「お蔭様」を考える

日本語の「お蔭様」は外国語に翻訳できないと聞きます。 「オカゲサマ・・?」「ソレッテナニ・・?」の状態になる外国の人の境地は「ドンナンダロウカ?」と想像するばかりです。 つまるところ、「お蔭様」は日本だけに存在する概念ということになるのだと思います。 たとえば、日本人は安否を尋ねられたとき、肯定的な返事の最初に「お蔭様で」という言葉を使います。 ここにあるのは、安否を尋ねた目の前の人だけでなく、目には見えない間接的に繋がっているすべてに感謝していることの意味合いを持っていると言えます。 言い換えると、自分ひとりの力だけで生きているのではなく、周りの助けがあっての自分という視点です。 このことは、日本人に深く潜在的、無意識的に息づく「和」の精神文化が根底にあるからこそ、そこに至るのだと思いますが・・・。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

脳を活性化する方法

2019/2/28(木) 午後 3:58

うろ覚え気味のことで何ですが・・。 人間の心情と脳の関係を知ろうとする実験の様子です。(ヤヤコシイノデ省略して書いています) 被験者に対し、画像によって様々な問いかけをするあいだに、その画像に被験者の恋人の名前を差し込むと、回答率が上がるそうなんです。 視点を変えると、人間はワクワクすると、脳の処理能力が上昇するそうなんです。 ...すべて表示すべて表示

自己主張を考える

2019/2/21(木) 午後 4:14

人類が誕生したばかりの太古の昔に、聞こえてくる音は、水の流れや風の音等々、自然の音だけで人間の言葉もなかったのだと思います。 それに比べて現代社会は、”人工的で不自然”な音の喧騒の中にいます。 特にテレビからは、世界中からの音や、人間の自己主張する声が聞こえてきます ヒマなので、そんなことを考えました(笑)

マスコミの情報操作を考える

2019/2/16(土) 午後 4:07

政治の話はできるだけしたくないのですが・・。 マスコミが政治家の些細な発言ミスを取り上げて大騒ぎしています。 質問に答えをよどんだり、間違ったりした場面を、これでもかこれでもかと流したりして・・。 あたかも、その政治家の可能性が何から何まで、全部ダメだと言っているようです。 さらに言えば・・。 視聴者の感情に火をつけようとする ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事