ここから本文です
帰ってきた俺んちのミリタリー部屋
規制を守ったエアガンのブログです。

書庫M92F アンブレラカスタム

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

こんにちはRYOです。

お待たせしました^0^
M92F アンブレラMod.Enigmaの完成写真です。
全体的にアンダーワールドのセリーンモデルを参考に造り込みました。
(ヘビー級の大きさです)
勝手に命名とかしてますがシャレとして楽しんで下さい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
写真て難しいですね〜

今まで完成応援していただきありがとうございました^0^

こんばんはRYOです。

随分と長い道のりでしたが
M92F アンブレラカスタムが90%完成しました。
シルバーにはかなり頭を痛めましたが見て下さい!
キャロムのステンレスシルバーにダークアイアンを混ぜて
エアーブラシで吹きました〜
ダーク&適度な艶消し+金属感で絶妙な色を出せたと思います。
マガジンバンパー部分とマウントはあえてステンレスシルバー
のみアクセントを付けております、少し傷が付いているので
後日手直しが必要ですね!
イメージ 1
フロントのラインも接妙です。
スライドの色はどうですか?なかなか良い色出したとおもいません〜
イメージ 2
反対側の刻印です。
92FS Custom-CAL.9mm Parabellum EB-PATENTED
EBっていうのは説明通り通常の9mパラじゃなくて特殊弾なので
増強弾=Enhancement bullet 略称のEB)
これはtoukimilkさんの案です(ありがとうございます)

後日もう少し綺麗に写真を撮りますが
先にお披露目してみます。

では!

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
マウント部分に転写シールでシリアルナンバーを制作しています。

ではまた

こんにちはRYOです。

試行錯誤しながら塗ってみました〜
イメージ 1
写真はパーツを置いただけですが
イメージと違います(汗)
こう言うものと割り切れば良いのですが・・・

今回はキャロムのステンレスシルバーから吹きました
この時点でギラギラ感が多く気に入りません、この塗膜を
下地にしてインディのブライトステンレスを吹きます
色合いはほぼ変わらないのですが少し艶消しとなりギラギラは
なくなりました〜

シルバー面積が多いのでどうしても地味で高級感が無くなります
ガバなどはシャープなガンなのでそれでも有りだと思いますが
M92だと何か貧そ(笑)
(チタニウムシルバーは好きくない)
ブラックやパーカー色を吹いてダメージなんて言うのが手っ取り早い
のですが試作銃と言うコンセプトもありますし〜
これは最終手段で^0^

スライドのみ黒とか(悪くないのですがウェスカーと似てしまう)

ステンレスシルバーを瓶にうつしダークアイアン系のラッカーと
混ぜてエアブラシで吹いてみるか検討しています。
イメージ 2
う〜ん

困った

シルバー系奥深し(泣)



追加記事です。

M92F アンブレラカスタムのスライドが外注から届きました。
イメージ 1
お〜
くっきり完璧な彫り込みです^0^
反対と込みで3900円送込です、なんて安いのでしようか!

早速フレームとマウントをキャロムのステンレスシルバーで
塗装したのですが全体がのっぺりして今一イメージと違うかな〜
しかも加工痕が浮き出てきます、いつものようにサフェーサーで
チェックはしているのですが、この塗料は下地を少し甘くする
のですかね?

少し考えます。

それと前回  toukimilkさんに編集していただいた
オリジナル開発ストーリーを発表します。
『Mod.Enigma エニグマ とは、第二次世界大戦のときにナチス・ドイツが用いていたことで 有名なローター式暗号機のこと』

Mod.EnigmaとはU.S.S.アルファーチームに支給されるはずだった92FSベースのカスタムガンの名称。 
アンブレラ社は常にバイオハザードの発生を恐れていたため研究所などの閉所であっても的確に感染者等を始末できるように開発された。
92FS以外にもガバメントなどもベースとしてあがったが45口径は反動が強く閉所での大量の敵の対処には不十分といった結果が出たため比較的小口径の92FSをベースとすることになった。

ただ、今度は逆に威力が小さすぎるということになり、最終的に
9mmパラブレム弾に独自の改良を加えた特殊弾をしようすることになったのだが以上に書いたように改良点が多すぎて開発が難航したうえアンブレラ社の経営不振などもあり開発コストが上昇。
結果的に一丁のみで計画終了となった。
2004年の倒産後この銃を含む大量の実験銃が発見されるが
B.S.A.A.はこのMod.Enigmaに注目しこれに改良を加えた上で生産性を向上させた銃をM94CMod.0として使用することにした。
一方でアンブレラ社の残党であるウェスカーなどもこの銃の優位性を認識し、自らが使用するサムライエッジにMod.Enigmaと同様のカスタムを加えたとも言われている。

ー完全オリジナル 本編とは一切関係ありませんー

さすがの内容です(修正済み)
相談してよかった^0^


こんにちはRYOです。

今日は朝からスタットレス→夏タイヤに交換をやりました〜
3台分なのでかなりきつかったです(汗)
<17インチ 13インチ 12インチ>
しかも1台取り替え用夏タイヤがパンク状態
昨年しまうときにチェックしていないので・・・
うちでは良くあるパターンですが出鼻を挫かれて
余計な労力をついやしました〜

無事終わるとまたコシコシはじめました。
アンブレラのマガジンキャッチをロングにします。
これはウェスカーの制作時と同じなので完成写真からどうぞ。
イメージ 1
チェッカリングも入れて
かなり大きめに造りました、確実に上達しています!
(今ウェスカーをもう1丁制作すると前より絶対うまく造れそうな)

刻印外注の見積もりを頼んでいるので
スライドの刻印消しと平面出しのチェックでサフェーサーを吹きます。
イメージ 2
いいんでない〜
外装の加工はおおよそ完成です、組んで見て手直しが無いか
点検します。
イメージ 3
気になっていたサイトの部分も丁度いいはまり具合
当初ハンマーはカット予定でしたがこれでもいいかな?
気が向いたらタクティカルマスター用のスケルトンハンマー
を注文してみますか〜^0^

それでは簡単な外装写真です
今までの中で一番イメージ伝わる写真です。
イメージ 4
お〜
イメージ 5
いや〜♡
自画自賛^0^

現在 toukimilkさん全面協力のもとオリジナル開発秘話を作成
(ありがとうございます)

近日発表します。

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事