だらだらしゃべらせて。

2017.11.12 いびがわマラソン出走!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

久々の山サイ

ブログを書くたびに久々とか書いていますが、
今回も久々にカミハギさんの初心者MTBツーリングに参加してきました。
 
自身3回目の山サイとなりますが、
うーん、いまいちうまく走れないなぁ・・・(へっぴり腰!!)。
 
イメージ 3
 
でも、山の中はこんなに気持ちのいい滝や、
 
イメージ 1
 
こんなに見晴らしのよい頂き(私の自転車ではありませんが、格好よかったので・・・・)
 
イメージ 2
もっと走りにいかなくちゃなぁ・・・。
 

再び入鹿池に。

暑い一日でしたね。。。
あまり遠くまで行く気にもなれず、再び入鹿池まで行ってきました。
今日は、末っ子XTC号での出動です。
 
この子は、去年の秋頃に色合いにほれて購入したのですが、
今まで入鹿池の坂登りには挑戦させていませんでした。
そんなわけで今日は力試しです(誰の!?)
 
行きはいつもどおりの道。
野口の6%坂はアウターで登頂。
下りを一気に駆け下りると、今度は入鹿池への登り開始。
 
今日はやはりGWだからか、車が渋滞中していました。
この渋滞の車の横を通り抜けながら、入鹿池までたどり着きました。
木の芽でんがくを横目にみながら、今日はさらに明治村へ向けてののぼりを進みます。
 
明治村の駐車場がいっぱいになっているようで、
登り途中のあちこちに臨時駐車場が。
そして、臨時駐車場から明治村入り口まで歩いて登る人が何人もいました。
その中を一人、自転車で向かいます。
「がんばって〜」なんて、応援ももらいました。
 
センターギアで入鹿池から明治村に向かうカーブをひとつ曲がったところまで
がんばりましたが、もう限界。インナーギアに落とします。
ギアレバーを押した瞬間、「ガチャン」という音が。
やった瞬間、「あっ、落ちた!」と気がつきましたが、
SPDペダルで足もとっさにははずせない・・・。
そのまま転んでしまいました。
 
立ち上がり自転車の様子を確認すると、
チェーンが内側におちて、BBとインナーギアにはさまれてしまっています。
これを力まかせに引きずり出し、チェーンをかけなおします。
作業中に、先ほど応援をくれた方々が「大丈夫かい」と
声をかけていただきながら通り過ぎていきました。
 
何とかチェーンをかけなおすことができ、再び走り出します。
三度、先ほど応援をしてくれた人とのすれ違い。
「さっきはありがとうございます!」
「お〜、気をつけてなぁ!」
 
その後は順調に明治村まで登り、一気に下り帰路に。
自宅からたったの30Km程度の距離ですが、
アップダウンの面白い練習コースです。
 

藤まつりめぐり

今年のGWは概ね天気が良さそうですね。
今日もその例に漏れずにスカッと晴れ渡る空でした。
ということであれば、当然自転車で出かけなくちゃね
 
今の季節といえば、やはり「藤」。となれば、当然、天王川公園ですよね
庄内緑地公園から川沿いに西南方向へ進み、銭湯の側の橋で西へ進みました。
橋を過ぎてからは、車通りが激しく歩道に逃げ込もうとしましたが、
歩道も狭くて自転車では走りにくい場所に。
しばらく走ると見慣れない看板が。
 
イメージ 1
 
そういえば3月下旬にあま市ができたんでしたね。
そのまま走り続けて、天王川公園に到着。
藤まつり真っ最中で、人は多かったのですが肝心要の藤の花は、まださびしい状況
 
イメージ 2
 
もうしばらくしないと無理かなぁ
パッとしない藤に物足りず、そのまま木曽川までいきました。
立田大橋から木曽川左岸の堤防道路に出て、北を目指します。
この道はきれいに舗装されている上に、車どおりも少なく気持ちのいい道です。
暖かい太陽と空気を吸いながら、快調に飛ばしていきます。
 
イメージ 3
東海大橋。青い空に赤い橋体が映えます。
その後、馬飼大橋を過ぎたあたりから徐々に車の交通量が増えてきました。
 
イメージ 4
 
徐々に疲れ始めた体を、途中途中休憩をはさみながら進むと
向うの方に見慣れた塔が。138タワーでした。
再び自転車をこぐ足にも力が入り、あっという間に138タワーを通り過ぎてしまいました。
その後、しばらく木曽川沿いを進み、途中江南市に入ったところで曼荼羅寺に向かうことに。
曼荼羅寺近辺は、駐車場の呼び込みが沢山いました。それほど近くもない場所でも、
一回とめると500円だとか。もちろん自転車はお構いなしで、お寺のすぐ側に無料でとめることができました。
 
イメージ 5
 
ここの藤もまださびしい状況でした。
でも、藤の木って自分では支えきれないぐらいの枝を伸ばして、
そこからさらに花を咲かせるのなんて力強いですよね。
 
曼荼羅寺を後にして、再び木曽川を上流に向かって走ります。
だんだんどこをゴールにしたらよいものかわからなくなりながらゆっくりと進みます。
河川敷では少年野球をしていたり、BBQをしている家族がいたり、ラジコンヘリを
飛ばしているおじさんたちまでさまざま。
ふと気がつくと、犬山に到着。
最後にちょっと坂を登って、犬山城です。
 
イメージ 6
 
ここで帰路に着くことに。41号線にでてから、今度は南に。
追い風に乗ることができ、あっという間に自宅に。
 
サイクルコンピューターを確認すると、ちょうど100Km。
しばらくぶりにたっぷりと走った一日でした。
 
昨日に引き続き、今日も一人ポタ。
だって、今日は風も穏やかなので、自転車日和じゃないですか!?
 
また、例によっていく当てもなくぶらぶらと自転車こぎ開始。
絶好の春日でとにかく気持ちがいい。
こんな日は・・・そう、川沿いを走るのが気持ちいいよね。
 
といわけで、自宅近くの庄内川の河川敷を走ることに。
サッカーや野球、ランニングしている人や釣りや川遊びをしている人たちまで
みんな思い思いの休日を満喫しているようでした。
ひたすら進むと、あっという間に矢田橋まで到着。
 
イメージ 1
 
いつもはここから大曽根方面へ南下するのだが、
どうやら見ていると、手前の野球グランドを抜けてしまえば
まだまだ東へ続く道がありそう。
それならばということで、野球グランドの道なき道を
パンクしないようゆっくりと通り抜け、さらに東へ進むことに。
 
ふと気がつくと、いつの間にやら道がきれいな舗装路に。
「なんだここは?」と周りを見渡すと、近くの看板に「香流川サイクリングロード」と書かれていた。
 
イメージ 2
 
名前にはきいたことがあったものの、実際に走るのは始めて。
道幅は若干狭いものの、自転車を乗るには十分の広さ。
少し走ると、桜並木になり今日の陽射しを和らげてくれます。
とたんに道もでこぼこに。桜の木の根がサイクリングロードの
コンクリートの下から、ひび割れさせているのです。
自転車では若干走りにくいが、これも木々の力強さを感じます。
 
ふと気がつくと、1時間以上も走りっぱなし。
そろそろ戻ろうかと思うと「図書館通り」まで来たことに気がついた。
それならば・・・とここで南へ進路を変更し、「愛知牧場」を目指すことに。
 
車通りも増えるが、不思議と怖さはあまりない。
これも最近の自転車ブームのおかげなのか、私のテクニックの上達なのか。。。
愛知牧場に着くと、かなりの台数の車が止まっていた。
入り口の「モーハウス」でソフトクリームを買いに列に並ぶ。
周りは家族連れというのに、一人ちょっと異様な格好をして、
しかも買うのは「ソフトクリーム」。でも、牧場といえばソフトクリームだよねぇ〜。
 
イメージ 3
 
再び同じ道をたどり、帰路に着くことに。
4時間半ほどののんびりポタリングでしたが、
春を満喫できた一日でした。
 

久しぶりの入鹿池

今日は天気もよく、久しぶりに自転車に乗って出かけることに。
ちょっと風が強いかもしれないが、何走り出してしまえば
気にすることはない。
まずは外に出ることが大切と思い、行き先も決めぬままに
アマガエル号」と走り出すことに。
 
ぶらぶらと自宅近くから川沿いを走っていると、
いつしか小牧城に到着。
さらに北を目指す。といえば・・・目的地を入鹿池に決定。
 
久しぶりに行くため、途中道を一本間違える。
そのせいで、一本坂道を余分に走ることになってしまいました。
まあ、それも仕方のないこと。
そのまま走ると・・・やってきました。「野口」の坂。
 
野口の坂は、平均6%勾配の坂。
よくローディーも見かけるし、おそらく他の人たちには何てことないんだろうなぁ〜。
でも、私にとっては結構な坂。
それはアマガエル号がシングルスピードだから?
それともやっぱり私の足のせい?
 
久しぶりの野口であまり自信はなかったのですが、
何とか頂上まで足つきせずに到着。
ここを下って、あと少し登れば入鹿池に。
 
イメージ 1
 
ワカサギ釣りのシーズンも終わり、静かな入鹿池でした。
のんびりとボートで遊ぶ人。凧揚げをしている人。
数台のローディーともすれ違い、簡単に挨拶。
 
ここから入鹿池を下り、田県神社前を通って帰路に。
帰りは追い風にのってかなりのスピードに。
といっても、アマガエル号にはサイコンがついていないので、
何キロ出ていたかは不明。
いずれにしても久しぶりに楽しいサイクリングになりました。
 
久しぶりのサイクリングでちょっと足にきている模様。
もっと乗らないとなぁ〜
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事