艦隊発見」

それだけだ。敵の空母や戦艦の数も言ってこない。この報告でどこまで信じれば良いのか・・・。
一方、日本軍の索敵機も敵艦隊を捉えていた。しかし肝心の空母を見落としてしまい、空母の有無は不明だ。果たしてどこまで信じたら良いものか・・・。

慎重を期した米軍は、待機中の攻撃隊を手元に留め、さらに続報を待った。1時間後。待ちに待った第2報が届く。

「敵空母ミユ。敵兵力ハ、空母2、中型戦闘艦1、小型戦闘艦7。敵ハ上空ニ戦闘機ヲ伴ウ」

「エンタープライズ」の飛行甲板から艦爆2個中隊からなる第2次攻撃隊が北の空に向かった。続いて艦爆1個中隊、艦攻半個中隊からなる第3次攻撃隊も飛行甲板に並べられて準備を進める。

しかし立ち上がりは日本艦隊の方が早かった。残存攻撃兵力の全てと言って良い艦爆2個中隊を、まるで虎の子のように零戦1個中隊が守る。一方機動部隊上空には零戦2個中隊がCAPの陣を敷く。

イメージ 10最初に戦場に到着したのは日本側の攻撃隊であった。しかし彼らはここで致命的なミスを犯した。彼らは後方の空母部隊ではなく、空母の前面で防御陣を敷く戦艦「サウスダコタ」以下の水上部隊に突入してしまったのである。攻撃隊長は全軍突撃を命じた後にミスに気付いたが、最早どうすることもできなかった。

信じられないかもしれないが、「決戦!、南太平洋1942」では、攻撃隊が間違えて前衛艦隊を攻撃してしまう場面を再現できる。プレイヤーが望む望まないに関係なくだ。勿論、そのリスクを極小化するテクニックも存在するが、そのことについてはまた別の機会に・・・。

イメージ 1


イメージ 11上空警戒に当たっていた戦闘機3個中隊が日本機を迎え撃つ。今回もまた零戦隊は3倍の数を誇る米戦闘機相手に奮戦し、半数を失いながらも敵戦闘機2個中隊を完全に拘束した。しかし残り1中隊の敵戦闘機によって艦爆1中隊が壊滅し、残る1個中隊が急降下爆撃を敢行した。
彼らは輪形陣中心の「サウスダコタ」は手強しとみて敬遠。輪形陣の右後方に位置していた重巡「ノーザンプトン」を狙った。
イメージ 12激しい対空砲火によって突入した機体の約半数が撃墜され、残りも「ノーザンプトン」から「ポートランド」に狙いを変更して投弾した。1発の250kg爆弾が「ポートランド」に命中した。第1番砲塔が破壊され、「ポートランド」は数十名の死傷者を出したが、艦への損害自体は軽微であり、小破といった所だった。

一方の米軍第2波攻撃隊は、やや遅れて戦場に到達した。日本軍のレーダーは例によって奇襲を許してしまい、上空警戒中の零戦は2個中隊のSBD艦爆を阻止できない。対空砲火が艦爆隊を迎え撃つ。艦爆隊の半数が爆弾を投棄して離脱したが、残り半数が損傷した「翔鶴」に1000ポンド爆弾を叩き込んだ。
3発が「翔鶴」に命中した。既に先の攻撃で損傷していた「翔鶴」はこの打撃に耐えることはできなかった。「翔鶴」沈没。

イメージ 3


イメージ 13米軍の第3次攻撃隊は、1個中隊のSBD艦爆と半個中隊のTBF艦攻から成っていた。彼らのうち、艦爆隊は零戦2個中隊による迎撃を受けたが、艦爆隊の奮戦によってこれを撃退した。彼は眼下に見える空母「瑞鶴」を攻撃。爆弾2を命中させてこれを中破した。

イメージ 4


やがて夜の帳が戦場を覆い、日本軍は戦場を離脱し、海戦は終了した。

結果

両軍の損害を以下に記す。

イメージ 5


勝利得点は日本軍55VP、連合軍72VPで連合軍の勝利となった。

感想

イメージ 14プレイ時間は記録時間も含めて約3時間であった。まあまあのペースと言えよう。
攻撃機数に比して日本空母の損害がやや多すぎるような気がする。来襲機数は8個中隊72機。戦果が「翔鶴」撃沈、「瑞鶴」中破である。日本側が17個中隊もの大兵力を投入し、「ホーネット」撃沈、「ポートランド」小破だけの戦果に終わった。米軍の出目が良かったこともあるが、少数機による奇襲成功率がやや高すぎるようにも思える。艦爆2個中隊で攻撃した場合、50%で奇襲成功というのはちょっと高すぎるように思える。奇襲成功率を20%程低下させてみようと思う。

空母戦ゲームをソロプレイで試していると、どうしても両軍とも最適解が固定化してしまい、勢いダイス勝負の運のしゲームになり勝ちだ。しかし対人戦なら両軍とも様々なバリエーションを試せるので、上手く演出できれば、プレイバリューを高めることは可能だと思う。例えば今回のシナリオでも、日本軍は空母群と戦艦群に分けたが、空母と高速戦艦を一体化させて対空火力を高めるという編成も考えられる。あるいは2隻の空母を別々の機動部隊に編成し、敵の攻撃を分散させるというのも面白い。連合軍に関しても、戦艦を別編成にして空母群から外し、艦隊の前衛に配置して日本機の攻撃を引きつけるというアイデアも面白い。このあたり、ブランドサーチのゲームならではの楽しみ方があると思うので、色々と試してみたいと思う。

次は第2次ソロモン海戦だ。

イメージ 15

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事