セピアおじさんのランダム・ストーリー

皆様にとって、今年も佳い年となりますように!

全体表示

[ リスト ]

日本のウナギ

日本のウナギ  (魚介類閑話80)
(ウナギ ④)
イメージ 1
世界には十余種のウナギが生息しているそうですが、その大きな区別方法は脊椎骨の数の多少であり、日本ウナギはその数が平均116個だそうです。
日本には普通のウナギとオオウナギの二種類がいます。
 
↓オオウナギ(上)とウナギ(下)の大きさ比べ・・(日本の淡水魚)
イメージ 2 
オオウナギは利根川以西に生息し、日本海側では殆ど見掛けられません。
 
ウナギが60センチ位に対し、オオウナギは160センチ、12キロ位にもなるそうです。
 
 
 
食べた事はありませんが、なんでも脂肪分が多く美味しくないそうです。
同じ河川にウナギとオオウナギが生息する場合は、ウナギが河口域、オオウナギが中流域と棲み分ける事が多いとか。
 
↓ オオウナギ
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウナギは日本近海では黒潮の影響が及ぶ範囲に棲息しており、黒潮の影響が及ばない所には棲息しておりません。
北米では東岸だけにおり、西岸やハワイには棲息していないのです。
 
又、南米全土には殆どいないそうです。
同じように、アラビア諸国やアフリカ西岸、更にオーストラリアにもいないそうです。
(続く〜) 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

オオウナギは初めて見ました。大きい(@_@;)
普通のウナギしか知らなかったです。
この際、不味くても大ウナギで良いから食べたいです(笑)
でも、ウナギもですが、オオウナギはそう簡単には捕えられないのでしょうね。
黒潮が大切なのですね。何故だろう??
続きも読ませて下さいね♪

2012/4/1(日) 午後 0:20 いわし

顔アイコン

(いわし様へ)
自分の故郷は山陰の鳥取県ですが、日本海側は黒潮の影響が少なく、ウナギも能登半島辺りが北限ではないかと思われます。
子供の頃、日本ウナギは沢山獲りましたが、オオウナギは見掛ませんでした。
日本海側ではオオウナギは長崎県辺りで見られるそうですが、それより北の日本海側では見られないそうですから、自分も見た事も獲ったこともありません。

2012/4/1(日) 午後 5:35 [ セピアおじさん ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事