イタリア至上主義

ローマのコーディネート会社m&m mediaservicesのSTAFF BLOG

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

この記事に

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イタリアではクリスマスから年末に掛けての装飾は、宗教的行事と共に行われます。聖母受胎の12月8日に飾り付けが始まり、エピファニア(流星に導かれて東方3博士がキリストを拝みに来た日)の1月6日に片付けられます。最もショッピング街の装飾は11月半ば過ぎには始まりますが。。。
 ここ数年来不景気を反映して、ローマのクリスマスのイルミネーションは工夫に欠ける暗い感じのイルミネーションばかり続いていましたが、今年はイタリア統一150周年を記念した三色旗を表したイルミネーションがメインストリートを覆い、コンドッティ通りなどの装飾も力が入っています。経済不安を吹き飛ばそうという事でしょうか?
おおぬき


この記事に

開く コメント(0)

イタリアの経済危機はとうとう首相交代にまでいってしまいましたが、その時の大統領の作戦?には目を見張るものがありました。老練政治家の底力を見た様な気がしたのは私だけではないと思います。
給料は3週間も持たないので、安売りのスーパーが大人気、衣料品も露天市で購入する人が増えています。人気レストランもスーパーシェフは外国人旅行客におまかせし、ローマっ子たちは材料厳選の料理を出すお手頃なトラットリアに人気が集まっています。彼らは質の高い作物を作る地元の生産者から直接仕入れる事によって、美味しい料理を低価格で提供。生産者と消費者の間を短くするという意味で、KMゼロを提唱しています。
その代表的なお店がZOCやURBANA47というレストランです。
イメージ 2


イメージ 1

レストランではリサイクルの家具を使っていますが、販売もしています。
おおぬき


この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事