「お蔭様」を考える

日本語の「お蔭様」は外国語に翻訳できないと聞きます。 「オカゲサマ・・?」「ソレッテナニ・・?」の状態になる外国の人の境地は「ドンナンダロウカ?」と想像するばかりです。 つまるところ、「お蔭様」は日本だけに存在する概念ということになるのだと思います。 たとえば、日本人は安否を尋ねられたとき、肯定的な返事の最初に「お蔭様で」という言葉を使います。 ここにあるのは、安否を尋ねた目の前の人だけでなく、目には見えない間接的に繋がっているすべてに感謝していることの意味合いを持っていると言えます。 言い換えると、自分ひとりの力だけで生きているのではなく、周りの助けがあっての自分という視点です。 このことは、日本人に深く潜在的、無意識的に息づく「和」の精神文化が根底にあるからこそ、そこに至るのだと思いますが・・・。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

日本の伝統文化にある深さ

2017/4/24(月) 午後 4:25

「木漏れ日」という言葉があります。 たとえば森林などの木立ちから太陽の日差しが漏れる光景です。 さて、「木漏れ日」という言葉は英訳できないそうです。 言い換えると、日本語の持つ独特の表現は、西洋のモノサシでは解釈不能なことがあるということです。 日本をこよなく愛した、小泉八雲も日本文化の持つ奥深さを、下記の有名な俳句を例にあげて語 ...すべて表示すべて表示

頭でっかちの情報化社会

2017/4/13(木) 午後 4:56

現代は情報化社会です。 ネットで検索すれば、ほとんどのことを知ることが出来ます。 たとえば、宇宙空間に浮かぶ地球の画像を見ることもできます。 そして宇宙空間における地球の位置づけを知ることができます。 でもです・・・。 その地球にあるはずの重力は感じられません。 (イッタイゼンタイ何を言いたいのだ!) (ハイ、これから ...すべて表示すべて表示

小よく大を制す

2017/3/31(金) 午後 4:42

稀勢の里の優勝と共に、相撲人気を支えているものに小兵力士の活躍があると思います。 小さな力士が技を駆使して大きな力士を倒すオドロキ。 つまり”小よく大を制す”ことの魅力です。 一般的に小兵力士が、大型力士を相手に圧倒的力で勝つことは無理です。 直感的反応とか柔軟性を駆使した戦い方になるのだと思います。 さて、このことを語 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事