おやじの独り言

一小悪は即日忽ちに身を滅ぼす事は無かれども、その心万事に渉る故小を積んで大となる 沢庵禅師

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全968ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

さすが北朝鮮

時間の流れ方が、ここだけ違うみたい。
兄殺しで有名な金正恩将軍がたいそうお怒りの様子。

「なぜこうなるまで…理解できない」 金正恩氏が激怒
7/17(火) 12:02配信


 北朝鮮の労働新聞(電子版)は17日付で、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が北東部、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の経済部門8カ所を視察した様子を報道した。成果が上がっていないダムやカバン工場の実態に正恩氏が激怒し、責任を追及するよう指示したと報じた。
 北朝鮮メディアは2日の報道でも、正恩氏が平安北道の紡織工場などを視察した際に関係者を叱責(しっせき)したと伝えた。正恩氏は最近、経済を重視した新政策を強調しており、経済部門の担当者らの一層の奮起を促す狙いがあるとみられる。
 17日付の労働新聞は通常の6ページを12ページに増やし、9ページにわたって正恩氏の視察の模様を伝えた。正恩氏は漁郎川発電所の建設現場で、「30年以上経っても工事が完了していない」と指摘。「なぜこうなるまで内閣が対策を立てなかったのか理解できない、言葉が出ない」と激怒した。
 また清津のカバン工場の視察では、施設がみすぼらしいとして「革命的気風がなく、主人らしい仕事ぶりではない」と指摘。当該部門の責任を追及し、調査するよう指示した。
 正恩氏は、4月の党中央委員会総会や5月の党中央軍事委拡大会議で、経済建設に総力を挙げるという新戦略を強調した。2016年5月の党大会でも、「国家経済発展5カ年戦略」の方針を示し、遂行するよう指示している。(ソウル=牧野愛博)

なぜこうなるまで対策を立てなかった!って・・・

最高指導者、お前だろ。

それにしても、30年かけて完成しないダムって、どんだけ巨大なダムなんだよ。
弘法大師の偉大さが分かるってもんだな。

20歳で参加した関係者が、もう50歳ってことだもんな・・・

金も物もないんだろうな。同情はしない。




(*あくまでも個人の感想です)
←にほんブログ村にてランキング挑戦中。
←バナーを応援クリックよろしく。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

豪腕とか、壊し屋とか言われてたお方。今は山本太郎の仲間たち。
震災の時の原発事故で放射能(w)を怖がり、塩を買いに行かせたとか家から出なかったりとか。

嫁さんも愛想をつかして出て行ったんだっけ?
今でもメディアに出てくるってことは、他に人材がいないんだろyな、と思う
























選挙を棄権する人たちが、全て反原発で、小沢一郎や山本太郎の支持者なら可能性は有るだろうが、どう考えても比率は変わらないぜ?


そりゃ、原発の事故は恐ろしいだろうさ。でも、福島の原発事故で、放射線による被害によって直接被害を受けた人はいなはずだよ?今だって、放射線強度の測定を行っている。その数値はぶっちゃけ私らが住んでる環境と変わりはない。


大体、『放射能』って口にする人の知識などあてにならない。放射能は放射線を出す能力であり、人体に対しての影響は放射線強度による。

放射能が高いってのは、『で、どれくらいの放射線の強度なのよ?』って話で。

さらに、原発廃止は良いけどさ。代替えエネルギーどうするんだよ。
中国地方で起きた豪雨災害で、太陽光発電設備が壊れてる状況は目にしてる。
























一昨年だかに起きた鬼怒川の氾濫も、太陽光発電設備の所から決壊している。
あれ、水に漬かっても昼間は発電してるから感電の恐れがあって夜にならないと片付けることもできないんだよな。

風力発電も一時期流行ったけど、羽が折れて回ってない風車もよく見かけるようになった。あれ、元は取れてないだろうなぁ

で、代替えのエネルギーどーすんの。中東から石油、アメリカからシェールガス買うの?外貨いつまで続くかね?今、輸出による収入は減って来てると思うんだけど。






自由・小沢氏「棄権票加われば圧倒的勝利で政権交代」
朝日新聞デジタル2018年7月16日14時31分

小沢一郎・自由党代表(発言録)
 (15日の小泉純一郎元首相の講演後、小泉氏と)久しぶりだからメシ食おうちゅうことで、飲みながら食事をした。何としても原発ゼロを成し遂げたいという思いを強く感じた。野党が一つになって、原発ゼロ一本で勝負すれば必ず勝てるんだがなと話していた。私もまさに野党が一体となって戦えば必ず勝てるという思いでおりました。野党がきちっと足並みをそろえる、そのときの大きな柱は原発ゼロであることは間違いのないことだろう。
 2009年の民主党(が政権交代を実現した)選挙の時には70%の投票率ですよ。その後はずっと50%。20%の人が棄権している。2千万票だ。このうちの6〜7割は野党へ投票する人たちだと見て間違いない。ですから、その票が加われば圧倒的な野党の勝利であり、政権交代になる。
 なんで2千万人の人は投票所に来ないのか。それは自民党に代わる受け皿が見当たらない。結局このバラバラでは自民党だ、じゃあ投票に行かない、という悪循環なんだね。安倍内閣と基本の問題で対決していく野党が形成されないと、いつまでもこの安倍政権1強多弱の状況は続く。そういう思いで、何とか野党の結集を図っていきたい。(自身の政治塾での講演で)



















イメージ 1































(*あくまでも個人の感想です)
←にほんブログ村にてランキング挑戦中。
←バナーを応援クリックよろしく。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

西日本の豪雨災害は、未曽有の被害をもたらす結果となりました。
被災された方、被害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。

こういう時に、人のふんどしで相撲を取る、あるいは、人の手柄を我がことのように吹聴する人たち。

最低だと思う。
































こんな前科もあるみたいね。
熊本の震災の募金。
イメージ 2

よく見ると・・・

イメージ 3

ご協力した人の善意を踏みにじる行為だと思わんのか。。。
本当に質の悪い連中だと思う。







(*あくまでも個人の感想です)








←にほんブログ村にてランキング挑戦中。
←バナーを応援クリックよろしく。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

マスコミの劣化が著しい。前から思っていたけど、自分でものを考えるとか、下調べしてから取材に臨むとか、そんなことも忘れられたのか。

ああ言えば上祐と言われた、オウムの元幹部が、松本智津夫の死刑執行にあたって記者会見をしたところ・・・

上祐史浩氏に質問なし!?オウム事件死刑執行で指摘された「大手マスコミ劣化」

アサ芸plus
 7月6日、1995年の地下鉄サリン事件をはじめ、一連のオウム事件で死刑判決を受けていた13人の死刑囚のうち7人、麻原彰晃こと松本智津夫、井上嘉浩、中川智正、早川紀代秀、土谷正実、新実智光、遠藤誠一の各死刑囚に対して、刑の執行が行われた。東京拘置所で3人、大阪拘置所で2人が執行されたが、同じ拘置所で複数の死刑が執行されるのは異例だという。
 この報道を受けて、元オウム真理教幹部で広報担当として活動していた上祐史浩氏が都内で会見したのだが、この場でも異例と言える出来事が起こった。
「何と、集まった記者からほとんど質問が出なかったのです。上祐氏は当時のオウムについていちばん語れるはずの人物であり、本人もそれを自覚しているからこそ会見を開き、オウムにおいて責任ある立場にあったことを振り返り、改めて謝罪したのです。コメントののち、質問を受け付けたのですが、すぐに質問がなくなり、会見はものの10分で終了。地下鉄サリン事件は13人が死亡し、6300人以上が負傷した未曾有の大事件だったのに、ですよ。上祐氏も困惑していたように見えました。それだけ、この事件が風化してしまったのとともに、このおよそ四半世紀で明らかに大手マスコミの記者の質が劣化したと言わざるを得ないでしょう」(事件当時を知るジャーナリスト)

 残り6人の執行も近日中ではないかと言われている。



オウムの事件は、日本で起きた大規模テロだぜ?
しかも、失敗したとはいえ生物兵器を使い、化学兵器を使ったテロは世界初ではなかったか。
そんな事件の一番中心にいた上祐を前に、何の準備もしないで質問も無し。
記者なんてやめちまえよ。

聞かれることが無くて上祐が戸惑うなんて、マスゴミは死んだって言ってるのに等しいぜ。
そりゃ、意味もなくモリかけがーって連呼するだけの連中には難しいか。
でも、記者なんてやめちまえ。意味ねーぜ。





(*あくまでも個人の感想です)
←にほんブログ村にてランキング挑戦中。
←バナーを応援クリックよろしく。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

もう先週の話だけど、オウム真理教の松本智津夫死刑囚の刑が執行された。

家族との面会も拒み、心神喪失状態。意思疎通が図れない状態と言われてましたっけ。

どう考えても、詐病だと思っていましたが、その見込みは正しかったようです。















遺体「四女に」執行直前 口頭で
7/8(日) 19:21配信 
6日に刑が執行されたオウム真理教の松本 智津夫元死刑囚が、自分の遺体を四女に引き渡す意思を伝えていたのは、執行直前のことで、担当刑務官に口頭で伝えていたことがわかった。
松本元死刑囚は6日午前8時ごろ、東京拘置所で刑が執行されたが、関係者によると、その直前、担当刑務官との会話の中で、「遺灰を四女に」引き渡してほしい趣旨を伝えたという。
松本元死刑囚の四女と弁護士は7日、遺体や遺灰の引き取りについて、拘置所側と協議したとみられている。
一方、松本元死刑囚の三女らは、妻に遺体を引き渡すよう、要求書を上川法相らに提出している。


執行の前には、自らを前に『生き葬式』が行われ、その際に遺言を聞く機会があると聞いたことがある。
遺体などの引き渡しについて、自らの意思を示したという事は、これまでの振る舞いが詐病で会ったことを示しているのではないのか。

担当刑務官が正しいことを言っていないという『可能性』はあるさ。
でも、死刑執行に反対する人たちが口にする、憶測に基づく意見とはちょっと違うだろう。

『松本智津夫の死により、真相が語られることが無くなった』などと、知識人が口にする。
とんでもない見込み違いじゃないかと、私は思う。

長年の裁判で、今回死刑になった元信者を含め、多くの証言、証拠によって事件の全容が分かったうえでの判決じゃねーのか。しかも、刑が確定する前から松本智津夫は狂人のふりをして何も語らなかったではないか。あと2年たてば語るようになるか?果たして彼が語ることが事実なのか
死刑反対を口にするのは、きれいごとに過ぎないと思う。

ま、この国が曲がりなりにも法治国家である以上は。
日本の死刑に反対する前に、中国みたいな国の死刑に反対しろよ、と。




(*あくまでも個人の感想です)
←にほんブログ村にてランキング挑戦中。
←バナーを応援クリックよろしく。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全968ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事