もりつちの徒然なるままに

<禁無断転写> ウォーゲームの話、戦史の話(かなり濃い目)、旅の話などを書いてみました。

全体表示

[ リスト ]

Ukraine'43(GMT)(新版)は2015年に発売されたシミュレーションゲームである。テーマは1943年夏〜秋にかけての独ソ戦。ウクライナにおけるドイツ南方軍集団とソ連機械化部隊の死闘を描いた作品である。

今回、シナリオS3「ドニエプル川の危機」をプレイしてみた。ドニエプル川前面に迫った赤軍とそれを迎え撃つドイツ軍の戦いを描いたシナリオである。第15Turnから21Turnまで、計7Turnをプレイする。

イメージ 1


43年10月11-15日

イメージ 12このシナリオは既にドニエプル川の防衛ラインが浸食されつつある状況からゲームが開始される。
北方キエフ(Kiev 1211)周辺では、ドニエプル川を渡河した独軍がキエフ北方でドイツ第20装甲擲弾兵師団(4-5-6)他を撃破し、キエフを圧迫する。

イメージ 3


ドニエプル川に沿って南東に下り、ドニエプルペトロフスク(Dnepropetrovsk 3724)
の西方では、渡河点を確保した赤軍が第5親衛戦車軍を主体として橋頭保の拡大を実施。ドイツ第3SS装甲師団(8-7-7)他を撃破した。

ドニエプル川の湾曲部の南、ザポロジェ(Zaporozh'ye 3928)からさらに南のメリトポリ(Melitopol 3935)にかけてパンターラインと呼ばれる陣地線が構築されている。この陣地帯に対して赤軍は2-1の攻撃を仕掛けてきた。赤軍の攻撃は成功してパンターラインの中央部を突破された。しかしザポロジェダムに対する赤軍の攻撃に対しては、第16装甲擲弾兵師団(4-5-6)の奮戦で撃退に成功した。

イメージ 2


43年10月16-20日

天候は曇り。
赤軍はキエフ正面での攻撃を一時停止し、カニェフ(Kanev 1715)付近の渡河点での突破口拡大を図ってきた。赤軍第3戦車軍を主体とする強力な機械化部隊が独軍の防御陣地に殺到する。カニェフを守る第13装甲師団(6-5-8)その他は防御線を突破されて後退する。

イメージ 4


南方では赤軍がパンターラインの突破口拡大を図る。ドイツ軍の戦線は突破され、独軍はノガリ平原を西へ向けて後退する。このTurn、メリトポリが陥落した。

イメージ 5


マンシュタイン将軍はカニェフ付近の危機に対応して同方面へ移動する。
ドニエプロペトロフスク西方ではSS装甲師団2個を含む装甲4個師団を主力とするドイツ軍が、赤軍第5親衛戦車軍その他に対して猛反撃を実施した。撃破されてドニエプル川対岸に後退していく第5親衛戦車軍。

イメージ 6


43年10月21-25日

天候は曇り。
赤軍はカニェフ付近での突破口拡張を図る。陣地に籠る独軍第19装甲師団(6-5-7)他が赤軍ジューコフ将軍麾下の第3親衛戦車軍他の攻撃を受ける。修正後3-1の攻撃で結果はDR。独軍は航空支援とマンシュタイン将軍の振り直しを投入して死守を試みる(成功率約89%)も、2回連続で2の目を出して死守失敗。

イメージ 7


独軍はドニエプロペトロフスク西方における赤軍の掃討を図る。SS装甲2個師団を含む装甲師団6個その他を投入した反撃作戦。攻撃と機動強襲で連続2回で"1"の目を出して装甲2ステップを失う大損害を出したものの、何とか赤軍を一掃して橋頭保を排除した。

イメージ 8


43年10月26-31日

天候は雨。戦場に雨が降った。攻撃1コラムダウン。2級道路の移動コスト=1。いずれも攻撃側の赤軍にとって重くのしかかるプレッシャーである。
赤軍はカニェフ付近で第3親衛戦車軍による攻撃を継続し、突破口を広げていく。

イメージ 9


43年11月01-05日

イメージ 14天候は雨。赤軍の攻撃はカニェフ橋頭保とドニエプロペトロフスク西方である。
カニェフ橋頭保では赤軍がさらに地歩を拡大し、チェルカッシー(Cherkassy 2118)を占領した。ドニエプル川における2つめの渡河点を確保したことになる。
ドニエプロペトロフスク西方では、再編成された赤軍第5親衛戦車軍がドニエプロペトロフスク西方で渡河戦闘を実施。脆弱なドイツ軍守備隊を撃破して再び橋頭保を確保した。
ドイツ軍はカニェフ橋頭保周辺で陣地帯を構築して防御ラインを固めると共にティーガー重戦車を装備する独立重戦車大隊2個を含む装甲兵力を集結せしめて反撃の態勢を取る。

イメージ 10


ドニエプロペトロフスク西方では再編成なったグロスドイッチュランド装甲擲弾兵師団(10-7-7)を防衛ラインに派遣し、赤軍のドニエプロペトロフスク方位を阻止せんとする。

その後の展開

イメージ 13その後2Turnも雨であった。結局全7Turn中4Turnが雨という結果になった。赤軍にとっては不幸な展開である。赤軍はその後、カニェフ橋頭保とノガリ平原で攻勢を継続。カニェフ橋頭保では、しかしドイツ軍の装甲兵力集中と陣地線完成によって前進を阻まれた。
ノガリ平原では独軍をドニエプル川対岸へ撃退し、クリミア半島入口のペレコープ地峡(Perekop 3041)を占領した。また一部の部隊はドニエプル川を渡河。対岸へ橋頭保を拡大しつつあった。
主戦線ともいうべきドニエプル川湾曲部では、再建なったグロスドイッチュランド装甲擲弾兵師団(10-7-7)によって赤軍は前進を阻まれた。ドニエプロペトロフスクとザポロジェ(Zaporozh'ye 3928)の両大都市も包囲を免れて健在である。

最終的に赤軍が確保したVPは26点。勝利ラインである30VPには届かず、独軍の勝利が確定した。

イメージ 11


分析と感想

後半4Turnが雨天続きだったのは赤軍にとっては不幸だった。しかし雨天になると独軍も機動力を奪われるため、反撃ができなくなる。事実、雨天Turnにおける独軍は殆ど反撃を実施していない。従って雨天が一方的に赤軍に不利に働くという訳ではなさそうだ。

赤軍の攻め口としては、速やかにドニエプル川湾曲部の橋頭保を確立し、ドニエプロペトロフスクとザボロジェへの連絡線を遮断する必要があると思う。またその一方でノガリ平原やカニェフ、あるいはキエフ北方でも攻勢を仕掛けて独軍の防衛努力を分散させる必要があるだろう。独軍の機動反撃は強力だが、それでも2個所同時に仕掛けられた攻勢に対処するには兵力が足らない。独軍の装甲兵力の動きを注視しつつ、防衛力の弱点を狙っていく必要がある。特にニコポリやクレメンチューク等の防衛部隊が僅か歩兵1〜2ステップという場合が出てくる。このような状況はチャンスなので、赤軍は機動兵力を投入して奪取を図る。これらの拠点を中心に橋頭保を確保された場合、独軍はその排除に苦慮することになろう。

何度も紹介している通りUkraine'43(第2版)は、本当に素晴らしい作品である。出版当初における不当な評価が未だに尾を引いているのか、あるいは旧版を愛する一部の懐古主義者達の理解を得られないためか、未だにプレイされる機会が少ない感があるのは残念だが、プレイすればその良さがわかるはずだ。
旧版と比べても歴史的な正確性で優り(旧版は独軍の機動反撃が強すぎる)、プレイしても楽しく(旧版よりもゲームテクニックに対する依存度が小さい)、かつ旧版よりもより短時間でプレイ可能(シナリオなら1日で完結、キャンペーンでも2日あれば何とかプレイ可能)と、あらゆる点で旧版を凌駕している。

このような素晴らしい作品がもっと多くの人にプレイされることを願ってやまない。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事