ここから本文です
Carpenguinの船ブログ
しばらく休眠状態だったブログを再開します!しばらくの間は「にっぽん丸」クルーズのレポートを中心に更新していきます!

書庫全体表示

今年7月1日の航海を最後に日本のクルーズ市場から引退した客船「ふじ丸」
引退後は和歌山の由良港に係留され、それから半年間、売却先等に関するうわさも特に聞かないまま、「ふじ丸」は紀伊半島の港に静かに留まり続けていました。
ところが先日、突然、船ファン仲間のお一人から今月の11日に「ふじ丸」が船名を「MIRA1」と変えて、広島県福山市にある常石造船へ回航されることになったという情報をいただいてとても驚きました。
当日は平日だったのでさすがに行くことができなかったのですが、12月15日の日曜日にさっそく「ふじ丸」に再会しに行ってきましたよ!\(^o^)/
 
広島県東部にある福山市は、私の住む呉市からはちょっと距離がありますが、同じ広島県内なので紀伊の由良に比べたら近所と言ってもいいくらいで、実際、車で高速道路を使って行けば約3時間(…法定速度なら(^^ゞ)で到着することができます。 
先日の速報でちょっとだけお見せしたところですが、「ふじ丸」は瀬戸内海のこんな風景の中にいました。
イメージ 1
私とクルボンくんは今年6月14日に広島港で感動的なお見送りをして以来、半年ぶりの「ふじ丸」との再会でした。
あの時点では「ふじ丸」は海外売船されることがほぼ決定的だったので、二度と会えない可能性を思ってのお別れでしたが、まさかわずか半年後に、しかも広島県内で再会できるとはまったく思ってもいませんでした。
ちなみに「ふじ丸」引退のいきさつについては、かつて私がこちらの「ふじ丸最後広島寄港(入港編)」の記事で書いていますので、興味のある方はご覧くださいね。
また(出港編)も併せてご覧いただけると、私の「ふじ丸」に対する思いが分かっていただけるかと思います。
 
ほぼ真横に見える場所から撮影しました。遠目で外から見る限り、以前の姿と変わったところは見てとれませんでした。 
イメージ 2
ファンネルは12月15日現在では商船三井のオレンジファンネルのままですが…
 
イメージ 3
船尾と船首に金文字の美しい字体で書かれていた「ふじ丸」の文字が違います。
黒い文字で「 M I R A 1 」。
「ミラ・ワン」と読むのでしょうか?文字が小さいうえにアルファベットの「I」と数字の「1」が入っているのでものすごく簡素に見えます。 
イメージ 4
 
元「ふじ丸」の「MIRA1」が係留されているのは、広島県東部にある福山市の中心市街地から南にちょっと離れた沼隈というところで、常石造船株式会社(常石ホールディングス)の敷地内の埠頭です。
元「ふじ丸」に会いに行きたいという皆さんのために、これから先は船が係留されている場所や撮影ポイントの説明をしながらご紹介していきたいと思います。 
イメージ 5
この写真を撮影した場所は、下の写真右手に写っているアーチ橋「内海大橋」を渡った対岸にある田島という島です。
 
イメージ 6
海岸沿いが道路と防波堤なので撮影は容易ですよ!
イメージ 26
「MIRA1」が係留されている埠頭は、ご覧のとおり本土側は海からすぐに山になっているので撮影ポイントがありません。
ちょっと距離はあっても、対岸の田島はほぼ一日中順光になるはずだし、撮影ポイントとして絶対はずせません。
イメージ 7
 
ところで、「MIRA1」が係留されている埠頭は常石造船の広大な敷地の東端なので、写真左側には造船所のドックや艤装桟橋が広がっています。 
イメージ 8
客船ファンだけでなく商船も大好きな私にとって、巨大な新造船がゴロゴロしているこちらの造船所は被写体だらけで興味津々なのですが、今回は「MIRA1」が目的で来ているので浮気はしませんでした。
でも、この船籍港が東京の「ATLAS ISLAND TOKYO」はもっと近くで見たかったな〜! 
イメージ 9
こっちのNYKの「UNITED SPLENDOUR」もいいな〜!(^^ゞ
イメージ 10
 
さて、対岸の田島からひととおり「MIRA1」の写真を撮影すると、今度は別の角度からの撮影を試みようと、ふたたび内海大橋を渡って本土に戻りました。
ちなみにこの内海大橋、私は瀬戸内海汽船さんの日帰りクルーズ「せとうちおさんぽクルーズ」で何度も橋の下をくぐって鞆の浦に行ったことがあります。
カーブして架けられたアーチ橋自体もとても美しくて見どころですよ!(*^O^*)
イメージ 11
 
本土側に戻ると、行きに目星をつけておいた場所に車を止めて、徒歩で橋を渡ることにしました。内海大橋の手前に鞆鉄バスの「敷名」というバス停があって、その近くに数台分の無料の駐車スペースがあるので便利です。
イメージ 12
この駐車場からも木々のすき間から「MIRA1」がちょとだけ見えますが、隣地にカフェがあって、そこに入ればコーヒーを飲みながら「MIRA1」の姿を眺めることができそうでしたよ!
イメージ 13
 
車を駐車場に停めると内海大橋を徒歩で渡りました。造船所側に歩道があるので橋上からゆっくり「MIRA1」の姿を見るのに好都合です!
橋の途中のフェンスの所々に花のレリーフが飾ってあって、その中には藤の花もありました。「ふじ丸」の「ふじ」は富士山じゃなくて藤の花の「ふじ」だったのだそうで、橋上からの距離感を見ていただくのを兼ねてこんな写真を撮ってみました(^^ゞ
イメージ 14
あ、このフェンスは橋の手前だけしかないので撮影のジャマにはなりませんからご安心を!
そのフェンスが切れたあたりから見えた「MIRA1」はこんな感じです。
イメージ 15
でも、ここからなら「MIRA1」の右舷側後方からの様子がよく見えました。
 
イメージ 16
船尾の「MIRA1」という船名の下に、うっすらと「ふじ丸」と「FUJI MARU TOKYO」の文字の名残りが見えています…。 
イメージ 17
テンダーボートの船名は「そよかぜ」のままでした!何だかちょっと安心(*^O^*) 
イメージ 18
 
橋の上をもっと遠くまで歩いて真後ろや左舷側の姿も撮影したかったのですが、風が強くて寒かったのでこれ以上先へ進むのはあきらめて、今度は造船所に近寄ってみることにしました。もちろん造船所の敷地内に入ることはできないので、敷地沿いの道路から船体が見えそうな場所を、少しずつ車で移動しながら探していきました。 
イメージ 19
12DOCK(20万トンドック)に進水間近のバラ積み船が入っているので「MIRA1」の姿はあまり見えませんが、この場所からなら船尾と船尾上のデッキは比較的近くで見ることができました。
 
イメージ 20
橋の上から見た時よりも新旧の船名と船籍港の文字がよく見てとれました。
「MIRA1」の船籍港はパナマ。日本船籍にできないのはやはり経費的な問題でしょうが、やはりちょっと寂しく感じてしまいます…。 
イメージ 21
 
場所を変えてみました。手前のバラ積み船がジャマをして「MARA1」の姿は船尾と船首部分以外はほとんど見えません。しかも本土側からは逆光になります。 
イメージ 22
さらには敷地の境には鉄柵があって、私は隙間にコンデジのレンズを突っ込んで撮影したのですが、レンズの大きいカメラでは撮影はちょっと難しいでしょう。
また、細い道路をはさんだ背後がすぐに山になっていてとても登れるような斜面ではありませんから、やはり撮影のメインは対岸の田島から望遠レンズを使ってということになりそうです。
イメージ 23
 
クレーンのすき間からも「ふじ丸」の船名の名残が…。ついついこういう部分に目がいってしまいます(泣) 
イメージ 24
 
もう少し先へ行ってみたら、かろうじてほぼ全体の姿が見える場所がありました。この時は可動式になっているクレーンが船体に重なってしまっていましたが、クレーンの位置次第でもう少しちゃんと見ることも可能かもしれません。 
イメージ 25
でも、今日現在ではどうやら手前のドックにもっと大型の船が入渠してしまったようなので、「MIRA1」の見え方はやはりその時々の運ということになりそうです(^^ゞ
また、この場所から別の艤装桟橋に移動したり、ドックに入渠したりする可能性も十分にあるので、遠方からお出かけの際にはそのことを覚悟してきてくださいね!
 
ところで、私のブログ仲間で福山在住のどんぐりさんが、12月11日に「MIRA1」が由良からここ常石造船に回航されてきた時の様子を撮影されていますので、どうぞこちらを訪問してみてください!
 こちら→2013.12.11 「MIRA1」 
 
また、今日12月17日現在の近況もブログ更新されていらっしゃいますので、こちらは特に必見です。あのオレンジファンネルに変化が!!!
 こちら→2013.12.17 「今日のMIRA1」 
 
そして、広島の船ファン仲間のDOCKさんも私より一足先に広島市内からここまで「MIRA1」に会いに出かけていらっしゃいますので、こちらもぜひどうぞ!
 
さて、クルーズ・ニュースによると、元「ふじ丸」の「MIRA1」は、「レジャー目的を主とする従来のクルーズとは全く異なるコンセプトの療養客船」として日本国内で再デビュー」するそうです。
「療養客船」という言葉すら船ファンの間でも初耳の状態なので、この船の今後がどうなっていくのか、今現在ではこれ以上のことは何も分かっていません。
全国の船ファンが注視しているこの「MIRA1」については、私もまた様子を見に出かけたいと思っていますし、これからも引き続き船ファンの地元のブログ仲間が連携して、その変化の様子を追っていければと思っています。
ということで、常石造船に比較的近いところにお住いのどんぐりさん!ロバートケイジさん!くまちんさん!ほか福山市近郊にお住いの船ファン仲間の皆様!どうぞよろしくお願いいたしま〜す!(*^O^*)

  • 顔アイコン

    うっすら「ふじ丸」、なんとなく「ちくぜん」の船名変更の時を思い出してしましました。(>o<)
    でも、新しい船名、見方を変えれば「MIRAI・みらい」にも見えませんか?新しい彼女の未来に期待しましょう!(^ ^)/

    ヨリヨリ

    2013/12/17(火) 午後 11:47

    返信する
  • 顔アイコン

    移動に車で高速道路を使った上で片道三時間ですか…県内とはいってもなかなかの距離ですね。
    遠征お疲れ様でした。

    元「ふじ丸」さんの現況はこんな感じなのですね。
    元の船の名残が消えていくのを見るのは残念ですけど、この常石造船で着々と国内再就役の準備を進めているのを見るのは少し嬉しくも感じます。
    “療養客船”という全く未知の船種ですが、上手くいくと良いですよね。

    それと、常石造船の撮影ポイントのご紹介、どうもありがとうございます!
    いつか現地に行った時の参考にしたいと思います(何時になるかは分かりませんけど…(笑))。
    こうして見ると、広島の造船所は観察し易い所が多いんですね〜。

    [ ryu*o2 ]

    2013/12/18(水) 午前 5:07

    返信する
  • 顔アイコン

    Penmiさんならではの詳細な情報いつもありがとうございますー!。
    (^o^)v 削除

    [ ちきゅう ]

    2013/12/18(水) 午後 5:39

    返信する
  • ヨリヨリさん、「ちくぜん」は「おきなわ」になっても配属を変えただけで元気に海保のお仕事を続けているけれど、「ふじ丸」はもうクルーズ客船ではないんですよ(‥、)
    でもおっしゃるとおり、療養客船という新しい分野の先駆けとして「MIRAI・みらい」を切り開いていってくれればと思います!(*^O^*)

    Penmi

    2013/12/18(水) 午後 9:31

    返信する
  • ryuoo2さん、まだほとんど情報がない状態ですが、とりあえず某国など海外へ売られて行かなくて本当によかったです(^^ゞ
    私と同じように遠くからでも元「ふじ丸」会いに行きたい客船ファンが多いと思ったので、今回は場所の説明を兼ねた内容にしてみましたがお役にたったでしょうか?
    改装にどれくらいかかるのか分かりませんが、私ももう一度くらいは会いに行きたいですね!
    あ、3時間と書いたのは法定速度で…の場合です(笑)

    Penmi

    2013/12/18(水) 午後 9:52

    返信する
  • ちきゅうさん、今はこんな場所にいるということを知っていただいて、ちょっとだけでも見て来たような気分になっていただけたでしょうか?(^^ゞ

    Penmi

    2013/12/18(水) 午後 9:55

    返信する
  • 顔アイコン

    私も気にはなるんですが、呉からだと遠いので
    行く事はないかもしれません(汗)

    「療養客船」は日本では聞きなれませんが、今後どうなって
    いくのか見守るしかないですね。

    [ あきじ ]

    2013/12/18(水) 午後 10:16

    返信する
  • 顔アイコン

    あのオレンジファンネルには 白線が一本はいったようですね
    それだけで なんだか任務が変わったのが伺える気がします。
    PANAMA船籍になったけど 今後も日本のどこかで逢えるのですよね?
    療養客船とは、、、、。気になりますが新しいMIRA 1という名前も未来。のようで少し希望が見えてきたような。私はそんな気持ちです
    (*´▽`)

    sharlie

    2013/12/18(水) 午後 10:31

    返信する
  • あきじさん、かなり遠いです…。公共交通機関を使って行ったら丸一日仕事でしょう(^^;
    今はとにかくどんな改造をされるのかが気になります。
    外見的にはあまり変わらないのではと思ってはいるのですが…

    Penmi

    2013/12/19(木) 午後 11:15

    返信する
  • sharlieさん、白い線が1本入っただけで何だか病院船っぽく感じてしまいました。
    療養客船という言葉のイメージでしょうか〜(^^ゞ
    「政府の災害救済船としての適用を申請する方向で検討、準備を進めている」ということも書いてあったので、大震災や伊豆大島の台風被災地の時のような被災者支援を想定しているのなら、全国をクルーズして回るという訳ではないかもしれませんね。
    とはいえ、船としての活躍の場が日本に残されて「未来」へつながったということで、私も素直にうれしいと思っています(*^O^*)

    Penmi

    2013/12/19(木) 午後 11:32

    返信する
  • 内緒さん、情報ありがとうございます。時期的にちょっと厳しいかもしれませんが(^^;
    また何かあればよろしくお願いいたします(*^O^*)

    Penmi

    2013/12/19(木) 午後 11:34

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事