もりつちの徒然なるままに

<禁無断転写> ウォーゲームの話、戦史の話(かなり濃い目)、旅の話などを書いてみました。

全体表示

[ リスト ]

自作空母戦ゲーム「海空戦、南太平洋1942」(以下、本作)。今回は、7本目の作戦シナリオである第3次ソロモン海戦に挑戦する。実際にプレイを開始する前に、こちらで提唱した「ブレスト的バグ検出法」に従って机上でバグを探してみようと思う。

=====================================
「海空戦、南太平洋1942」の入手方法については-->こちらを参照して下さい。
また通販を希望される場合は、このブログのコメント欄に連絡先のメールアドレスをご連絡下さい。なお、通販開始は2017年12月の予定です。
=====================================

なお、第3次ソロモン海戦シナリオの概要は-->こちらを参照されたい

前回まで --> こちら

ブレスト的に考えよう(承前)

例によって「ブレスト的バグ検出法」でバグを探してみよう。

本作での勝利条件はVPによって決まり、敵よりも多くのVPを獲得した側が原則として勝利する。VPの獲得方法は、敵艦船/航空機の撃破、敵地への上陸成功、敵基地への打撃、その他に分かれている。そのうち「敵艦船/航空機の撃破」は、敵側が戦いに応じてくれなければ獲得できない。また獲得できる得点も不確実である。従って「計算された」VP源とはいえない。

イメージ 1計算されたVP源たり得るのは、敵地への上陸成功と敵基地への打撃になる。米側には7隻の輸送船、日本側には11隻の輸送船があり、それぞれ1隻あたり5VP相当になる。まず米軍の輸送船に着いて考察・・・、と、そこで変なことが思いついた。
「ひょっとしてヘンダーソンで荷揚げ中の米船団に対して日本艦隊が殴り込みできるか」
と思って数えてみると・・・。
やばい、
届いてしまうではないか。

これりゃ遺憾、ということでルール変更。日本艦隊の初期配置を変更すると供に、米軍の上陸完了条件を3ターンから2ターンに緩和した。これでルンガ泊地で揚陸中の米輸送船団に対し、日本の水上部隊が殴り込みを仕掛ける可能性はほぼ無くなる。
--> バグ発見

話を戻す。
イメージ 2上記の訂正によって米軍の上陸を妨害する手段は、日本軍の航空攻撃のみとなる。攻撃可能兵力は陸攻4〜6ユニット、基地艦爆2〜3ユニット、「隼鷹」艦爆2、艦攻1となる。そのうち、基地艦爆と「隼鷹」攻撃隊は2回の反復攻撃が可能。対する米軍は最大F4F 6ユニット、P38 2ユニットの計8ユニットが迎え撃つ。史実では陸攻隊で攻撃を仕掛けたもの、戦闘機による迎撃と対空砲火によって陸攻の半数以上を失う大損害を被り、戦果は重巡1小破のみという結果に終わったが、同じ結果を繰り返す必要はない。この攻撃による日本機の損害、米軍の損害は予想できない。また「隼鷹」がガダルカナル攻撃にかまけていると、ヘンダーソン基地から発進した攻撃隊による思わぬ反撃を受けるリスクもある。ここは実際のテストで確かめてみるしかない。

イメージ 3


イメージ 4上記の輸送船団とも絡むが、このシナリオではヘンダーソン飛行場が重要な役割を果たす。従って日本側としてはなんとしてもこれを無力化したいし、米軍はそれを阻止したい。前回のルール改定によって米軍の水上部隊が存在するヘクスに対する対地艦砲射撃はほぼ不可能になった。しかし水上戦力では日本軍が米軍を優越している。従って米軍の水上部隊を撃破した後、対地艦砲射撃を実施するという方法もある。
現行ルールでは、水上戦闘を行ったTFは混乱状態となり、次のTurn終了時まで対地艦砲射撃が実施できなくなる。例えば22時のTurnに水上戦闘を行ったTFは翌日の06時には対地砲撃可能になる。日本側の水上兵力は、概算で戦艦2、重巡4〜8、軽巡2〜4、駆逐艦15〜21となる。これを迎え撃つ米キャラハン少将麾下の第67機動部隊。重巡3、軽巡3、駆逐艦8前後で、兵力は日本艦隊の半分以下である。まともに戦えば米側に勝ち目はない。日本艦隊はまず米艦隊を撃破した後、圧倒的な火力でじっくりとヘンダーソン飛行場を砲撃すれば良い。
これはマズイ・・・。前回の修正で対地砲撃のバグは潰したと思ったのだが・・・。

イメージ 8ここで史実を振り返ってみたい。ガダルカナルへの艦砲射撃を振り返ると、日本軍は何故か夜間の艦砲射撃を好み、昼間はガダル近海から離れたがる傾向があった。理由は単純に「空襲を恐れたから」だが、今から振り返るとやや「羹に懲りて膾を吹く」感がある。
そこで日本軍のこの「空襲恐怖症」をルール化すれば良い。単純だが「ヘンダーソン飛行場への砲撃は夜間のみ可能」とすれば、米軍としては一晩頑張れば翌日の砲撃を阻止できる。

イメージ 5


ただ、もし日本軍が全艦を対地砲撃に投入してしまうと、日本側の水上打撃力が皆無になるので、敵水上部隊に対する抵抗力が皆無になる。米軍はキャラハン部隊の他、2日目以降に戦場に姿を現すリー少将の新鋭戦艦部隊が登場するので、現実的には水上部隊をある程度温存する必要があるのも事実。従ってそれほど神経質になる必要も無いとも思うのだが、極論的な戦術は封じておくにしくはなし。従って上記の「空襲恐怖症」をルール化しよう。
--> バグ発見

イメージ 6さて、これで米軍としては麾下の水上部隊を犠牲にすれば、ある程度ヘンダーソン基地を守る目鼻が立った。しかし日本側にも対抗策がある。1つは水上部隊を二手に分けて、砲撃部隊と水上戦部隊とすること。水上戦部隊が米水上部隊を撃破してルンガ沖を「掃除」した後、砲撃部隊がルンガ沖に突入してじっくりと対地砲撃を実施するというもの。これは史実で行われた「摩耶」「鈴谷」によるヘンダーソン飛行場砲撃の再現であり、実現性は高い。ただし史実同様火力不足により効果不十分という結果に終わる可能性がある。従って日本軍としては飛行場に十分な打撃を与えられる砲撃部隊を保持しつつ、一方で米艦隊を排除し得る水上部隊を別編成するという微妙な技が求められる。
別の対策はヘンダーソン基地砲撃を諦めて全力で米水上部隊を叩くという戦術もある。これは水上戦で大勝利を収めてVPを獲得し、そのまま逃げ切りを狙う手だが、この戦術にも弱点がある。それは米艦隊が水上戦闘に応じなかった場合だ。この場合、対水上戦に投入した日本側の水上兵力は空振り状態となり、ヘンダーソン基地を発進するであろう米軍機の激しい航空攻撃を覚悟しなければならなくなる。従ってたとえ米水上部隊の撃破が主目的であっても、飛行場を砲撃し無力化できる程度の水上兵力を随伴しておくのが賢明だろう。いざとなったら飛行場砲撃部隊を水上戦闘に投入すれば良いのだから。

イメージ 7ここで極論戦術を1つ検討してみたい。それは日本側が「軽巡、駆逐艦の全てを対水上戦に投入し、戦艦・重巡を飛行場砲撃に投入する」というものである。もし日本軍がそれを決意したなら、第2艦隊から軽巡2、駆逐艦15、外南洋部隊からもほぼ同数の水雷戦隊を投入可能となる。この兵力で米キャラハン艦隊を完全に無力化できるか・・・。
理想的な状況下で放たれた駆逐艦1隻分の酸素魚雷は、重巡クラスの米艦をほぼ50%の確率で中破以上に追い込める。30隻の駆逐艦なら、単純計算で米巡洋艦15隻を撃破できる計算だ。これなら目算が立ちそうだ、とも思えるが、そうは問屋が卸さない。
まず理想射点は極めて限定されている。それは敵艦の右または左側面前方の隣接ヘクスだ。当然敵も理想射点を取らせまいと移動しているので、理想射点に占位するのは容易ではない。さらに仮に理想射点に占位できたとしても、敵の反撃を浴びる可能性がある。敵巡洋艦1回の主砲斉射で駆逐艦が雷撃力を失う可能性は60%。敵駆逐艦の射撃でも30%の確率で日本駆逐艦の雷撃力を封じることができる。
このように考えると、日本駆逐艦部隊による米艦隊撃破は、必ずしも容易ではなく、「必勝法」に程遠いことが理解できよう。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事