別冊・白玉

ミスって、1週間ほどブログ名消してました(泣

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全202ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

7月 山梨 木熟白鳳 白桃

イメージ 1

山梨の桃、一度いただいたことがあります。
かたいけれどとっても甘くて、こちらで買うのとは大違いでした
今回も、そんな桃。
あまりに美味しくて、写真が残っていません・・・

8月 種無しデラウェア

イメージ 2


イメージ 3

 昔から馴染んでいたデラウェア。ぶどうの中では一番好きです
もちろん、巨峰やマスカット等、お菓子より甘くて美味しいものも、嫌いじゃないですが。


 8月の華道講座は、1回でした。
サンゴミズキ ケイトウ リンドウ ?

イメージ 4


イメージ 5

夏らしい、コントラストの強いお花。
暑さに負けず、咲いてくれます。

ニューフェイス  コキア

イメージ 6

 数年前種を買い、毎年大量に芽が出て育ってます。
今年一番育ったのは、このコたち。ほら、家と同じくらい
・・・なわけはなく、1.2mくらいです

イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

底引き網解禁、大漁♪

 9月1日に底引き網漁が解禁になった、福井。
さっそく より新鮮な魚が、行きつけのスーパーにも並びました。
(先週の内容で、すみません

イメージ 1


イメージ 2

カレイにハタハタ、そして・・・最愛のノドグロ これは、買わずにはおれません

カレイとハタハタは煮つけ、そしてノドグロは、一夜干しが一番。でもちょっと・・・

イメージ 5

ダメ元で、オットに声をかけてみました。そうしたら、苦笑しつつOK♪

イメージ 3


イメージ 4

開いてもらって塩をして翌日食べたら、最高に美味 オットに感謝
でもさばいた本人は、「生臭さが抜けなくて、刺身もあまり食べたくない・・・」
 そんなナイーブでしたか? いやもう、一生分の刺身を食べ尽くしちゃったとかw

 でもちょっと、オットには悪いことしたなと思った私。
そしてまた、同じスーパーでノドグロさんに会ってしまったんです
今度はオットの手を煩わさないよう、開かず丸のまま塩焼き。

でも十分美味しかったので、その後もまた買っちゃいました。
(10日ほどの間に、3度もノドグロを食べられた、幸せな日々でした

 写真は撮り忘れたけれど、シイラの切り身も売ってました。
こちらは、ムニエルでいただきました。
 秋といえば、サンマ。こちらも3度ほど、塩焼きを♪

 9月に入り、めっきり涼しくなりました。
台風21号や北海道の地震等、大災害も続いています。
旬のものを美味しくいただき体力をつけ、万が一の不慮(重複してるけど、そんな心境)に備えたいです。

この記事に

開く コメント(16)

8月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1040
ナイス数:148

オトナのたしなみオトナのたしなみ感想
マリコ様のようにイラッとこないw、すっと心に入ってくるサイモンさんのエッセイ。でも全然、普通の人じゃないですから。 一緒に誰かの悪口を言い合う人は、友達じゃない。肝に銘じます。「怒りは逃して喜びは表現する」無表情は淋しいもんね。「勝ち負けやプライドを捨ててしまれば、人は楽に、堅実に生きていける」男のように、全てを捨てて放浪の旅に出なくてもいい女は、お得♪
読了日:08月07日 著者:
柴門ふみ


鳥のサイエンス 知られざる生態の謎を解く鳥のサイエンス 知られざる生態の謎を解く感想
・ニワトリはけっこう賢い に衝撃!劣悪な環境で搾取だけしていていいの?と、悩むほど。・卵を温めない鳥ヤブツカツクリ 体積12㎥もの精巧なマウンドの中で、自力で孵る。・鳥たちが見る色鮮やかな世界 4タイプの視細胞、ヒトは進化の過程で2つ失ったが、突然変異で1つ再生された!他。 カラーページを楽しみ、じっくり読めました。
読了日:08月12日 著者:
日経サイエンス編集部


かがみの孤城かがみの孤城感想
「不登校の子は、みんなあの城に招かれている」が本当ならいいのにと思える。喜多嶋先生が特別な存在なのは、同じ経験をしたのでは思えても、その先は↓ マサムネの提案で、7人の世界が違うことに気付いた。でも「君の名は。」見てるので、たぶんパラレルじゃなく時代が違うよね?と気づけたり。抜けた7年に合うのはオオカミ様だろうと思っても、まさか。城がまさに・・・みたいだという、大きなヒントがあったのに。謎を全て解決し、何度も感動するラスト、素晴らしいです。今 学校に行けずに苦しん                                 でいる子たち、絶対読んでほしい本です。            
読了日:08月14日 著者:辻村 深月


数をかぞえるクマ サーフィンするヤギ―動物の知性と感情をめぐる驚くべき物語数をかぞえるクマ サーフィンするヤギ―動物の知性と感情をめぐる驚くべき物語感想
霊長類ならありか、と思っていたが、鳥類や魚昆、虫にも知性があること、遊びも楽しめること、他者に共感できること。もし人類滅亡の危機が迫ったら、身体能力が高い上知性もある彼らの、誰が台頭しても不思議じゃないです。全ての生き物向けの知能テスト、人間は一体何位?唯一の知的生命体という、驕りを捨てるべきですね。
読了日:08月29日 著者:
べリンダ・レシオ
読書メーター

この記事に

開く コメント(14)


イメージ 1

https://www.city.sabae.fukui.jp/kosodate_kyoiku/manabenoyakata/kikakuten/kikakuten/koshinohiroko.html

 『コシノヒロコ展 COLORS −アートとファッションの世界ー』に、義母を誘って行って来ました。
先月から、展覧会三昧(私的には) 忙しいけどうれしいです

 地方の人口7万弱の都市で、コシノヒロコの個展が見られるなんて、信じられませんよね
それは同市には、繊維の他メガネ、漆器なと高い技術のものづくりがあること、また彼女が、県内の繊維メーカー『セーレン』と20年以上にわたるパートナーであることゆえです。

 この春から「夕ドラ」として、「カーネーション」が再放送されています。
まさに最近、ヒロイン糸子の長女(モデル=コシノヒロコ)と次女(モデル=コシノジュンコ)がデザイナーとして人生を踏み出すところにきました。
これで、展覧会が、いっそう楽しめますね

 優等生の長女というドラマの役柄が、ご本人とどれくらい似ているのかはわかりません。
でも19点もの厳選されたコレクションは、どれも素晴らしく、うれしいことに、私でも理解できるものでした
女性らしさを引き立てるドレスの数々、着れるものなら着てみたい(絶対無理

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

 
 別の部屋には、デザインの源流となった絵画他アート作品が、100点近くも 。
華やかでインパクトある物の他、モノトーンや繊細な美しさ溢れる物も多数。
入場料100円で、見放題撮影し放題。本当に、贅沢

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


 グッズコーナーには小物の他、洋服もありました。

イメージ 11

Tシャツ・パーカー・パンツのうち、ダンスで履けるなと、パンツを買いました。
さあ、次のダンスに履いて行こうかな?

イメージ 12

この記事に

開く コメント(12)

映画 羊と鋼の森

イメージ 1

〇あらすじ
将来の夢を持っていなかった主人公・外村(山賢人)は、 高校でピアノ調律師・板鳥(三浦友和)に出会う。
彼が調律したその音に、 生まれ故郷と同じ森の匂いを感じた外村は、 調律の世界に魅せられ、果てしなく深く遠い森のような その世界に、足を踏み入れる。
ときに迷いながらも、先輩調律師・柳(鈴木亮平)や ピアノに関わる多くの人に支えられ、磨かれて、 外村は調律師として、人として、逞しく成長していく。
そして、ピアニストの姉妹・ 和音(上白石萌音)由仁(上白石萌歌)との出会いが、 【才能】に悩む外村の人生を変えることに―。

 もちろん原作のファンで、原作を書くきっかけとなった『神さまたちの遊ぶ庭』も大好き。
同郷で同窓の宮下奈都さんが暮らし、感じた北海道の景色も味わいたく、ようやく見に行けました。
来月上旬に閉館してしまう、福井シネマ。月曜夕方、観客は私の他、2人。

 『グッド ドクター』で好演している山賢人くん。その片鱗が、映画のそこここに見られます。
寡黙で実直な青年、外村。アイドルオーラを封印し、成りきっていました。
人生を導く憧れの調律師役、三浦友和さんのハマり様、すさまじいほど。
先輩調律師役の鈴木亮平さん。細くて白くて、熱くて(ここは、せごどんと同じ)
冬の雪道でのシーンが多く、豪雪の頃を思い出したりも。
癖のある同僚役の光石研さんも、原作から抜け出たよう。
堀内敬子さんや城田優さん、吉行和子さん、仲里依紗さんまで出ているのにはもうびっくり!豪華すぎ。
高校生姉妹役の上白石萌音、上白石萌歌ちゃんも、それぞれ熱演。

 北海道の森の美しい風景と、ピアノの音。森に佇む賢人くん。
森の匂いまで感じられるような気がしました。

 原作にないシーンも、いくつかありました。
私は、忠実に再現してほしかったけれど、読んでいない人には、感動的でそれもよかったかなと。
でも、とても好きなセリフがあって、当然それもカット。残念でした。
そして、エンディングテーマ『The Dream of the Lambs』
久石譲作曲、辻井信行演奏。
原作の、映画の世界そのものの美しい曲、目を閉じて聴き入っていました。

 時間が空いたら、ぜひ原作を読み返したいです。
そうしたら今度映画のシーンが浮かび、また楽しめるというおまけもありますから。

この記事に

開く コメント(14)

全202ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事