ここから本文です
Carpenguinの船ブログ
少しずつブログ更新を復活していきます。速報はツイッターの方でつぶやいてます(笑)

書庫全体表示

師走のこの時期、公私ともにせわしなくてブログ更新ができず。。。(^^;
なので、久しぶりに「写真中心の小ネタ」シリーズでつないておきます!
あ、このシリーズ、当初は「写真だけの…」だったんですが、文章が増えてきたので「写真中心の…」に変えました〜(^^;
 
さて、未更新分の下書きファイルの中から、今回はこの写真を。。。
今年10月19日、客船「ロストラル」の寄港を見に広島港一万トンバースへ行っていた時に偶然見かけた船です。
イメージ 1
私がこの船を発見した時にはすでに金輪島沖まで遠ざかってしまっていたので、一万トンバースからではちょっと遠かったのですが、積荷があまりに???だったので思わず撮影してしまいました!
 
何と!船の上に船が!しかも3隻も?! スゴイ。。。(;^ω^)
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
船を載せている船は、SAL社の重量物運搬船「PAULA」でした。 
イメージ 5
その船名を頼りにネットを検索してみたところ、川崎汽船さんのホームページに行き当たってこんな記事を発見し、この積荷の船たちの消息を知ることができました! 
 

ミャンマー・ヤンゴン市向け都市交通フェリーの海上輸送について

 当社子会社で重量物船社であるSAL社は、政府開発援助(ODA)によって建造された新造フェリー3隻を広島からヤンゴンまで輸送しました。
 ヤンゴン市では、中心部とヤンゴン河を挟んで対岸にあるダラー地区を結ぶフェリーのピーク時における定員超過が常態化し、かつ、現在就航しているフェリーはいずれも老朽化により船体の傷みが激しく、ヤンゴン市民の毎日の足であるフェリーの代替が急務となっておりました。新造フェリー(1隻あたり270㌧)は広島県江田島市にある中谷造船株式会社にて建造されました。10月中旬、SAL社が運航する本船PAULA(クレーン能力合計700㌧)は、広島港外貿埠頭にて3隻のフェリーを積み込み、無事、10月31日にヤンゴンにて荷揚げを終了致しました。
  新造フェリーの就航により、ヤンゴン市での市内交通の安全性と市民の移動環境の改善が期待されます。
  ミャンマーは「ポスト中国」として近年注目を集めており、日本がミャンマー政府と協同して建設を進めているティラワ工業団地など、日系企業の進出が盛んになっています。当社は本年1月にヤンゴン駐在員事務所を開設しており、ミャンマーに進出またはこれから進出を考えられているお客様に対し、海運、物流及びその周辺事業において、お客様のニーズに応じたサービスを提供してまいります。(
川崎汽船さんのホームページから文章を引用。写真もありましたよ!)
 
本当に偶然だったのですが、私は江田島生まれのこのフェリーたちが、広島からミャンマーへ旅立ちつちょうどその時に遭遇していたのでした!\(^o^)/
 
実は今年の3月頃に、地元の艦船ファン仲間の江田島さんから「中谷造船に2隻の遊覧船?がいるのですが、何かご存知の事がありましたら教えてください^^」というメールと、こんな写真が送られてきていたのでした! 
イメージ 6
この積荷のフェリーの建造中の姿だったんですね!
江田島さん!ずいぶん遅くなってしまいましたが、やっとこの船のことが分かりましたよ!(^^ゞ 
 
江田島生まれのこのフェリーたちが、遥か遠いミャンマーの地で、ヤンゴン市民の皆さんの日常の足として活躍していると思うと何だかちょっと嬉しいですね♪
ちなみにこのフェリーたちの船名は、日本の桜にちなんで「CHERRY(1,2,3) 」と名付けられたそうです(*^-^)
 
 
【 追 記 】2014.12.20
江田島さんから、中谷造船さんにいる時のこのフェリーたちの写真をいただいたので追加してご紹介します。
イメージ 7
船名の「CHERRY」の文字が分かりますね!
イメージ 8
川を渡る航路で片道10分程度だそうですから、とにかく大勢の人々を乗せるために船室はなくてデッキを広々ととった造りになっているようですね。
イメージ 9
江田島生まれのこの船たちは、11月中旬から運航を始め、現地で「ジャパン・フェリー」と呼ばれて親しまれているようです。
フェリー1隻につき4億円×3隻=12億円と、両岸の待合室や桟橋の建造費もすべて日本で負担したそうですが、こういう地元の生活に直接的に役に立つ国際貢献なら、私たちの税金を使ってもらっても大歓迎ですよね!
この船たちの現地での活躍と安全な運行をお祈りしています!\(^o^)/ 
 
 

この記事に

  • 「広島港外貨埠頭」って、、、1万トンバースですか?(^^;;
    だとすれば、フェリーの積み込みを近くで見れたかもしれませんね...f^_^;)夜中でしょうけど

    [ ]

    2014/12/19(金) 午前 0:18

    返信する
  • SAZANAMIさん、こんばんは(*^^)ノ
    一万トンバースのマツダ寄りの側で積み込んだと思われます。
    大型クレーンを使っての作業でとても大がかりだったでしょうから、私も見てみたかったです。
    それにこの日、客船に気を取られていて、出港するまでこの船の存在にまったく気がついていなかったのが残念〜(;^ω^)

    Penmi

    2014/12/19(金) 午前 0:44

    返信する
  • 顔アイコン

    ~(=^‥^)ノ☆ おはよ!ございます
    色々な船が見れて
    羨ましいです・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

    だんだん

    2014/12/19(金) 午前 8:48

    返信する
  • 顔アイコン

    なんというすばらしいタイミング!
    こういうのは狙ってもなかなか…。
    横浜にもよく船を乗せてくるSALですが、ここまで見事なのは見たことありません!ナイス!!
    お忙しいのに、詳細ありがとうございます。

    Anton

    2014/12/19(金) 午前 10:43

    返信する
  • これだったんですね
    船に船が乗っているようだよね〜とか言いながら、あの日帰って画像を拡大して見てみましたが、やっぱり船じゃんってなり、アップするのを忘れていました
    詳細ありがとうございます

    [ zoom-zoom ]

    2014/12/19(金) 午後 0:23

    返信する
  • お忙しい中の更新お疲れ様です!
    これはまた貴重な場面に遭遇されましたね!
    大型船の上に小型の旅客船が仲良く並ぶ様子は、何とも言えない面白みを感じました♪
    彼女達は川船だそうですが、自らが走ることはない大洋を船の上に乗って渡るというのはどんな気分だったのでしょうか?(笑)。
    日本生まれのフェリー達がミャンマーの人達に末永く愛されると良いな、そう思います。

    [ ryu*o2 ]

    2014/12/19(金) 午後 9:18

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは、珍しい光景ですね〜
    貴重な写真をありがとうございます。

    12月に入ってJMU呉ではハンディBC2隻が引渡しされ、艤装桟橋が少々寂しくなったかもしれませんね。
    JMU津は4つの艤装岸壁にパナマックスとケープ各2隻が係船中です。
    事業所正門前の岸壁にケープ2隻が見渡せる珍しい光景が期間限定で楽しめますよ〜 削除

    [ つぅ ]

    2014/12/19(金) 午後 9:43

    返信する
  • 「親亀の背中に〜♪子亀を載せて〜♪」
    写真をみて、何となくこの歌が出てきました!(^ ^;
    レアな写真を!(^ ^)v

    ヨリヨリ

    2014/12/20(土) 午前 0:42

    返信する
  • だんだんさん、こんばんは(*^^)ノ
    広島ってローカルなわりにけっこう珍しいお船がいろいろ見られる土地柄のようです〜(*^^)V

    Penmi

    2014/12/20(土) 午後 8:26

    返信する
  • Antonさん、こんばんは!(*^^)ノ
    本当に偶然で見逃してもおかしくなかったので幸運でした!
    重量物船の魅力を堪能できる姿だった上に、積荷のフェリーにもドラマがあってとても感動する出会いでした。
    アップする機会を逸していたので、今回ご紹介できてよかったです♪

    Penmi

    2014/12/20(土) 午後 8:39

    返信する
  • zoom-zoomさん、こんばんは(*^^)ノ
    あの時、遠くてはっきりしなかったのに、それでも分かる普通じゃないオーラに思わずカメラを向けてしまいましたよね(^^ゞ
    私も江田島で「えとぴりか」と一緒に撮っていたフェリーだったので、いきさつを知ってとても感動しました!

    Penmi

    2014/12/20(土) 午後 8:52

    返信する
  • ryuoo2さん、こんばんは(*^^)ノ
    実は最初は積荷が船だとは思いもせずカメラを向けて、撮影中に船だと気づいてビックリした次第です(^^ゞ
    ちなみに現地では「ジャパンフェリー」と呼ばれて、ヤンゴン市民の日常の足として親しまれているようです。日本人として嬉しいことですね!*^O^*

    Penmi

    2014/12/20(土) 午後 9:10

    返信する
  • つぅさん、こんばんは(*^^)ノ
    造船所で建造された船のその後を知るのも感動があったりしますね!
    JMU呉では着々とバルクキャリアの引き渡しや試運転が続いていますが、ドックの中にも建造中の新造船が3隻いるので進水も楽しみです!
    ただ、今は忙しくてほとんど港に近づけていないんですよ(TOT)

    Penmi

    2014/12/20(土) 午後 9:19

    返信する
  • ヨリヨリさん、こんばんは(*^^)ノ
    子亀が横並びに3匹でとっても背中が広いお母さんでした(笑)
    最近は港に近づけていなかったのですが、一息ついたので明日は久しぶりに呉基地に行ってきます♪

    Penmi

    2014/12/20(土) 午後 9:24

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。追加情報です。

    JMU津で建造中のケープBCのうちの1隻ですが、呉で建造中のハンディBCと同じ船名がGOLDENで始まってますよ。
    ファンネルマークもバウクレストマークも同じなので同船主なんでしょうね。
    試運転も終わっているので、年明けに引渡しと思われます。
    明日の基地見学、楽しんできて下さいね(^o^) 削除

    [ つぅ ]

    2014/12/20(土) 午後 10:40

    返信する
  • つぅさん、こんばんは!追加情報ありがとうございます(*^^)ノ
    GOLDENシリーズ、船名が気になります!
    呉で建造しているのは「ARIMA」と「BEPPU」なので温泉シリーズ?!
    草津とか熱海とか登別とかではないですか?(笑)
    明日はもちろんJMU呉のドック覗きもしてきますね♪

    Penmi

    2014/12/20(土) 午後 11:23

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事