だらだらしゃべらせて。

2017.11.12 いびがわマラソン出走!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

自転車に乗って

お久しぶりぶりです。
昨年引っ越しして、バタバタしてましたがやっと落ち着いてきました。
いえが小さくなったので、一度は全て自転車も捨てましたが、再度乗りたくなって折りたたみを一台買ったのが、今年2月の頃。

それからまた落ち着かず、GWの5/4にやっと乗る気になりました。

買った自転車はDAHON Helios 2017
シングルスピードの割に重量は10キロちかくと隠れメタボ気味。

イメージ 1


目指すは犬山のカフェ。
とっ、その前に久しぶりなので
布袋の大仏様にお参りです。

イメージ 2


ミニベロがよく似合う尾北自然歩道をふらふらと。数年前にはよく来た道ですが、景色は変わるものですね〜💦

イメージ 3


久しぶりの訪問のトナカフェさんへ。
たい焼きが売りのカフェで、今日はアイスコーヒーとのセットでいただきました。

イメージ 4


久しぶりの自転車でお尻が痛くなりましたが、やはりなかなかいいものです。
また、ぼちぼちと自転車でも遊びに行きたいと思います。

開く コメント(1)

たびたび言ってる気がしますが・・・・。お久しぶりです。

最近はほぼ更新できていませんが・・・。
何を血迷ったか、いびがわマラソンエントリー完了しました。
イメージ 1

思いつきで走れる距離じゃないのはわかってますよ。
明日から練習しなくちゃ・・・・。

開く コメント(2)

白山へ

昨日、8月11日は今年から休日となった「山の日」。
というわけで、前日の10日から白山に登り、頂上のご来光を眺めようと行ってきました。

8月10日。登山口。
イメージ 1
さすがに平日とあって人影もまばら。
最近は、クマよけの鈴をつけてる人がたくさんいるのですが、
実はあれ、自分はどうも苦手。
つけてる人を見かける程度ならいいのですが、自分でつけると
ずっとリンリン鳴りっぱなしで、なんとなく雰囲気が壊れるんですよね。

ただ、今回は平日に登るため少々怖くなりクマ鈴装着済み。
人は少ないし、のんびりとマイペースで登れるものの、
やはりうるさいものですね・・・。

道は、岐阜県側。平瀬道からのアプローチです。











イメージ 2
白山には他にも登山ルートがあり、メインは石川県側から登るルート。
ただ、名古屋住みからすると、岐阜県側からのほうがアプローチしやすいため、私が登るときは、平瀬道のルートを使うことがほとんどです。

このルート、とにかくのぼりがきつい。おまけに休憩場所がなく、水が途中で補給できないため、ザックも重くなります。
今日は、山頂から1.2Kmほど下の室堂で泊まる予定のため、急ぐ必要もなく、ゆっくりと登っていきます。













イメージ 3
夏山らしい!!
タイトル「イワギキョウと山」

すいません、山の名前がわからない・・・。











イメージ 4
青空の下、一人で悠々と歩くのは本当に楽しく、もうやめられないですねー。

人が少ないので、セルフタイマーで遊んでいましたwww。










イメージ 5
そんなこんなで山頂に到着。
ここまで、6時から登り始めて、山頂に11時30分に到着。
休憩まで含めているとはいうものの、リンリン鈴鳴らしながらのんびりとした登山でした。

山頂はやはり人が多く、ここではのんびり…というわけにはいかず・・・。
次々とやってくる人に写真スポットを渡さないと。
ここで、4,5名の写真撮ってあげましたよ。。。












イメージ 6
剣ヶ峰と翠ヶ池。
白山も休火山。火口に溜まった水が碧い池となっています。












イメージ 7
空には雲が多かったですが、これもまた幻想的ですねー。












ここで一度「室堂」まで下り一泊。
正直、山小屋はあまり得意ではないのですが、その不安が的中。
一畳二人の寝床でなかなか寝付けず、身動きできないストレスばかりが募る一方。
途中で、夜の間に下ってしまおうかと考えたものの何とか一晩耐えて、
3時半に周りが動き始めると、準備をして山頂アタックに。

イメージ 9
この日の日の出は黒部五郎岳方向。
やはり初めての山の日ということもあり、約50名ほどが山頂で日の出を待ちます。

白山は霊峰。というこで神主さんが、夏の間は常駐しており、白山の歴史などを話してくれました。

予定時間が迫るなら、「日がでたら万歳を」というものの、この日は雲が厚く、いまいち日の出タイミングがわからない。

結局、神主さんの合図で万歳開始。

イメージ 8
微妙はご来光を見た後、室堂まで引き返して朝ごはんに。
2,700mの高地で「魚」を朝に食べられる幸せ!。
お米おいしー、梅干しおいしかった―!!







食べ終わったらすぐさま下山。
6時30分スタートで、約3時間30分かけてのこれまたゆっくりとした下山でした。

白山といえば、日帰りでも充分に行ける山ですが、こんなのんびりとした山行もいいですね。
あー、山小屋はもう嫌だなぁ・・・・。

開く コメント(2)

休暇のMTBライド

昨日は、会社の休暇を取り、H山までMTBライドに行ってきました。

今日のお供は、某ショップの店長・Mさん。
約1年ぶりのツーリングです。

イメージ 1
そして、なには隠そう、私のファットバイクのシェイクダウンの日でもありました。

MさんのバイクはSCOT Spark 29er!
でも、ファットバイクの前だと29erに見えませんね(笑)

ここから、数キロアスファルトの登りが続きますが、ファットバイクの欠点の重さが・・・。何度もめげそうになりますが、なんとか足つきせず休憩ポイントまで。




イメージ 2
いざトレイルに入ってからの下りはまさに快適!!。最初のドロップこそは挑戦する気にもなかったものの、その他の下りはほぼ乗ったままクリア。
なんてったって、タイヤ幅が違います。安心感が違うんです!!。

一度、キャンプ方面に出てから、ヘリポートまでの登り。。。
えぇ・・・、登りはつらいんですって。。。

ヘリポートではたまたま愛知県の防災航空隊がレスキューの訓練をしてました。
訓練風景を眺めながら、コーヒーブレイク

イメージ 3
ここから、再度トレイルへ。
途中、一か所切り開けた場所があり、ここで撮影会。

やっぱり、タイヤ径太いなぁ・・・・。

今日は本当に晴れ渡り、MTB日和でした。

ガレガレの下りも、ラインを気にせず下ってしまえるファットバイクの走破性には、本当に惚れましたが、欠点は曲がりきれない(笑)
テクニカルなカーブでは、曲がりきることができず、
どうしても足つきしてしまいます。










イメージ 4

最終目的地の滝へ到着。

平日のため、誰もおらず静かな山の中で聞く滝の音は、本当にすがすがしく気持ちのいい時間でした。










ここからは、いつものダブルトラックを通って、キャンプ場入口へ。
今まで乗りこなすことのできなかった下りも、タイヤが太いためか安心して乗りこなせます。

さて、次はどこへ行こうか!?

開く コメント(1)

藤原岳

昨年は一度も山登りに行っていないため、今年は登ろうと一念発起。
三重県いなべ市の藤原岳に行ってきました。

本日の天気予報は曇りで降水確率40%。
夕方から雨が降るということなので、昼ごろまでのつもりで現地に向かいました。

藤原岳の標高は1,140m。えぇ、正直なめてました。
登りはじめると、どんどんと急登が・・・・。


イメージ 1
途中、休んでいるとスコップを杖代わりにしたおっさんが登場。
ずいぶん丈夫そうな杖ですね!とからかい半分で声をかけると、頂上近くの避難小屋にあるトイレの整備にスコップを持ってあがっているとのこと。
す、すいません。ありがたや、ありがたや・・・。

その重い杖を持っていても、どんどん先に進んでしまう山男。
だんだん追いつけなくなり、いつしか8合目付近。














今回、最も楽しみにしていたあれが、姿を見せてくれました。

イメージ 2
イメージ 3

福寿草(フクジュソウ)。元日草とも呼ばれ、縁起のよい花として知られています。
藤原岳では、この福寿草がかつては群生していたということですが、
今ではポツポツと咲いているのを見つけて喜ぶばかり。
ちなみに、「有毒」と言われます。

このころから雨とガスが激しくなりつつあり、頂上付近の避難小屋についたときには、
視界がほとんどない状態。
イメージ 4
避難小屋で、1時間ほど様子見るもガスが濃くなるばかりで、約3mほど先も見えない状態。

何とか展望台まで行きたかったのもの、やむを得ず撤退しました。












イメージ 5
下界では、サクラがきれいでした。




開く コメント(0)

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事