だらだらしゃべらせて。

2017.11.12 いびがわマラソン出走!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

すっかり山サイにはまってしまったのか、
休日は毎日のように八曽です。
昨日、今日あたりは日差しが強く、自転車に乗るのも厳しかったですね。
でも、山の中は少しひんやりとしていて、
特に川の近くを通るときは気持ちのいい飛沫を
浴びたりしています。
 
さてさて、おととい再びMTBの不調で
カミハギさんに修理をしてもらいにいったところ、
MTBに乗るスタッフの方と話し込んでしまいました。
 
というのも、そのスタッフの方、一週間前に開催された
王滝に行ってきて、初100Kmに挑戦されたとか。
よくMTBの距離はロードの2倍換算・・・と聞くので、
それだと王滝はロードの200Km?
いやぁ・・・考えられない・・・。
でも、話を聞いていると、どんどんやってみたくなる自分がいたりして・・・。
久々に「イベント参加したい魂」がMAXに。
 
そんな勢いのまま、7月24・25日に開催予定のシマノバイカーズ
参加ポチしちゃいました。
種目は「ダウンヒル!!」といいたいところですが、
さすがに無謀なので、「60分クロスカントリー」に参加。
 
もっともっと走りこまないとなぁ〜
 

息子とMTB

ここのところ山サイによく言っている私ですが、
その話を聞いていた息子から、「僕も行きたい」との一言が!!。
最初は自転車の担ぎ上げなどがあるので無理だと言っていたのですが、
いつも行っているコースの入って3Kmほどのところにある
滝までならば何とかなるかと思い、連れて行くことにしました。
 
兎にも角にもスタート。
いつもどおりダブルトラックから入っていきます。
 
イメージ 1
 
今まで気がつかなかったのですが、
このダブルトラック若干登っているようです。
登りの苦手な息子は途中途中で休みを取りながら何とかついてくる状態。
それでも、引き返さないというので、そのまま滝を目指します。
 
途中の橋崩落現場。
さすがに自転車を担いでわたることはできないので、それはパパの役目。
 
イメージ 2
 
階段の担ぎ上げはちょっとお手伝い。
イメージ 3
途中、無理かと思いましたが滝まで着いてしまいました。
イメージ 4
さて、ここからは引き返し。
くるときが登り基調ならば、当然帰りは下り基調。
ちょっと難しいかなと思った階段下りに挑戦です!
 
イメージ 5
 
こんな傾斜の階段です。
 
イメージ 6
 
正直、ちょっと無理かと思いひやひやしながら見守っていたのですが、
本人ものすごいやる気でパパのお手本など見もせずに下っていきます。
この階段下りも1度では満足せずに、2回下りました。
 
続いてシングルトラックの下り。
写真ではわかりにくいのですが、上の階段よりも斜度があります。
イメージ 7
 
怖いもの知らずで、どんどん下ってしまいます。
 
結局、用意した片道3Kmのコースは楽々クリアです。
なお、完全に山サイにはまったようで、「また来週も!」といわれていますが・・・。
 
このまま、英才教育を施せば、将来的には有名なダウンヒラーも夢じゃない!?
と、思う「親ばか」な1日でした。
 

グルメ自転車散歩

家族と共にカミハギさん主催のグルメ自転車散歩に参加してきました。
少し雨の心配もあった日程でしたが、当日になってみると驚くほどの晴天。
気持ちよく出発します。
 
自転車散歩道は、基本的には尾張広域緑道。
そこからどう走ったのか、私も覚えていませんが
とにもかくにも到着したのはla Casa 春日井さん。
注文住宅等の建築屋さんなのですが、
単に住む場所を作成するだけではなく、
食べること、楽しむことも総合プロデュースしてくれるお店です。
このお店は、家作りの打ち合わせ場所+軽食の食べれるCAFEになっていました。
 
イメージ 1
 
ここで、生パスタを作ります。生地を伸ばして、パスタマシーンで伸ばして・・・。
思ったよりも簡単に作ることができてびっくり。
もちろん、お店で事前に生地とか作っていただいていたからですが。
 
イメージ 2
出来上がったパスタは、当然それぞれで食べます。
上手に、おいしくできましたよ
イメージ 3
 
それにしてもかなりのボリューム!!
家に帰ってきてからも、まだお腹いっぱいでした。
きっと「摂取カロリー>消費カロリー」ですね!!
 
 

GIANTストアにGO

ここのところMTBに目覚め、しきりに山サイに行きたがる3○歳ですが、
さすがに雨の中、山に行こうなどという自殺行為はできず、
まったりとインドアにて休憩してました。
 
とはいっても、午後にもなると体がうずきだし、
古戦場のGIANTストアまで行ってきました。
店の中に入ったのは初めてなので、
ぶらぶらと見渡していると、こんなバイクを発見。
 
イメージ 1
 
TRIALSPROというバイクで、ウイリーやジャンプなどのトライアルを行うバイクです。
2010年からはラインナップから消えてしまいました。
 
思わず凝視していると、店員さんが近寄ってきました。
「うちでもこのサイズ(M)が1台しか入ってきていないんですよ〜」
う〜ん、そんなこといわれると欲しくなるなぁ〜。
と、思わず掻き立てられる物欲。
 
でも、正直私の場合、スタンディングもろくにできないし、
ましてやジャンプなどまだまだ無理。
こんなバイクで通勤したら疲れるだろうし、とても実用的とは思えないということで
当然のことながら却下です。
 
でも、惹かれるなぁ〜。
 
 
 
 
 

一人で山サイ

先週参加したカミハギのMTBツーリング。
道を忘れないうちに・・・ということで、今日も行ってきました。
もちろん、一人ですが・・・。
 
途中、ところどころ止まりながら写真撮影。ゆっくりと走ってきました。
まずは八曽の入り口。ダブルトラックで走りやすいです。
 
イメージ 1
 
ゆっくりと走っていると、いつの間にか道はシングルトラックになってます。
 
イメージ 2
途中、橋が壊れて、道が川でさえぎられています。
 
イメージ 3
こんなときどうするのか!?簡単です。自転車を担げばいいんです。
川を過ぎると、延々と続くのぼり。
 
イメージ 4
 
もちろん、自転車では登れません。ここも、自転車を担ぎます。
自転車に乗りにきたんだか、自転車をもって登山にきたんだかわからなくなりますが・・・。
 
ひたすら登ると、当然ですが頂上があります。
 
イメージ 5
 
頂上は気持ちいいですよね・・・。
しばらくゆっくりとしたいのですが、この時期は頂上は蜂が多いので、
早めに引き上げます。さて、登りがあれば当然くだりがある。この下りは登りのごほうびです。
 
イメージ 6
 
写真ではわかりにくいですが、若干下り基調です。
このため、ペダルをこがなくてもかなりのスピードが出ます。
さらには道が細くて、体感スピードはさらにUP!!
少し怖いのですが、ブレーキを握ってもスリップするだけなので、
覚悟を決めて走るのです!!
 
イメージ 7
途中、こんな下りも。
写真だとちょっとわかりにくいですが、相当な斜度ですよ(w
 
結局、途中で一度転んでしまい、激しく足のすねを打ってしまいました。
いまだに腫れが引いていないのですが、
大事ではありません。
 
今年は、MTBのイベントに参加してみようかなぁ・・・。
 

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事