もりつちの徒然なるままに

<禁無断転写> ウォーゲームの話、戦史の話(かなり濃い目)、旅の話などを書いてみました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 8

自作空母戦ゲーム「海空戦、南太平洋1942」(以下、本作)。今回は、7本目の作戦シナリオである第3次ソロモン海戦に挑戦する。実際にプレイを開始する前に、こちらで提唱した「ブレスト的バグ検出法」に従って机上でバグを探してみようと思う。

=====================================
「海空戦、南太平洋1942」の入手方法については-->こちらを参照して下さい。
また通販を希望される場合は、このブログのコメント欄に連絡先のメールアドレスをご連絡下さい。なお、通販開始は2017年12月の予定です。
=====================================

なお、第3次ソロモン海戦シナリオの概要は-->こちらを参照されたい


ブレスト的に考えよう

例によって「ブレスト的バグ検出法」でバグを探してみよう。
このシナリオは、他のシナリオと違って特徴的なポイントがいくつかある。
(1) 両軍とも空母兵力が小さい。
(2) 両軍とも輸送船団を持っている。
(3) ヘンダーソン飛行場が重要な意味を持つ。

イメージ 3まず空母戦力だが、日本軍の空母戦力は「隼鷹」のみ。米軍は「エンタープライズ」のみだ。搭載機数及び母艦の性能では米軍が有利だが、「エンタープライズ」は1打撃を被った状態なので、米軍とて一方的に有利になるわけではない。
そうなると水上戦力の役割が重要になってくるのだが、両軍の水上兵力を比較すると、以下の通りになる。

イメージ 1


隻数で53対33で概ね5:3。性能を加味しても概ねその程度の戦力比だろう(戦艦、軽巡は米が性能優越、重巡、駆逐艦は日が雷装で優越)。この比率で日米がまともに戦えば、まず米側に勝ち目はない。従って米軍にとっては水上戦闘は御法度になる。
ただし米側が水上戦闘を行わないと、日本軍によるヘンダーソン飛行場に対する艦砲射撃を阻止できない。仮に日本の水上艦が陸上からの観測の元、その火力の全てをヘンダーソン飛行場に注ぎ込んだ場合、その打撃期待値は50弱となる。在地航空機の損害を加算すると、日本軍が獲得するVPは60〜70ぐらいになりそうだ。これはかなりヤバイ。

そうすると連合軍としてはやはり史実通り損害度外視で水上戦闘する必要が出てくるのだが、その前に史実の結果がどうだったのか、という点について考えてみたい。史実における両軍の損害は概ね以下の通りになる。

イメージ 2


(上図の榛名は霧島の間違い)

艦船損害によるVPは、日本軍68VP、連合軍は109VP。これに連合軍輸送船7隻が上陸に成功したことによる35VPを獲得する。日本軍による飛行場砲撃の成功(重巡2、軽巡1、駆逐艦4による砲撃が成功している)、両軍の航空機の損害による損害もあるが、いずれにしても両軍の差は±10の範囲に収まるだろう。そう考えると連合軍の獲得VPは日本軍よりも65〜85VP多いことになり、連合軍の勝利は動かない。

史実との違いは何か。
イメージ 4まずゲーム上では日本軍が水上兵力を集中運用できることがある。史実では戦艦2隻をガ島近海に突入させたが、他の2隻は洋上で待機させていた。しかしゲーム上は戦艦4隻のアルマダを編成して米軍を圧倒できる。まずはこれを止めさせた方が良い。史実で洋上待機していたのは「金剛」「榛名」の2艦。空母「隼鷹」の護衛艦として行動していた。そこでその史実を再現するために(やや強引だが)「隼鷹」「金剛」「榛名」は随伴駆逐艦と供に空母機動部隊として行動することを強要し、水上戦闘には投入し難いようにする。ただし完全禁止はしない(日本側にも最小限の選択肢を残しておきたいので)。
--> バグ発見

イメージ 5さらに輸送船団の随伴駆逐艦を水上戦闘に投入するという荒技を抑止するため、駆逐艦による輸送船護衛を半ば強制に近いものとした。具体的には生存者ルールを改定し、輸送船から生存者が発生するようにする。これにより、随伴駆逐艦が不足すると生存者を積み残しが発生し、余計なVP損失を招くことになる。当然ながら生存者ルールはこのシナリオでは適用必須だ。
--> バグ発見

また艦砲射撃の威力も見直す。当初の案では、本シナリオに限って昼夜を問わず火力3倍(標準ルールでは昼は2倍、夜は1倍)としていた。これは陸上部隊による着弾観測効果を現したものである。しかしヘンダーソン飛行場の修理能力を加味してこれを昼夜問わず2倍に抑制することにした。これによりヘンダーソン飛行場の制圧がより困難になり(ただし不可能ではない)、日本軍にとっての難易度が増す。
--> バグ発見

以上の修正を行ったことで、ヘンダーソン飛行場砲撃に投入できる日本軍の兵力は、戦艦2、重巡8、軽巡4、駆逐艦25となり、ヘンダーソン飛行場に対する損害期待値は約25になる(全艦を対地砲撃に投入した場合)。

イメージ 6対地砲撃について言えば、現状のルールはかなり問題があることも見えてきた。本作では1ヘクスに2個艦隊までスタックできる。例えばヘンダーソン飛行場を砲撃しようとする日本艦隊がいて、それを妨害しようとする米艦隊がいる。この時、日本艦隊が2個艦隊を用意し、1個を警戒用、もう1個を砲撃用としたとき、米艦隊は日本艦隊の飛行場砲撃を阻止する術は殆ど無い。日本側の警戒用艦隊の全てに対して中破以上の損害を与えない限り、砲撃部隊を阻止できないのだ。

これはマズイ。
もし米軍が有力な1個艦隊をルンガ沖水域に砲撃妨害任務として投入してきた場合、それを排除しない限り日本側は対地砲撃できないようにしたい。それならば、極端な話
「同一ヘクスに敵戦闘艦が存在する場合、対地砲撃禁止」
とでもすれば良いのだが、それだと今度は米軍が駆逐艦1〜2隻のかませ犬艦隊を投入して砲撃妨害したりできてしまう。それが逃げ回って日本軍の砲撃を妨害するというのも如何なモノか・・・。

色々悩んだ結果、以下のようなルールに修正することにした。
(1) 砲撃任務を行う艦隊が目標ヘクスで敵艦隊と遭遇したとき
(2) 水上戦闘の結果、砲撃したい側が「混乱」したとき、対地砲撃は禁止となる。
(3) 水上戦闘の際、以下のいずれかの条件が成立する場合に「混乱」する。
 (a) 自軍がH,C,sのいずれかの結果を1度でも受けた場合
 (b) 戦場の支配権を得られなかった場合

これにより、有力な敵艦隊が位置しているヘクスでは、その敵を撃破しない限り対地砲撃できないことになる。水上戦闘ルールが複雑になってしまったのは遺憾だが、戦闘中ではなく戦闘開始前に適用するルールなので、どちらかの競技者がルールに慣れていれば問題ないだろう。
--> バグ発見

さらに極論的な戦術について検討を続ける。
イメージ 7先の調整で日本軍の高速戦艦4隻は2,2に分割を余儀なくされ、ヘンダーソン飛行場砲撃に投入できるのはそのうちの2隻のみとなった。しかし残り2隻についても水上戦闘自体は禁止していないので、「隼鷹」を護衛していた2隻の高速戦艦「金剛」「榛名」をガダルカナル水域に投入することは可能だ。金剛型高速戦艦4隻のそろい踏み。これに対して米海軍はどのように対処すべきか。
しかし、これについてはそれほど心配する必要はないように思う。艦隊編成の関係上、金剛型高速戦艦は先にも書いたとおり2隻、2隻の2グループに分割する必要がある。2つのTFが同一ヘクスに配置されていた場合、2つ目のTFは第3水上戦ターンにならないと戦闘に投入できない。夜戦にしても昼間戦にしても第3水上戦ターンの時点では劣勢な米軍は「逃げ」の体制に入っているはず。従って増援の高速戦艦2隻が第3水上戦ターンに登場したとしても、彼らの任務はせいぜい落後艦の処分であり、海戦の帰趨に決定的な要因にはならないと思われる。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事