駐在・出向日記

仕事が落ち着いたら再開したいですが、まだめどが立ちません。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

日本酒の会

今日は、アパートの運営会社のかたから
飲み会のお誘いがあり参加してきました。

私のアパートは2つあるビルのうち、2座にあたりますが、
1座のとある親睦場所で、毎週木曜日に開催されている飲み会のようです。

事前に連絡があり、名刺を15枚ほど準備。
今日の参加者は16名。
参加者は駐在員の集まりなわけですが、
やはりというかなんというか、単身の参加者が多かったように思います。

さすが、広州だけあって自動車系のメーカーの方が多かったですね。

お酒は日本から空輸される「生酒」で
普通はまず手に入らないような銘柄ばかり(だそうです)
私はビール派なのでよく分からないですが。

また、料理はこの主催者の手作り料理。
これがまたとてもおいしい。その辺の日本料理や
よりよっぽどおいしいです。
食材は、毎週のように通っている香港から
手に入れた物ばかり。

単身の方っていうのは、
「これまで5年いたけど去年学校の都合で日本に帰った」
「1年いたけど、仕事の関係で家族を帰した」
という方が多く、ほとんど私より年配の方ばかりでした。

そういう方からは「子供小さいときは家族呼んだ方がいいよ」
ってアドバイスが多いです。

広州で日本人の知り合いといえば、上司の一人と
グループ会社の2人くらいなもの。

今日名刺交換したばかりで15人全員は覚えられませんが、
初めて、社外の日本人の方と交流が持てて、
楽しい飲み会になりました。

#今日はサッカー観戦したいけど、日本酒でへろへろ。
#起きていられるかなぁーーー(笑)

開く コメント(0)

親子で

深センに出張できてます。

今日広州から電車で移動(約1時間)してきましたが、
広州に比べ2-3度涼しいように感じます。

今日は土曜日のことを。
6/17は土曜日にもかかわらず、昼からお客様の接待でした。

お客様の娘さん(17才)が交換留学でシンガポールに留学中で、
今回一時帰国中でした。
今週にもシンガポールに再度出発するとのことで、
日本から化粧品などのお土産を渡すのも兼ねて、一緒にお食事を。

娘さんは、ご友人に誘われて出かけてたらしく、途中から昼食に参加。
接待先は日本食です。アパートから歩いて10分くらいの「小山」というところ。
(このお客さんは日本食大好きでいつも日本食で接待)

昼からビール、日本酒で乾杯。。。ちょっと疲れました。
(帰宅後2時間ほど寝ました!)

で、印象に残ったのが帰り。
このお客様と娘さんは、父子で一緒に腕を組んで歩き始めました。

なんか、ほっと暖かくも感じたし、
(自分は単身赴任中だけど)自分の娘が17歳になっても、
こうやって自然に腕組みできるような関係にいられるのかなー、と
うらやましくも感じ、ちょっと切なくも感じました。

次の日は父の日で、娘たちとチャットはしたけど、
やっぱり一緒に生活したいなー、、、、
と、単身生活の寂しさが身にしみたこの週末でした。

開く コメント(2)

歓迎会

イメージ 1

先週の金曜日は早朝に広州に戻り、夜は歓迎会でした。

みなさん忙しくて日程が決まらなかったのですが、
3週間後にようやく実現しました。

レストランは浙江省料理(上海の近く)。

大変申し訳ないですが、写真はスープに入っていた
小さな「さそり」2匹です。

、、、、さすがに食べれませんでした(涙)

何でスープなんかに入れるの?ダシ??滋養強壮???

このスープを除いては普通の料理が大半で、
味付けは日本人好みでした(上海料理は「甘味」系らしいです)。

特にトンポーロー、ピーマンの炒め物はおいしかったです。

職場の一人一人と乾杯で結構酔っ払ってしまいました。
でも、皆さん楽しい人たちばかりで、本当に楽しく過ごせました。

開く コメント(4)

宮廷料理

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

北京出張でした。

宮廷料理を食べてきました。
小皿にもった料理が多かったのですが、お皿がすべて黄色なのが印象的でした。
(当時、宮廷以外でこの色を使ったら死刑ものだったらしいです)

メインは鴨を入れたスープなんですが、これがなんともいえなく
おいしかったです。
また、給仕してくれる小姐がどんどんついでくれるから、
これだけでおなかいっぱいに。

さすが、店の人が「ビールはおなかが膨れるからやめたほうが良い、
スープの邪魔になる」って言ったことが良くわかりました。

あと、食事の途中、中庭のところでいろんな踊りを披露してくれます。
1枚目の写真はその中の1ショットです。

印象的だったのは、注文した後の少しの時間にクイズがあったこと。
紙に5問の質問が書いてありそれに答えて店に提出します。
(例)中華料理はいつから?(1)1000年前,(2)3000年前,(3)5000年前
店の中でランキングをつけるみたいで、私たちは4番目だったようです。
食事のあとに、プレゼントとして昔の硬貨のレプリカをもらいます(2枚目の写真)。
ただ単にお土産と思いきや、店の外でお土産を売ってます(3枚目)。
どうやら、このコインでこのお土産を買うようです。

なかなか、イベントが凝っていて楽しめるお店でした。
事務所から少し遠いですが、お客さんを連れて行くにはいい店だなと思いました。

開く コメント(2)

江門出張

イメージ 1

広州から西南方面にある「江門(じゃんめん)」
というところに出張に行ってきました。

自動車で1.5時間程度(100Km?)くらいと聞いていたのですが、
行きは渋滞のため約3時間もかかりました。

この街は面積も小さくそれほど大きな都市ではありません。
江門につくと、客先にあってそのまま昼ごはんへ。

ちょっと田舎なので、いわゆるゲテモノ(ゲンゴロウとかヘビとか)とか
食べれないものでないかなー、とちょっと緊張しました。。

。。が、普通(たべれる)程度の食事でほっとしました。

まあ、店の前の陳列棚には、いろいろなヘビの入った樽
(きっとお酒なんでしょう)がたくさん陳列して、
げーっと思ったんですけどねー(笑)

帰りは順調に1.5時間で帰ってこれました。

そうそう、この都市はとてもバイクが多かったです。
(この多さには台北の雰囲気を思い出しました)

広州は環境汚染もあって、廃車後は新しいナンバープレートを
発行していないらしくかなり減っているようですが、
この都市はそのような規制がないようで、
バイクだらけでしたね。大気汚染が心配です。

#写真は、江門の一コマ。大量のバイクの写真が取れてませんでした(涙)

開く コメント(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事