散歩のついでにBlog

2月末、ブログ開いたら「Yブログ終了」のお知らせが(´゚д゚`)。皆さん、どうします?

全体表示

[ リスト ]

9日(土曜)の朝。窓からの景色はどっしりと雪が積もっていました。
その前日、札幌中心部では新たに20cmほど積もりながらも、
あいの里では10cmも積もらずホットしていたのもつかの間の出来事でした。
結局30cm超えの雪になりました。

 今(11日現在)、もうあいの里はすっかり冬です。
でも今年の11月下旬〜12月上旬は日に日に景色が変わりました。
一度30cmも積もった(11/19)雪が融け(11/29)、積雪0。
そこから再び30cmの積雪です。劇的な変化に感じます。

上旬だけみても
12月1日は積雪0。
3日にはうっすら積もり、5日に追加。
8日は大荒れの予報。でも街中ほど降らず、
翌9日昼前までドカンと積もる。
それを順に追いかけて写真を選んでいたら、
長くなったので4回に分けて投稿します。今日はその一回目。

イメージ 1
あいの里公園 野球場東の歩道。雪はすっかり融けている 12月1日

 12月上旬のあいの里は、積雪0cmから始まりました。
先月19日、その時期としては大量の雪で30cmの積雪になりました。
その後、徐々に融け、28日から29日にかけての暖気で積雪は融けてしまいました。
そして、12月初めの2日間。思いっきり真冬日でした。

札幌では雪が無い時期に冷え込むことが少ないのです。
だから「青空が広がる雪が無い真冬日」ってのは、めったに体験できません。
札幌という雪国の街の特徴の一つだと思っています。

めったに無い機会なので、あいの里公園に凍てつく風景探しに出てみました。
イメージ 2
歩道の氷が落葉を張り付けていた

アスファルトの上の水が落葉を道連れに凍っています。
地域によっては冬の日常の風景でしょう。
でも、あいの里では見られたとしても年数日です。

イメージ 3
氷漬けの落葉 あいの里公園

林の下のくぼみにたまった水が透明のまま凍っています。
これだけしっかりと氷漬けの落葉は、なかなかお目にかかれません。

イメージ 4
沼氷 トンネウス沼

トンネウス沼の氷。
凍った後、水位が下がり取り残されたのでしょうか?

イメージ 5
夏場は茂った葉で薄暗い木漏れ日の道になる。明るさが新鮮だった。

一度雪が積もった後だからこそ、この当たり前の景色が新鮮に感じました。
この日の景色は、真冬日だというのになぜか暖かくすら感じました。
この景色を見られるのは、4か月後。
その時は、「暖かさ」を感じるのでしょうか?

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事