The Sam's Room

ワタクシ的嗜好の独断と偏見のページ

全体表示

[ リスト ]

浅草という街がなぜか好きです。

下町情緒たっぷりだから…、とかだけじゃなく何か雰囲気的にもロケーション的にもひかれるところがあるんですね。


さてさて、またもやその浅草のお話です。

すしや通りから六区ブロードウエイを通り、浅草演芸ホールを右に曲がると浅草六区通りとなります。ココまでぶらぶら歩いてきました。

そして…
イッパイ飲もうと入ったのが…

イメージ 1


『捕鯨船』というお店。
聞くところに寄れば、B級グルメでは超有名店ですね…

で、看板がまたオモロイですな!

イメージ 2


鯨(げい)を食って、芸(げい)をみがけ!
お見事!
まさしくオヤジギャグ&ダジャレのお手本みたいなモンですなぁ。 …おもろないけど!?

さてさて、そんな看板に誘われながら中に入ってみると…

イメージ 3


イメージ 4


確かに…
ただもんではない…
『鯨を食って芸をみがけ…』と言うだけはあって、多くの芸人達が立ち寄るお店だと言うことです。
なになに???
ビートたけしも通ったお店だって???
ふ〜ん…
そうですかぁ???

ご主人さんも昔は芸人だったとか…
ふ〜ん、そうなんだぁ。

壁には多くの芸人さんのサインがあるよなぁ。
で、これはヒョットして、ヒョットしなくても、ちばてつやさんの絵!?
へぇ〜!

そんなこんなで辺りをキョロキョロと見回す不審者然としたワタクシメでございました。
おお、忘れていましたぞ、注文、注文!

イメージ 5


鯨のお店ではありますが、ココの名物料理といえばこれ!

モツ煮込み!

ビートたけしの『浅草キッド』という歌の一節に、
♪ 煮込みしかないくじら屋で〜 ♪
というのがあるが、そのお店がココだと言うことかぁ。
なぁ〜るほど…

で、これをオカミさんがお玉でひとすくい。

イメージ 6


これが『煮込み』でございます。

なかなか煮込んでますなぁ。
トロッとしております。
味が染み込んで美味い!

そうそう、飲み物飲み物…

イメージ 7
 

『元祖酎ハイ』というのがお店の名物だそうです。
しかし…

ちょっと甘めだったらイヤなので、ハイボールにしました。
ヤッパリ、でも名物は試した方がよかったかも…

で、鯨のお店だからと、なぁんかクジラちゃんを頼もうかなぁと思っていますと、お隣のご夫婦らしき御仁が、
『竜田揚げ、ちょうだぁ〜い!』
と景気良くオーダー。

ほほぉ〜。
ワタシも食べたいけどなぁ〜。

どんなモンが出来あがるんやろ?と興味津々、で、チューボーにいる若いイタさんが作ってるのを見ておりました。

ん〜、色がイマイチ…
ワタシの想像していた『クジラの竜田揚げ』とイメージが違う!

ん〜、悩む…
ん〜、やっぱりやめトコ…

という結論に至ったのでありました。
決して『ケチ』ではございません。念のため…


……………………  ■ ★ ▲ ………………

お店の中を見わたすと…

イメージ 8


隣に中年のオッサンが一人。

そしてその奧、入り口付近にはもう何時間か居続けているであろうと想像される2組の子ども連れのお母さん。
常連さんでしょうか、ココのお店の方とベラベラ喋りつつ、ビールや酎ハイを飲んでらっしゃいました。
お〜、お〜、子連れで長く座って酒飲んでルンかぃぃぃ!
なかなかヤルナァおぬし!

あまり立派な子育てとは言えませんが… 

……………… ■ ■ ■ ■ …………

まっ、人間ウオッチングもソコソコにして、ワタシは席を立つことにしましょう。


昔はクジラって随分安かったんだよね。
ワタシが子どもの頃は給食にもクジラの竜田揚げが定番メニューとしてよく出されておりました。
マズイという記憶はありませんでした。ただ、やたらと堅かったのはよく覚えております。

今ではクジラは貴重品なのでスゴク高くなりました。
ここで調子よく注文すると一人7〜8千円くらいになるかもしれません。
牛煮込みとチューハイだけだとムッチャ安いですけど…

ワタシは関西ですので、大阪にも有名な鯨料理専門店があり、ごくまれに利用するのですが、やっぱりお高いです。シロナガスクジラの尾の身は最高ですが日本の船団では捕獲することが出来ません。
昔の日本人にはクジラは安くて大衆的な食べ物でした。肉に縁が遠かった庶民にとっては優良なタンパク源となっていたのです。

それが今や高級品…
時代は替わりましたね。

クジラは確実に増えてきているそうです。
でも、まだまだ自由に捕鯨を行うことは出来ないでしょう。世界の流れは『反捕鯨』ですから。

難しい問題が多いのですが、やっぱりワタシら世代はクジラは懐かしくて、そしておいしい食材なのです。

クジラが珍品でなくなる日は来るのでしょうか…
難しいかもしれませんね。


そんなこんなの浅草『捕鯨船』にて…でした。

閉じる コメント(43)

顔アイコン

オドリさん、どうも!

そうです、ディープな浅草。
このすぐ近くのもっとディープなスポットがあるのですが、いずれまた。
オヤジでないと?
いえいえ、最近はギャルの進出もスゴイですよ、ここら辺りは…。

2011/6/1(水) 午前 6:05 SAM 返信する

顔アイコン

きりんさん、どうも!

そうかもしれませんね。
おとなしく気の弱いオバサン(!?)にはちょっとディープすぎる!?
この近くにはオモロイお店がたくさんありますよ。
入りにくいかもしれないけれど、一度はいるとはまる…というお店が多い!
思い切って入りましょう!

2011/6/1(水) 午前 6:07 SAM 返信する

顔アイコン

koben2.3 さん、どうも!

そうですねぇ、難しい問題です。
日本の食文化は西洋文化の中ではどうしても受け入れられない部分もあります。
国際理解とは言いますが、『基本的感覚』『宗教意識』『生活習慣の違い』の壁はなかなか厚いですね。

2011/6/1(水) 午前 6:10 SAM 返信する

顔アイコン

みっちゃん、どうも!

食というのはなかなか難しいモノで、その文化の違いはなかなか受け入れられがたいモノがあります。それも異文化…
なにが良くてなにが悪いか…なんていう『常識』は全く異なりますからねぇ。
我々には『お見事!』と思われる『魚の活き造り』なんて野蛮で西洋人には受け入れてもらえないし、我々にとって『ブタの顔』がドォ〜ンと乗った中華料理はちょっと…と思う方も多いですからねぇ。

まっ、難しいことです。

2011/6/1(水) 午前 6:13 SAM 返信する

顔アイコン

店長飲み過ぎさん、どうも!

ホントに鯨はお高いですね。
ミンクだったらまだマシですけれど…

大衆の食べ物がいつの間にか超高級品…
ホントに時代というのはわからないものですねぇ。

2011/6/1(水) 午前 6:15 SAM 返信する

顔アイコン

aikoさん、どうも!

スゴイ壁ですよね。
どぉ〜ん!
よくよく見るとスゴイ人達が書いてる!

ホントに面白いお店です。
煮込みはまだ食べたこと無い?

あらま!

2011/6/1(水) 午前 6:17 SAM 返信する

顔アイコン

散歩おじさん、どうも!

かなりディープな香りのするお店。
おもろいですなぁ…

鯨は美味しいけれど高いですねぇ。

2011/6/1(水) 午前 6:19 SAM 返信する

顔アイコン

wakanojapan さん、どうも!

ワタシはどうも表通りより裏通り、そしてその奥に興味を持つ悪癖がございまして…
浅草は楽しいところですねぇ。

2011/6/1(水) 午前 6:20 SAM 返信する

顔アイコン

ユロ氏さん、どうも!

そうですねぇ、鯨を出すお店は少ないですねぇ。

子どものころは『また鯨ぁ〜』と言っていたのがいつの間にやら高級食材…。
ホントに時代が変わるとは面白いモノです!

2011/6/1(水) 午前 6:22 SAM 返信する

顔アイコン

ぐるるんさん、どうも!

確かにねぇ。
常連さんで賑わっているお店が多いので『最初の一歩』がなかなか難しいかもねぇ…

でも、一度意を決して(!?)入ってみるとすぐなじめますぞ!
お試しあれ!

2011/6/1(水) 午前 6:24 SAM 返信する

顔アイコン

このお店以前からチェックしていて、是非今度上京の際は行きたいと思っていたところです。
なぎらけんいちがこよなく愛するお店です。
さすがSAMさん!
お目が高い!

2011/6/1(水) 午前 7:21 呑み助 返信する

顔アイコン

間違いが有るかもわかりませんが、聞いたところでは、日本はワシントン条約でクジラについては留保という手段を採っており輸入は可能らしいです。ワシントン条約に加盟していない国が捕獲し加工品として輸出したものは商取引でも購入できるのだそうです。

2011/6/1(水) 午前 7:22 [ - ] 返信する

顔アイコン

呑み助さん、どうも!

おお!
なぎらけんいちですか!

ということはどこかにサインがあるのかなぁ…
気がつかなかった!

こんどさがしてみます。

2011/6/1(水) 午前 8:05 SAM 返信する

顔アイコン

got**2さん、どうも!

そうですか。
なるほど…
だから某北欧の国から、また極寒の国から入るのは正規な取引なんですね。
いやはや、」ワタシはヤバイ輸入だと思いこんでおりました!?
勉強になりました。

2011/6/1(水) 午前 8:07 SAM 返信する

顔アイコン

つまらないことをもう一つ書かせてください。
先日、口にしてしまった肝油を噛み潰したような味のトロは、南半球の海のテロリストの潜伏する国で「蓄養」したものの特徴らしいです。ご存じとは思いますが蓄養とは沢山の稚魚を「捕獲」して育てたものだそうです。

2011/6/1(水) 午前 10:20 [ - ] 返信する

顔アイコン

そっか、クジラを注文しなかったらいいのか、この店。

それは、おじさん気づかなかったなぁ〜〜〜

2011/6/1(水) 午後 10:38 ぽち 返信する

顔アイコン

got**2 さん、どうも!

なるほど…
畜養のモノも入ってるんですか…

2011/6/2(木) 午前 5:49 SAM 返信する

顔アイコン

ぽちさん、どうも!

そうです、クジラさえ注文しなければムッチャ安いのです!
でも、クジラ屋なのにねぇ…!?

2011/6/2(木) 午前 5:50 SAM 返信する

クジラ・・・食べたことないです。癖はないのですか?

2011/6/5(日) 午後 10:38 めぐりん 返信する

顔アイコン

めぐりんさん、どうも!

クセはあまりないと思いますよ。
竜田揚げもおいしいし、尾のみのお造りもおいしい。

子どものときは良く食べたモノですが、今はもう高級食材になりましたねぇ。

2011/6/6(月) 午前 5:09 SAM 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事